評価が高くなる資格だけ取得する

前回は、フリーターにとって資格が大事になるという事をお話しました。

 

さて、今回も資格についてお話していきますが、やみくもに資格を取得するのではなくて、評価が高く資格だけ取得するというのが望ましいです。

いくら、資格を取得しても、採用試験で評価が高くならない資格はあまり意味がないです。

 

評価が高くなる資格とは?

jsks

 

さて、気になるのが評価が高くなる資格ですが、職業によって違います。

 

しかし、どの職業でも取得しておいてプラスになる物があります。

例えばビジネスマナーやパソコン、車の免許などですね。これらは多くの分野で高い評価をもらう事が出来ます。特にビジネスマナーは、社会人としてのマナーが証明されるものですから、取得しておいて損はないでしょう。

ビジネスマナーは資格というよりも検定になりますが、なるべく上位級を目指します。2級以上取得するのが望ましいです。

 

また、最近はパソコンを使っての仕事が増えてます。外回りの人も営業から帰って、パソコンで資料をまとめるというのもあります。土木関係になるとパソコンを操作する頻度は少なくなりますが、事務作業を少しだけ行う事も増えているので、パソコンの知識と技術を身に付けた方が良いでしょう。

 

パソコンの資格で注目されているものは、オフィスソフトのスキルを証明できるものですね。オフィスソフトはワードやエクセルなどありますが、エクセルを使う事も多くなっています。特に内勤の人はオフィスソフトのスキルを証明する必要があるでしょう。

 

さらに、車の免許も地味に大事になります。特に営業や送迎などは当然車の免許は必要です。車の免許があると、仕事の広がるので、まだ取得していない人は取得しておきましょう。

 

難易度が高い資格

 

さて、評価が高くなる資格には、難易度が高いというのが非常に重要です。

 

難易度が高いという事は、取得していない人も多いので、取得しておくだけで評価が上がります。もちろん、あなたが目指す分野に関係がある資格というのも大事なので、あなたが目指す職業に関係がない難易度が高い資格を取得しても、あまり意味がないでしょう。

 

難易度が高い資格には、国家資格があります。国家資格はどれも難易度が高く、取得するのは難しいですが、それだけ高いスキルを身に付いている事を証明出来ます。また、国家資格の中には特定の業務が出来るものもあります。

例えば薬剤師として働く場合は、薬剤師の資格が必要ですね。民間資格にも難易度が高いものあります。

 

例えば、日商簿記検定の1級はかなり難易度が高いですね。日商簿記検定1級は、税理士の資格を目指す人にとっても意味があるものです。1級を取得している人は、あまりいないので、経理関係を目指す人にとっては大きなアドバンテージになるでしょう。

 

知名度が高い資格

 

資格を取得する時に意識してほしいのが、知名度の高さです。

 

いくら難しい資格でも、知名度がなければあまり評価されないです。知名度がない資格を面接官が見ても、「何の資格?」みたいな感じになり、評価はされにくいです。

 

そこで、知名度の高さを意識して、取得する資格を探します。日商簿記検定は知名度も高く、2級以上は難易度も高いので、価値がある資格でしょう。後は、国家資格全般も同じ事が言えます。

民間資格は多いので、知名度が高く、難易度が高いものも複数存在する可能性があるので、資格の専門書を購入して、情報を集めます。

 

1つだけでは物足りない

 

資格を取得する場合ですが、1つだけでは物足りないです。

例えば日商簿記検定1級を取得しているだけでは、採用試験では物足りないという事です。複数の評価が高くなる資格を取得します。

 

日商簿記検定1級とビジネスマナー検定1級という感じですね。複数あれば、あなたのスキルを多く証明する事が出来ますし、他の人と差を開ける事が出来ます。資格が武器になるという事は多くの方が知っています。

 

その中で、どうすれば自分が他の人よりも資格の部分で高い評価をもらう事が必要になるのかを考えて、目指す資格を選びます。

就職において資格の取得は重要である

フリーターが就職する時に、感がなければいけないのがアピール材料です。

 

