事務で有利な資格 日商簿記検定の詳細

事務を目指す時には資格を取得するのも1つの方法です。

事務の経験がない人は、資格でアピールするのが効果的なので、事務で有利になる資格を積極的に取得しましょう。

今回紹介するのは、事務全般で活用出来る「日商簿記検定」です。

 

日商簿記検定のメリット

 

簿記検定はいくつかの団体が行っていますが、その中でもお薦めなのが日商簿記検定です。

日商簿記検定は、「日本商工会議所」が行っている検定であり、知名度が高いです。おそらく日商簿記検定をまったく知らないという人は、事務に関わっているにはほとんどいないと予想されているぐらい知名度が高いですね。

 

商業高校でも、日商簿記検定を学校単位で受験する事が多いです。それだけ、取得して損がない資格ですね。

知名度が高いという事は、それだけ企業からも評価されやすいです。いくら難易度が高い資格でも知名度が低い資格だと採用担当者が知らないことがあり、あまりアピールにはならないです。そいういう意味では、知名度が高い日商簿記検定は取得しておく必要があります。

 

また、知名度が高いだけでなくて、事務の仕事でも活用出来る知識を身につける事が可能です。簿記全般を学ぶ事が出来るので、仕事に活かす事が出来て、スムーズに経理作業が出来るメリットがあるでしょう。一般事務だけでなくて、経理事務を目指す人にとってもお薦めの資格です。

また、簿記検定1級は税理士の受験資格をクリアする事が出来るので、将来税理関係の仕事に就きたい人は、日商簿記検定1級を目指す価値があります。

 

資格というのは仕事の実用性が高く、さらに知名度があるものを取得するのが一番重要です。この2点をクリアしている日商簿記検定は事務を目指す人はぜひ取得してほしい資格です。

 

試験の詳細について

簿記検定1級

簿記検定1級は一番難易度が高いです。当然、1級なので合格率は低くなっています。ただ、税理士の受験資格を得る事が出来るので、受かるという事は大きなメリットがあります。

受験料  7710円(第152回)

受験日  2019年6月9日(第152回)

 

簿記検定1級は、税理士や公認会計士などの登竜門と言われています。極めて高度な簿記知識や会計学、工業簿記などが試験で問われます。

独学では極めて困難なので、通信講座や専門学校や大学などに進学して取得するのは1つの方法です。ただ、簿記知識が既にある程度身についている人は、十分独学でも合格は可能です。

その場合は、参考書と問題集選びが需要です。

 

簿記検定2級

試験日   2019年6月9日

受験料   4630円

 

簿記検定2級は、事務職に就職・転職したい人であればぜひ取得しておきたいものです。経理関係の仕事に役立ち、企業側も求めている資格の1つです。

高度な商業簿記、工業簿記を習得する必要があり、試験の難易度は3級よりも高くなっています。1級と違って、通信講座や独学だけで十分に合格レベルに達する事が可能です。

高校生の中でも多くの人が合格しているので、1年ぐらいで合格しましょう。

 

簿記検定3級

試験日    2019年6月9日

受験料    2800円

 

簿記検定3級は、簿記の基本的な知識を問う問題が多くなっています。事務や経理を目指すのであれば取得しておきたい資格です。

 

また、簿記検定2級へのステップアップとなるので、いきなり2級を目指すのではなくて、まずは3級に合格して必要な簿記知識を身に付けておきましょう。日商簿記検定3級を取得したからといって就職しやすいとはいえないです。やはり高い評価をもらう事は出来るのは2級からなので、3級に合格したからといって安心するのではなくて、2級を目指すようにします。

 

主に日商簿記検定は3階級あります。

出来れば1級を取得したいですが、事務を目指す場合は1級を無理に取得しなくても大丈夫です。目指すは多くの企業から高評価をもらう事が出来る2級です。

日商簿記検定2級でも十分事務の採用試験でアピールになります。試験の流れとしては

①簿記検定3級に合格

②簿記検定2級に合格

③さらに高みを目指すなら簿記検定2級にトライ

となります。どの階級でも参考書は書店で販売しています。公式テキストもあり、過去問題も販売しているので、必ずテキストや問題集を購入して勉強しましょう。

 

