資格は独学で取得出来るのか?





フリーターから就職するためには、資格の取得は必須とも言えます。

特に未経験の分野に足を踏み入れる場合は、経験をアピール出来ないので、評価が高くなる資格を取得しておく準備をしていきます。

そこで、独学で資格は取得出来るのか?についてお話します。

 

独学で取得出来る資格も多くある

 

さて、資格の勉強をする時には、独学でも可能かという事ですが、実際には可能です。

独学とは、自分で書店で参考書を購入して家で学習するスタイルです。今は、多くの資格の場合は参考書と問題集が販売しているので独学でも勉強しやすいようになっています。

例えば日商簿記検定は3級から1級まで多くの参考書がありますよね。知名度が高い物ほど、参考書は多いと思います。日商簿記検定は2級までは独学で取得している人も多く、私もその一人でした。

 

実際に日商簿記検定に合格したので、2級までなら独学で取得出来るという事です。私は、経理専門ではないので、それでも独学で合格出来ました。まあ、数学は多少得意でしたけど、参考書は内容が濃く、詳しく記載しているので分かりやすかったです。

 

このように、独学でも十分合格は可能です。しかし、すべての資格が独学で大丈夫かというとそうではないです。特に国家資格や民間資格でも1級レベルになってくると独学では対処しにくいです。

 

国家資格には税理士の資格がありますが、超難問です。独学だけで合格しようと思えば最悪5年ぐらい必要になります。ただ、通学や通信講座などを利用すると、早く合格出来る可能性があります。このように、資格によってはスクールや通信講座を利用する方が合格出来る可能性は高まります。自分の資格がどれぐらいの難易度かというのが一番大事です。

 

独学で勉強する時のポイント

 

では、独学で勉強する時にポイントですが

参考書、問題集の購入

モチベーションを上げる

 

この2つです。

まず、独学は参考書と問題集が生命線になります。ここで合格の半分以上は決まると思います。参考書もそれぞれ質が違いますし、なるべく分かりやすく内容が濃いものを選択します。内容が濃くても分かりにくいものだと勉強出来ないですし、分かりやすくても内容が薄いと試験範囲をカバーする事が出来ないです。

 

分かりやすく内容が濃いものを選択する事は必須条件です。

さらに、公式のテキストは必ず購入します。公式のテキストが試験の基礎となります。これを理解出来ていなければ合格出来ないでしょう。公式のテキストで足りない部分を他の参考書でカバーするという感じです。

 

参考書は、このように考えながら選ぶ必要があります。なんでもかんでも購入しても、どの参考書をメインに勉強していけば良いのか分からなくなり、勉強がはかどらないです。参考書が多すぎてもダメなので、なるべく5つまでにしておきます。公式テキスト+補助の参考書という事を覚えておきます。

また、問題集はなるべく多く購入します。試験範囲は広い事が多く、幅広い問題に対応しなければいけないです。特に国家資格は難関の物が多いので、問題を多く解いて試験の内容を熟知していく必要があります。当然、過去問題は何度も解いて完璧に理解しましょう。

 

また、独学と言う事は自分一人で勉強をするのが基本です。そこで大事なのはモチベーションです。独学だと、ついつい遊んでしまったり、勉強がはかどらなくなります。それでは、合格出来ないです。自分がなぜ資格を取得したいのかを明確にして、やる気を出す事が必要です。

 

自分が興味がある資格だとモチベーション高く勉強することが出来ないので、あまり興味がない資格を取得しようと考えない方が良いです。

 

目標を決める

 

独学は計画的に勉強する必要があります。

そこで、目標を立てます。

例えば3か月後には問題集で5割の正解を目指すというように、目標を立てることによって、どれぐらいのペースで勉強していけば良いのか分かります。

 

目標がなければだらだらと勉強してしまい、合格に達するのが難しいです。小まめに目標を立てて、確実にクリアしていくようにします。

 

もちろん、試験の1か月前には合格レベルに達することが必要なので、目標をしっかりと考えます。

 

難易度が高い資格の場合は、数年間の計画プランも大事です。二年後には合格するというように、長期計画を立てます。

二年後に合格を目指す場合は、一年目は当然合格レベルに達することが出来ないです。しかし、合格レベルに達していなくても本番の試験は受けた方が良いでしょう。年に1回は試験を行っている物が多いので、自分がどれぐらいのレベルなのかを把握出来ます。また、試験本番の空気を感じることも大事です。

 

家で模擬テストを行う時とはまた違った雰囲気になるので、合格の可能性が低い場合でも試験を受ける事は価値がある事です。独学は大変ですけど、十分可能です。ただ、難関資格はスクールや通信講座を活用しましょう。

 




まとめ

独学でも合格できる資格は多数存在する

参考書選びは重要

目標を立てて合格を目指す

秘書検定の難易度は?勉強する前に知っておこう




事務職や秘書を目指す時にぜひ取得してほしいのが秘書検定です。

 

