通信講座で資格取得した方が良いのか 良さと注意点

フリーターから就職するためには、資格を取得するのは必須と言えます。

特に正社員の経験がない人は、アピールポイントが乏しいので資格でフォローしていく必要がありますね。資格取得には、独学と通信講座の2つが主な勉強方法です。独学だけでも良いですが、通信講座を活用するのもメリットが多くお勧めと言えます。

 

今回は、通信講座で資格を取得した方が良いのかについてお話します。

 

通信講座は参考書と問題集が準備されている

mnplatypus

 

通信講座の良さの1つが、参考書と問題集が準備しているという事ですね。講座を受講する手続きをしたら、しばらく経って教材が郵送されます。複数の参考書と問題集、さらに講座によってはためになるアイテムも一緒に郵送されることがあります。

 

独学の場合は、参考書は自分で書店で購入する必要がありますね。公式のテキストが販売していればそれを購入すれば良いですが、公式のテキストが販売されていない場合は、自分で適切な参考書を購入する必要があります。また、公式のテキストだけでは物足りないので、それ以外の参考書や問題集も購入する必要があり、参考書の選びで迷う事が多いです。

 

参考書は資格の合格率を上げる重要な要素なので、間違った参考書を選ぶと合格率が低下します。通信講座の場合は、適切な参考書と問題集を選んで郵送してくれるので、合格率をそれだけでも高めてくれますね。学びやすい教材も多く、初めて資格にチャンレンジする人にとっては大きなメリットと言えるでしょう。

もし、通信講座のテキストや問題集で物足りないと感じたら書店で足りない部分を補うテキストを購入するのもありです。ただ、基本的には通信講座側は合格出来るようなテキストと問題集を準備してくれているので、郵送された教材をしっかりと使って勉強すれば、十分合格ラインに達する事が多いです。

 

勉強方法などフォロー態勢も抜群

通信講座の良さは、勉強方法などのフォロー態勢ですね。

どのように、勉強していけば良いのかを教えてくれますし、手順が記載された用紙を配布してくれる事もあります。初めて資格を受ける時には、どのように勉強していけば良いのか分からない事がありますね。しかし、通信講座では、そういう人のために勉強方法をアドバイスしてくれます。

 

また、電話やメールなどで担当者に聞く事も可能です。分からない事があれば、担当の人に聞いて問題を解決しながらうまく勉強していきます。

 

独学だと、分からない事があれば自分で解決しなければいけないです。しかし、通信講座の場合は、担当の先生が解決してくれるという事で、勉強がはがどります。

 

通信講座のコースもさまざまあ

 

通信講座では、さまざまな資格コースがあります。

簿記検定2級のための講座、秘書検定のための講座、保育士の講座

 

など多く存在しており、資格を目指す人の役に立ちたいという気持ちが伝わってきます。自分が目指す資格の講座があるのかチェックして、もしあれば活用してみるのが良いでしょう。特に難易度が高い資格になると、独学では厳しいです。少しでも合格率を高めるためにはやはり通信講座を活用するのが得策と言えます。

 

通信講座会社は多い

 

主にあるのが

ヒューマンアカデミー

生涯学習ユーキャン

がくぶん総合教育センター

ニチイ学館

キャリアカレッジジャパン

この5つがメインどころですね。特にユーキャンはテレビCMでもなじみが深いですし、たまに新聞の広告でも宣伝していますよね。既に多くの人が活用しており、知名度、人気ともに抜群です。

 

それ以外の通信講座会社も実績を上げてきており、お勧めと言えます。

 

通信講座は費用が必要

 

さて、通信講座はさまざま良さがありますが、当然費用が必要です。

 

自宅学習なので、スクールなどと比べると安いです。費用は、講座によって違っており、数万円から数十万円などさまざまです。基本的に講座期間が短い程安くなっていますね。

 

自分が目指す資格の講座料金がどれぐらいなのかを時前に把握しておきましょう。分割払いが出来る所もあるので、分割払いで受講するのもありですね。比較的安くなっているので現金払いでも十分可能な価格です。アルバイトをしてお金を貯めておくのが理想ですね。

 

通信学習なので自分の努力次第

 

通信講座は、多くの人が学びやすい勉強方針を取っており、さらにテキストの質も高いです。つまり合格レベルに達するだけの質の高さがあります。

 

しかし難点なのが、自宅学習なのですぐ横に先生がいるわけではないです。つまり、自分の努力でかなり左右されるという事ですね。テキストと問題集を使って、指示通りの勉強しなければ当然合格出来ないです。

 

どれだけモチベーション高く、集中して毎日勉強できるかがポイントです。通信講座さえ活用すれば簡単に合格出来ると思わない方が良いという事です。自分が努力しなければ意味がないです。せっかく、お金を支払って質が高い通信講座を活用するのですから、資格に合格するまでは勉強に集中します。

 