日商簿記検定がゴールではない

 

さて、無事に日商簿記検定2級に合格する事が出来れば、その時には簿記知識が十分に身についています。

しかし、事務を目指すのであればこの知識を仕事に活用していかなければいけないです。試験には合格したけど、すぐに習得した事を忘れてしまうでは意味がないです。事務を目指すのであれば、簿記知識をどう活かしていくのかを考える必要があり、知識を忘れないように時々復習しておくのも大事です。

 

事務の仕事をしていけば、簿記を活用する機会も多くなるので、そう簡単に試験の知識を忘れるという事はないですが、試験に合格したら安心するのではなくて、次のステップに向かって突き進むようにしましょう。

 

以上が日商簿記検定の詳細になります。また、お薦めのテキストを紹介したり、後は試験日なども試験のたびに更新していきます。次は6月なので、6月の試験を受けたい人は、受験日や申し込み方法などを確認して、試験を受ける準備をしましょう。

 

まとめ

・日商簿記検定は知名度が高く事務に有利

・日商簿記検定2級を目指そう

・仕事に活かす事が大事

事務の求人に応募する基本知識

女性が目指しやすい職業には、事務があります。

事務といってもさまざまで、一般事務や経理事務、秘書などがあります。今回は、事務の求人を目指すための基本的知識についてお話します。

 

やはり、基本知識を知っていなければ求人探しで苦戦しますし、採用される可能性も低くなってしまってストレスが溜まります。これからお話する事をぜひ参考にしてくださいね。

 

事務の仕事内容

 

まず、知っておかなければいけないのが仕事内容です。事務とはいったい何をするのかを把握しなさいという事ですね。

長く仕事をしていくためには、自分に合っているのかを判断しなければいけないです。いくら待遇が良くても自分に合っていない仕事では、ストレスが溜まったり、思うように仕事が捗らないことが起こります。それでは、長く仕事をしていく事が出来ないです。事務は女性から人気がある職業ですが、人それぞれ合う合わないがあるので、女性に人気があるからという理由だけで目指さないようにしてくださいね。

 

■仕事内容について

パソコンを使用しての事務処理

電話・来客応対

上司の補佐

 

主にこの3つがメインとなります。特に多いのがパソコンの事務処理と電話応対ですね。

今は、パソコンを使っても事務処理がメインとなっているので、パソコンの基礎知識は必要です。また、知識だけでなくて、パソコンをスムーズに操作出来るのもポイントになります。特に事務職はオフィスソフトを利用する事が多いです。

ワード

エクセル

この2つはある程度マスターしておく必要があります。また、来客や電話対応もあるので、ビジネスマナーの習得も必要ですね。事務は、どこの企業でもあり今まで事務職に勤めている人の作業を見た人も多いと思います。だいたい、机に座ってパソコンを使用していますよね。

 

パソコン操作が出来るかが1つの基礎となるので、事務を目指すのであればパソコンに慣れておきましょう。パソコンスクールに通う方法もありますが、自分でパソコンを購入してオフィスソフトのテキストに沿って学んでいく事も可能です。後は、タイピングですね。打つスピードが早ければ事務作業も早く終わるので、タイピングが早ければ早い程有利です。

 

以上のような事から事務に向いている人は

パソコン操作が好きな人

人と会話するのが好きな人

同じ作業を繰り返し出来る事

 

特にパソコンが好きというのは大事です。パソコン操作が多くなるので、好きでなければ当然飽きてしまいますし、モチベーションも上がらないですよね。パソコンマニアになる必要はないですが、パソコンに愛着を持つぐらいは大事です。

 

事務の求人に応募する時に必要な事

 