では、これから秘書検定を取得しようと考えている時に知っておきたいのが秘書検定の難易度ですね。いざ勉強したけど、思った以上に難しくて独学ではきついとなってしまわないようにまずは難易度を把握して、それに合った勉強方法をしていきます。

 

秘書検定の難易度

まず、秘書検定は実務技能検定協会が実施している資格です。ビジネス検定などを主にやっていて、けっこう大きな会社ですね。

 

難易度を見る時に大事になるのが合格率になります。

1級の合格率     23%

準1級の合格率   40%

2級の合格率     54%

3級の合格率     55%

となっています。これは第115回の試験の結果ですね。これを見ると分かるように決して合格率は低くはないです。難易度が高いとされる1級でも合格率が23%と他の資格と比べると高めですね。

 

また、2級と3級の合格率が同じぐらいと、ちょっと珍しいですね。もちろん2級の方が試験の難易度は高いですが、おそらく受験する層の違いかもしれないです。

 

ちなみに受験者数は一番2級が多くなっており、1級が一番少ないですね。まあ、難易度が高いのでその影響はあると思います。受験層ですが、秘書検定なので社会人や秘書の人が受験しているのかと思えますが、実際には80%ぐらいは学生です。つまり、社会人に向けてのビジネスマナーの勉強の意味合いが強くなっていますね。

 

気になる秘書の人が受験する割合ですが、約1%とかなり少ないです。もしかしたら秘書になる前に取得していたのかもしれないですね。

 

このように、難易度的には悲観する事はないです。特に2級と3級は約半数が合格出来るので、しっかりと対策をして勉強すれば合格しやすいという事ですね。準1級は面接試験がありますが、それでも40%なので、面接の難易度はそこまで高くないという事でしょう。

 

ただ、いきなり準1級や1級というのはお勧め出来ないです。特に1級は筆記試験の難易度も高く、面接の難易度も高いです。合格率は2割ですが、1級クラスの受験者はビジネスマナーもしっかりと理解していると思いますし、勉強にもかなり励んでいると思うのでこの2割の合格者は多いかといえばそうではないですね。しっかりと勉強しても不合格になっている人も多いので、1級だけは難易度が別格だと認識する必要があります。

 

最初に目指すのは2級ですね。3級はあまり取得しても仕方がないというか、就職の時にもあまり有利とは言えないです。つまり、価値があるのは2級からです。

 

2級の難易度は高いのか?

 

実際に私は2級を1回目で合格しています。約数か月ぐらい勉強しましたね。参考書と問題集を購入して、試験範囲をしっかりとカバーする事が出来ました。受験前には、過去問でも高得点を取る事が出来ていたので、受かる自信はありましたね。

 

ただ、2級の内容を実際に勉強すると、今まで知らなかった事が多かったです。ビジネスマナーは自分がしっかりと理解していると思っていてもあまり理解していないものです。つまり、勉強せずに2級を受けてもおそらく不合格になるでしょう。

 

敬語においても、丁寧語、尊敬語、謙譲語それぞれの用途を理解する必要がありますし、接待の仕方、電話応対など細かい部分まで試験範囲です。後は祝い事や式に関するテーマも出題されます。

2級は書店で参考書が販売しており、問題集過去問もありますね。もしなかった場合は、ネット注文しましょう。2級は、数ヶ月間参考書と問題集をしっかりと理解すれば合格出来ます。ただ、甘く見ていると合格できないので、数カ月はしっかりと勉強しましょう。私は簿記検定も取得していますが、簿記検定3級より秘書検定2級の方が簡単だったです。日商簿記検定を取得した事がある人はちょっとした指標にしてくださいね。

秘書検定2級は難しくはないですが、しっかり対策しなければ不合格になりますよねっていう感じですね。

 

独学で大丈夫か

 

さて、秘書検定を目指す時に独学でも大丈夫かという事ですが、大丈夫です。

 

ただ、1級の場合は、もし秘書検定1級の通信講座やちょっとしたスクールなどがあればそちらを活用する方が良いです。やはり、独学ですと面接試験の勉強をするのは簡単ではないですからね。

 

ただ、2級は通信講座を活用しなくても大丈夫です。ただ、1回目で確実に合格したいのであれば、通信講座を活用する方が良いのかなと思います。後は、今までビジネスマナーの勉強をしたことがなかったり、参考書を読んだけど独学だと自信がない人は通信講座を活用します。

 

学生の方も多く合格しているので、そこまで不安になる事はないです。学生の場合は、別に秘書検定だけの勉強をしているわけではないです。他の勉強もしていますし、プライベートでは友達と遊んだりもしますので、合間合間で秘書検定の勉強をしている人が多いと思います。それでも、半数は合格しているので、毎日1時間ぐらい勉強すれば合格ラインに達する事を理解しておきましょう。

 

ただ、準1級の場合は、筆記試験も2級より難しく、面接試験もあるので、本腰で勉強した方が良いでしょう。1級はまずは準1級を合格してから考えます。

 

このように、秘書検定の難易度についてお話しました。

高校生や大学でお勧めなのは2級と準1級

社会人は1級がお勧めです。

 