まとめ

通信講座はテキストと参考書が準備されている

通信講座は、フォロー体制が万全

通信講座のコースは多い

さまざまな通信講座会社がある

費用は必要

自分の努力が必要

資格を取得するための準備を知っておこう 無計画で取得しない

今日は資格についてお話します。

フリーターから就職するためには、資格という武器が必要ですよね。そこで、資格を取得していく人が多いですが、注意しておきたいのが無計画で資格取得を目指さない事です。

 

では、どのようにして資格を取得していけば良いのかお話します。

 

試験日を把握する

 

資格には、当然試験日がありますね。試験日が1月1日であれば、それまでに合格ラインに達する必要があります。

なぜ、試験日を把握しなければいけないかというと、当然ですけどそれだめに合格ラインに達するための勉強をするためです。4月から勉強を開始する時には、まだ時間があるのである程度、余裕を持て勉強していく事が出来ます。

しかし、8月からだと1月まで半年ないので、急ピッチで勉強していく事が必要です。このように、試験日を確認することによって、自分がどれぐらいのペースで勉強しなければいけないのかを計画する事が出来ますね。

 

また、試験日だけを知るのではなくて、申し込み日も把握しましょう。申込みしなければ試験を受ける事が出来ないです。

申込みする事によって試験の案内が来たり、受験番号が配布されたりします。試験日までにしっかりと勉強したのに、申込みしていなかったので試験を受ける事が出来なかったという事が内容にします。

 

資格によっては、年に1回しか行わない事もあります。いつ自分が申込みしなければ行けないのかをしっかりと把握しましょう。

 

もし、試験日と申し込み日を確認しないで資格のための勉強をしていくと

申込みを忘れる

勉強して数ヶ月後に試験日を調べたらもう勉強する時間が少なかった

計画をうまく立てられずに合格ラインに達する事が出来なかった

 

などが起きます。勉強を始める前に、試験日と申し込み日をチェックして、計画的に勉強を始めるようにします。

 

独学か通信講座かスクールか

 

資格を目指す時には、基本的に独学がメインになります。しかし、難易度が高い資格の場合は、独学だけでは難しいですよね

簿記検定1級でも独学だけでは難しいです。そこで、必要であれば通信講座やスクールを活用します。

 

もちろん、通信講座やスクールに早く通う方が質が高い勉強が出来るので、資格の勉強を始める時には、どのような勉強方法を行うのかまずは考えます。スクールは通学しなければいけないのと、入学時期が決まっている事があるのであまりお勧め出来ないです。資格だけの専門スクールも少ないので、なかなか見つけられない事があります。

しかし、通信講座は、家で学習出来ますし、資格の通信講座も多いですよね。英検や簿記検定、税理士などさまざまです。ユーキャンも大手資格の通信講座ですが、非常に便利なので活用するのがお勧めです。

 

基本的に独学+通信講座で資格取得を目指します。ただ、難易度が低い資格、独学でも頑張れば取得出来る資格はわざわざ通信講座を活用する事はないです。通信講座は有料で、10間円近く必要になる事もあるので、難易度が高い資格だけにします。

 

独学でも可能な身近な資格ですと、簿記検定2級、秘書検定などがありますね。簿記検定2級は難易度は高めですが、参考書も書店で多く販売しており、独学でも十分合格可能です。資格によって、勉強方法を変えていく事が大事ですね。

 

合格ラインに達する事が何より大事

 

資格勉強の準備で大事なのが、とりかく合格ラインに達する事です。

 

勉強が不十分な状態で試験を受けても合格出来る可能性は低いです。合格レベルに達していても当日の試験の内容によっては合格出来ない事も珍しくないです。合格レベルに達するためには計画的に勉強していく事が必要です。

 

試験が1月であれば、10月までには一通り試験範囲の知識を身に付けておく必要があり、試験日までは問題集を多く解いて、難しい問題にも対応できるようにします過去問題を多く解く事も大事ですね

 

問題集を多く解く事が出来ない場合は、カバー出来る問題が少なくなり難しい状況になります。テキストだけ把握しても実際に問題を多く解いて、自力で解答できるようにします。特に難易度が高い資格の試験は、応用問題も多く出題されて、テキストだけ勉強しても合格出来ない事も多いです。

 

また、難しい資格に関しては、長期プランを計画する事も大事ですね。今年の試験は諦めて来年の試験を目指す事も大事です。勉強期間が1年から2年ぐらいあればかなり合格レベルに達する事ができますね。難易度が低い資格は次の試験での合格を目指し、難易度が高い資格に関しては、来年の試験の合格を目指すというように資格の難易度によってスケジュールを考える事が必要です。

 

 

資格を取得すれば就職出来るの?