特に就職した経験がない人は、このアピール材料が不足している事が多いです。アルバイトや派遣社員の経験を生かした仕事をする場合は、多少経験をアピールできますが、今までしたことがない仕事の正社員を目指している場合は、経験がアピール出来ない場合は、他でカバーする必要があります。

 

面接の出来を良くしたり、筆記試験で高得点を取るというのも大事ですが、それだけでは不十分と言えます。そこで、お勧めになるのが「資格の取得」です。

 

資格はあなたのスキルのアピールになる

jsks /

 

資格をお勧めする理由としては、あなたのスキルの証明になるからです。いくら得意なことに、パソコンやデザイン設計、英会話などが書かれていてもそれを証明する必要があります。特技の欄に良い事が記載されていても、その事が本当なのか少し疑う人もいます。

 

しかし、資格を取得していると、あなたがどのようなスキルを持っているのか面接官が把握出来るので、それだけ有利になります。特技の欄に英会話と記載されており、さらに、資格に英検1級と書かれていたら、本当に英会話が出来る、英語自体が得意という事を認識してくれます。

 

どれだけあなたのスキルを証明するかが採用試験では大事なので、証明したいものがあればそれを証明出来る資格を取得します。資格は、国家資格や民間資格などさまざまありますが、国家資格でなくてもアピール出来る有能な資格は多く存在します。

 

資格を取得すれば良いわけではない

 

資格の取得はあなたのスキルを証明する事が出来るので、多ければそれだけあなたのスキルを多く証明出来ます。

しかし、ここでポイントになるのがアピール材料になる資格を取得する事です。就職の採用試験ではすべての資格がアピール材料になるとは限らないです。

中には、まったくアピールにならないものもあり、どの資格を取得するかがカギとなりそうです。また、あなたが目指す職業に関係する資格を取得する事も必要です。まったく関係ない資格では面接官も少し興味が湧くだけで、採用にプラスになるとは言えないです。

 

事務職であれば、簿記検定やタイピング検定などが1つのスキル証明になります。各職業によって、取得しておいた方が良い資格は違ってきますので、目指す職業が決まれば、次にどのような資格を取得しなければいけないのかを考えます。

 

このブログでも、主な職業に関係がある資格についてはお話していきます。職業の中には、取得しなければいけない資格もあるので、資格の情報を収集する事は必要です。

資格取得のポイント

 

一番は国家資格

 

資格でアピールする事は可能ですが、資格にも週類がありますね。

公的資格や民間資格、国家資格などがあります。一番、アピールとなるのがやはり国家資格ですね。重要な資格が多く、難易度も知名度も高いのが特徴で、アピールしやすいです。

 

不動産業界を目指す場合は、宅地建物取引主任者の資格があれば、仕事の幅も広がり、高評価をもらう事が出来ます。

 

国家資格の中には学歴制限などを設けている事もあります。誰でも受験できるわけではないので、その点も調べておきます。ただ、受験資格がない国家資格もあるので、その場合は、積極的に取得します。

 

級関係の資格は上級を目指す

 

さて、資格の中には級を定めているものがあります。

例えば簿記検定であれば主に1級から4級がありますね。検定ものには級が指定されている事が多く、この場合は上位級を目指します

簿記検定でも、4級となればあまり就職の時に有利にならないです。基本的に簿記検定は3級から評価される事が多く、出来れば2級以上取得するのが望ましいです。

 

上位級ほど、難易度が高くなっており、取得している人も少ないです。つまり、他の人よりも一歩前へ進める可能性があり、良いアピールになります。上位級を目指す場合は、まずは下位の級から目指します

 

簿記検定であれば、いきなり1級ではなくて、3級ぐらいから目指します。上位級は基本知識と応用知識がなければ合格しにくいです。いきなり目指して取得できるものでもないので、3級と2級に合格して、しっかりと必要な知識を身に付けていきます。

 

今回は、資格について少しお話しました。

経験がある人は、経験をアピールするだけで十分採用のチャンスがありますが、経験がない人は、資格を取得してアピールしていくのがフリーターから就職するためには必要になります

関連記事