事務の求人に応募する時に必ず必要になるというものはないです。別に資格や経験がなくても事務職として働く事は可能なので、誰でもチャンスがあります

ただ、現実問題何も経験がない、知識もないというのでは採用されないです。やはり、事務は人気がある職業なので、1つの採用枠に数十人ぐらい応募してくることも珍しくないからです。特に正社員は競争が激しくなります。

ではどうすれば事務の求人に採用されるのかというと

専門学校に行く

資格を取得する

この2点です。専門学校に関しては、事務職を目指す学校もあるので事務に有利な専門学校に進学する事が大事です。もちろん、大学や短大からでも事務は目指す事は可能です。

 

ただ、学校に進学するのはお金が必要になります。そこで、学校に行かずに事務を目指すのであれば「資格を取得する」事です。事務に有利な資格は多く存在します。

簿記検定

ビジネスマナー検定

秘書検定

MOS

などが主にありますね。経理事務なら日商簿記検定1級や税理士さらに公認会計士などもかなり有利に働きます。

一般事務であれば、日商簿記検定2級やビジネスマナー検定2級などは取得しておいた方が良さそうです。民間資格も多いので、受験しやすいですね。ただ、税理士と公認会計士は国家資格であり、資格条件もあるので確認する必要があります。

 

資格を取得したからといって事務の採用率が格段に上昇するわけではないですが、1つのアピールになるし、採用率は上昇します。事務の経験がない、専門学校や大学に行っていない、資格もないでは到底採用されるのは厳しいので、自分のアピールポイントを作る事にまずは専念する必要があります。

また、事務には基本的に学歴は必要ないですが、企業によっては高卒を条件にしている所もあります。つまり、最低でも高校は卒業しておくのが大事です。

また、事務は経験がかなり有利に働きます。つまり、長年事務職として活躍してきた人は、他の企業の事務の採用試験で有利になるので、転職しやすいです。もし、事務の求人に採用されたらそこでまずは経験を多く積んで将来転職しやすい状況にしましょう。新卒であれば既卒よりも就職しやすい状況なので、専門学校や大学に進学するのが一番お薦めです。

 

正社員・アルバイト・派遣どの雇用形態でも求人数が多い

 

事務は、正社員やアルバイトなどさまざまな雇用形態で働く事が可能です。

自分がどの雇用形態で働くたいのかをまずは決める必要があります。ただ、どの雇用形態でも求人数が多いので、応募しやすく採用されるチャンスが高いです。派遣においても、オフィス求人をメインに扱っている派遣会社もあるので、お薦めです。

 

長く勤務したいのであれば、当然正社員を目指す方がお薦めですが、アルバイトや派遣で経験を積んで正社員を目指すというのも1つの方法です。

 

アルバイトや派遣の方が採用されやすい利点があるので、経験がない人は秘跡社員から頑張ってみるのも必要になります。また、求人数が多いので一度に複数の会社に応募する事が可能ですよね。面接日を調整する必要がありますが、短期間で多数の採用試験を受ける事が出来れば早く働く事が可能です。

事務を目指す一番のメリットはこの求人数の多さなので、この利点を上手く使って就職・転職活動していきましょうね。

 

まとめ

・事務はパソコンを使っての仕事が多い

・事務を目指すのであればアピールポイントを作っておく

・求人数が多いのが利点

保育士試験を受験する時に知っておきたい事

今回は保育士試験についてお話します。

 

保育士試験は何のために行われるのかというと、保育士資格を取得するために行われます。保育士資格を取得する方法としては、保育士の専門学校や大学などに進学する方法と保育士試験を受験する方法があります。

保育士資格の取得方法について

↓↓↓

保育士免許の取得方法と進路について

 

今から、保育士試験の詳細や知っておきたい事など詳しくお話していくのでぜひ参考にしてください。

 

保育士試験の受験資格

 