資格は、就職の際に有利になるものであり、取得しないよりは取得した方がいでしょう。

 

では、資格を取得すればフリーターから就職する事が出来るのかについてお話します。少しでも自分を有利にしようと資格の取得に励んで、就職を目指している人もいます。別にフリーターでなくても新卒でも資格を取得している人は多いです。

資格はそれだけ重要度が高いという認識が強いという事です。

 

資格は自分のスキルの証明になる

 

資格は、自分のスキルの証明になります。例えば簿記知識があって、それを面接の時に口頭でアピールしても、本当にあなたに簿記知識があるのかというのは面接官は分からないです。しかし、簿記検定を取得していれば、本当に簿記の知識があると証明する事が出来るので、面接官からも良い評価をもらう事が出来るのです。

 

面接では、さまざまなアピールをしていきますが、あなたのアピールをしっかりと面接官に伝えるためには、資格の取得が重要と言えます。口だけではいくらでもアピールする事が出来るので、資格を取得していないでスキルをアピールする事が出来ない場合だと、口頭でのアピールはあまり意味をなさない可能性があります。

 

何をアピールするためには、資格を取得した方が手っ取り早いので、資格を取得するというのは、就職試験で採用されやすいという事が言えます。フリーターで就職を目指している人も、資格を取得して自分のスキルをアピールする事が必要ですね。特にフリーターは、新卒よりも不利になる事が多いので、資格でアピールする事は欠かす事が出来ないです。いくら未経験者歓迎や応募者数が多い求人に応募する場合でも、フリーターで資格がないと不利になります。アルバイトの面接であれば、別に資格を取得していなくても採用される可能性は十分ありますが、正社員となると話は別です。資格を取得するためには、長期間必要になる事がありますが、自分の努力の積み重ねが採用に繋がるので、資格を取得するというのを重要視してほしいです。

 

資格を取得している人は多い

 

資格を取得する事によって、自分のスキルを証明する事が出来るので、取得しておきたいものです。

しかし、その事は多くの人が知っているので、資格を取得している人は多いです。簿記検定やビジネスマナー検定、パソコンに関わる検定などさまざまな資格を取得している人も多くいます。つまり、資格を取得しているから採用されるというわけではないです。

 

自分と同じ資格を取得している人だって多くいます。

 

例えば事務職希望で簿記検定2級を取得して採用試験挑んでも、他の応募者の中には簿記検定2級を取得している人はいるという事です。同じ資格を持っている場合は、資格で差別化出来ないので、あなたが有利になるとは限らないという事です。

 

特に事務職を希望している人は、日商簿記検定2級を取得している人は多くいます。つまり、資格を取得しているからいつか採用をもらえると考えるのではなくて、他の部分でも努力していく事が必要です。資格に頼っていると、いつまで経っても採用されないという事も珍しくないです。

 

採用試験である、面接や筆記試験で他の人よりも上回るようにします。

 

また、資格を取得する時に、少しでも差別化出来る物を取得します。簿記検定であれば、2級であれば既に多くの人が取得しています。しかし、1級であれば、取得している人は少ないですね。どの資格や検定でも1級クラスは別格に難しくなるので、なかなか取得出来ずに断念する人も多くいます。

 

日商簿記検定1級やビジネスマナー検定1級といったように、最上位の資格を取得すれば、他の人と差別化出来るので良いでしょう。もちろん、取得するためにはそれだけの時間を費やす必要があり、1級クラスの場合は、なかなか合格出来ない可能性があります。しかし、少しでも採用を勝ち取るためには最上級の資格を取得するのが良いです。

 

また、国家資格の取得も出来る限り考えるべきですね。事務や経理関係であれば、税理士や会計士の資格は重宝されます。この2つの資格は、知名度が高く、しかも難易度も高いです。つまり、取得している人は少ないですね。事務を目指す人で税理士と会計士どちらかの資格を取得している人はそうはいないです。

つまり、この2つの資格だけで大きくリードする事が出来ます。国家資格は国が定めている資格なので、その資格を取得している人しか出来ないような仕事もあります。取得するためには、かなりの時間を費やしますが、少しでも採用されたいのであれば取得しておくのがベストでしょう。

 

資格は既に多くの人が取得しているので、工夫しながらどの資格を取得するのかを考える必要があります。

 

資格の取得は計画的に

 

さて、資格は就職の時に有利に慣れる事は理解できたと思います。

次に考えることは、計画的に資格を取得するという事です。資格は、難易度が高い物も多く存在します。ただ勉強をしていけば取得出来るものもあれば、ちょっと勉強しただけでは取得出来ないものもあります。

 

例えば簿記検定1級は難易度がかない高いです。2級も勉強機関も半年ぐらいは必要になるので、さらに難しいとなれば簡単に取得出来るものではないです。

 

どのような参考書を購入するのか、1日何時間勉強するのか、いつの試験を目指して合格を目指すのかなど細かく考えて、勉強をしていく必要があります。あまり深く考えずに勉強していくと、何度試験を受けても合格出来ないような状態になり、次第にモチベーションが低くなります。精神状態が下降しないためにも、なるべく早く合格する事が大事なです。まずは、自分が受ける資格の情報を集めて合格出来るような勉強を考える必要があります。