まとめ

秘書検定2級は半数が合格している

独学でも可能

1級は難易度が高い

 

 

初心者が資格を取得するならユーキャン 安心通信講座

今日は、通信講座についてお話します。

 

通信講座といっても、前回説明した5つの講座がメインとしてあります。どの通信講座を利用すれば良いのかなと迷う事もありますね。

 

そこで、初心者が資格を取得するのなら「ユーキャン」がお勧めです。大手通信講座会社であり、安心できますね。

 

ユーキャンの特徴

 

さて、ユーキャンは既に多くの人が活用しており、実績があります。

60年の年月が経過しており、かなり昔からある知名度が高い会社ですよね。そこで、簡単にユーキャンの特徴についてお話します。

講座コースの数は142種類

 

2016年現在、何とコースの数は142種類あります。つまり、142個の資格をサポートしているという事ですね。これってすごいですよね。

 

通信講座って、こんなにも資格を取得する事が出来るの?というぐらいの数です。これも、長年実績を積み上げてきた証拠ですね。

 

なんといっても教材の質が良い

ユーキャンは初めて資格を取得する人のために、教材にもこだわりがあります。

長く活用出来て、さらに学びやすい教材一式を提供しています。資格を取得するのは良いけど、必要な教材を集めるなんてちょっと苦労しますよね?

ユーキャンではその悩みを解決してくれるのです。教材が届いた日から効果的な勉強ができますよ。

もちろん、カリキュラムも工夫して作っています。カリキュラム通り勉強していけばもちろん合格率は上昇します。

 

一人で続けられる通信講座

 

通信講座は、基本的に自宅で一人で勉強しますよね。

でも、長く続けられるか心配です。しかし、そんな不安も大丈夫。

ユーキャンであれば、専門の講師やスタッフが寄り添ってフォローしてくれます。分からない事があればしっかりと教えてくれますよ。

課題もしっかりと提供してくれて、さらに講師からコメントをもらえます。励ましのコメントなんでやる気が出ます。

 

教育訓練給付制度

 

ユーキャンでは、実に30講座以上が教育訓練給付制度の対象です。

 

この制度は、受講料の約20%が支給されるお得な制度です。(最大10万円)

この講座では、10万名以上の人が利用を希望しています。(2015年の申し込みベース)

かなり多くの人が申し込みをしていますね。それだけ魅力がある制度です。

 

いくら支給されるのかを簡単に計算すると

講座費用が49800円の場合は、20%という事で9960円が手元に戻ってきます。

では、どのような人が利用できるのかですが、

初めて利用する人は、雇用保険加入期間が1年以上となります。その上で、講座が給付対象になっているのか確認します。

 

以上のように、ユーキャンでは、講座数が多い、利用者が多い、給付制度が利用出来るなどさまざまな特徴がありますね。これだけのサービスを提供しているのはなかなかないのでぜひ活用して、資格をしっかりと取得してくだいね。

 

自分に合う講座をチェック出来る

 

さて、自分がどんな職業を目指したいのか、どの資格を取得すれば良いのか分からない時がありますね。

 

ユーキャンの公式ホームページでは、簡単な職業検査テストがあります。簡単な質問に答えることによって、自分に適した職業や資格が分かるというものです。

 

私も試した事がありますが、いくつかのお勧めの職業や講座が出てきて人生のためになりましたね。質問自体は簡単ですし、自分の迷いが吹き飛ぶかもしれないです。自分が目指す資格や職業が見つかれば、後はその職業に向かって突き進むだけです。フリーターでちょっと何するのか迷っている人にとってはお勧めのテストですよ。

 

まずは行動しよう

 

さて、ユーキャンの素晴らしさは理解出来ましたか?多くの人が利用しているという事で、安心できますし、自分が取得したい資格が取得出来ます。

なんせ、142の講座があるのも魅力ですよね。

秘書検定や日照簿記検定、看護助手などさまざまです。

資格の分野も豊富です。

法律ビジネス関係、医療系、デザイン、介護、保育、ライフスタイル、建築、不動産、公務員、高卒認定、美学、パソコン、料理、栄養、健康、書道、土木、設備、語学、心理、手芸、音楽、工芸、旅行、流通、教育、実用

など幅広いです。さまざまな資格のお手伝いをしてくれるので、勉強の方法が分からない、独学だけではちょっと不安な人にお勧めです。

 

資格を取得する時に、把握しておきたいのが取得条件です。

 

資格の中には、年齢や学歴などの制限が設けられている事もあります。その点とチェックしてからユーキャンを利用していくのがお勧めです。せっかく、勉強したのに、資格条件をクリア出来ていないでは後悔しますからね。

 

私の周りにユーキャンを活用した人は多いです。知名度が高い、安心、大手という利用しやすい雰囲気がありますよね。今後も、この通信講座は、人気を継続していくと思います。ぜひ、フリーターの人で、就職のための資格を取得したいという人は、ユーキャンで自分の役に立つ講座を見つけてもらって無事に資格を取得して、就職に役立ててほしいです。