まず、知っておきたいのが保育士試験の受験資格ですよね。

保育士は保育士育成専門学校や大学の保育科などに進学しなくても取得する事が出来ます。つまり、保育士の専門学校に言っていないよという人でも保育士資格を取得出来るので安心してくださいね。

 

大卒、短大卒の人・専門学校を卒業した人、高校、中学校を卒業した人

大卒、短大卒の人

・大卒、短大卒の人は保育士と関係がない学科であっても卒業していれば保育士試験の受験資格がある

専門学校を卒業している人

・学校教育法に基づいた学校である事

・卒業した過程が修業年数2年以上の専修過程である事

高卒の場合

・1991年3月31日以前に高校を卒業した人

・1991年4月1日以降に高校を卒業した人は、児童福祉施設で2年以上かつ2880時間以上の実務経験が必要

中卒の場合

・児童福祉施設で5年以上かつ7200時間以上の実務経験が必要

となります。

 

学歴によって多少違ってくるので、注意が必要です。また、中卒の場合は、実経験期間を長く積む必要があるので、出来れば保育士試験を受験したい人は最低でも高校を卒業した方がスムーズに試験を受験する事が可能です。

 

特に専門学校以上だと、実務経験が必要ないので保育士試験の勉強に集中する事が可能です。ただ、こうしてみると多くの人に保育士試験を受験する資格があるので、目指しやすい資格なのかもしれませんね。

 

保育士試験の詳細

 

次に保育士試験の詳細についてお話します。

保育士試験の内容は?受験日とかも知りたいな

その問いに答えていきます。

保育士試験の回数

・保育士試験は年2回開催されており、4月と10月に試験が行われます。

試験科目

試験科目は筆記と実技で構成されています

筆記試験

・保育の心理学 保育原理 児童家庭福祉 社会福祉 教育原理 社会的養護 子どもの保健

子どもの食と栄養 保育実習理論

実技試験

・音楽に関する実技

・造形表現に関する技術

・言語表現に関する技術

 

試験科目は比較的多いので、出来れば試験日の1年前から勉強を始めます。また、筆記に合格しただけではダメで、実技にも合格する必要があります。

 

実技では音楽もあるので、歌を歌う練習御したり音楽レッスンに通ったりして合格出来るように対処します。保育士試験の特徴としては、実技の合格率はかなり高いです。つまり、筆記試験の合格率がその分かなり低くなっているので、筆記試験に合格する事が1つの壁となっています。とはいえ、試験科目は公表されていますし、さらに問題集や参考書なども書店で多く販売しています。つまり、勉強していけば合格レベルに達する事はそう難しくないという事です。

 

これから保育士として活躍したいのであれば、試験の勉強ぐらいはしっかりとやっていく必要があります。基礎がメインになっているので、保育士に興味がある人であれば集中して勉強出来ると思います。

 

受験料

・12950円

受験日

・時前に発表さえるので確認。曜日は基本的に土日

 

保育士試験心得

保育士試験についての詳細をお話してきました。

一番大事になるのは、まずは受験資格をクリアする事です。また、保育士の専門学校や大学の保育科などに進学して卒業した人は試験を受ける必要はなにので出来れば保育科の大学などに進学する方が手っ取り早いでしょう。

また、試験範囲は広いですが、すべて保育士に必要なものになるので保育士試験は保育士の知識を身につける事が出来る良い機会となります。難しい事も多いですが、保育士資格を取得しなければ先には進めないので、しっかりと保育士試験で知識と技能を身に付けていきましょう。

独学で参考書や問題集を購入して勉強する方法もあるし、通信講座でも勉強が可能です。通信講座の中には保育士講座を設けている所もあるので、要チェックです。通信講座の場合は、参考書や問題集を準備してくれて、分からない所もメールや電話で答えてくれます。

さらに、どのように勉強していけば良いのかアドバイスをもらう事も出来るので、独学よりも通信講座を利用した方が合格しやすいと言えますね。どちらを選択するのかは自由なのぜ、自分が勉強しやすい方を選択しましょう。