就職の基礎知識を把握しよう

私たちが職業に就く、働くためにはまずは基礎知識を把握する必要があります。

今回は、「就職の基礎知識」についてお話します。

そもそも就職とは何かというと「新しい職に就く事」を指します。例えば学生から企業に勤めるのも就職ですし、フリーターでまだ正社員として働いた事がない人が正社員として勤務するようになった事も就職と言います。

 

就職する方法について

 

就職するためには、どのように就職していけば良いのかまずは把握する必要がありますね。

就職するためにはどうすれば良いのか?

という疑問が湧きますよね。

 

就職する方法というのは特別決まっているわけではなくてさまざまなパターンがあります。

専門学校や大学に進学して就職する

高校卒業時に就職する

資格を取得して就職する

アルバイトから正社員に就職する

派遣社員から正社員に就職する

 

といった感じですね。概ね、上記が当てはまると思います。では、どの就職方法を選べば良いのかですが、お勧めなのは

専門学校や大学に進学する方法

です。

 

なぜ、専門学校などに進学する方が良いのかというと、まずは学歴を取得出来る事、そしてスキルが上がる事です。

 

企業の中には、専門学校や大学卒業した人を優先的に採用するケースもあります。高校卒業だけでは多少不利になる可能性があるという事ですね。少しでも採用の可能性を高めるためには、やはり進学するというのが一番ベターだと言えるでしょう。

さらに、専門学校や大学では就職に直結する事を学ぶ事が出来ます。もし、あなたが保育士専門学校に進学したら、保育士に必要な知識と技能を学校で身につける事が出来ますよね。これは、就職時に大きな武器になります。

 

また、進学しなければ取得出来ない資格もあり、専門学校や大学に進学するメリットは大きいと言えます。

 

まとめると

 

学歴で有利になれる

自分が目指す職業のスキルを高める事が出来る

 

主にこの2点が上げられます。今は、高校卒業後に進学する人が多くなっているので、それだけ進学する価値が上がっていると言えますよね。学校に進学するためには、高額な学費が必要になりますが、奨学金などを使ってでも進学する方が将来自分が希望する職業に就きやすいですね。無理に進学する必要はないですが、少しでも就職しやすい状況を作るためにはお薦めの方法だという事です。

 

フリーターの場合や進学したくない人の場合

 

ただ、既にフリーターの人は進学となるとちょっと抵抗感がありますね。

 

例えば大学だと約4年間通う事になるので、22歳から大学進学のための勉強をして、卒業するまでには4年以上必要になる事が多く、結果的に就職活動出来るのは26歳を超えてからになります。これでは、ちょっと就職するのが遅くなり、同年代の人よりも遅れを取ってしまう事になりますね。

 

また、22歳で卒業するのと26歳で卒業するのとでは、就職状況も変わってきます。26歳で卒業する場合には、なぜそのような状況になったのかを明確に説明していく必要があるので、就職の難易度は上がると思います。

 

じゃあ、フリーターの場合はどうすれば良いの?

お勧めなのは、資格を取得したり、アルバイトから正社員に就職する方法ですね。資格は、自分のスキルを証明する事が出来る大事なものです。特に知名度が高く、しかも難易度が高い資格だと優遇されるケースもあります。

 

事務職であれば、簿記検定2級以上取得すると少しプラスに働きます。また、アルバイトや派遣から実績を積んで、正社員に昇進する方法もありますね。アルバイトで頑張れば、それが勤めている会社から評価されて正社員になれるケースも多いです。

 

では、高校生で進学したくない人はどうすれば良いのかですが、そのまま就職していく事も十分可能です。高校には就職の求人が届くケースも多いですし、学校や先生もフォローしてくれるので高校卒業から進学するケースもあります。

ただ、高校卒業から就職するためには、学校の成績を上げておく事が大事です。成績も採用試験で重要な資料となるので成績が良い方が当然有利になります。

 

自分がどのように就職したいのかをまずは考えて、それに向かって準備していきましょう。

 

就職する時大事なのは準備

 

就職活動は、苦戦するケースも多いです。

実際に、大学生でなかなか就職先が決まらない人も多いですよね。なぜ、このような事態になるのかというと、結局はアピールする部分が少なかったり、準備不足だという事です。

就職活動では、多くの人が新卒の採用試験を受ける事になります。有名企業であれば数百人ぐらい採用試験を受ける事もありますね。

 

この中から一部の人だけが採用されるので、就職は激しい競争というわけです。つまり、準備不足の人程、採用試験で不採用が続きます。

 

そこで、専門学校や大学に進学しても安心するのではなくて、就職ビジョンをすぐに考えていく必要があります。どのようにすれば自分が希望する職業に就職出来るのか、少しでも待遇が良い企業に就職出来るのかを考える必要があります。

 

ボランティアに参加する

技能レベルを上げる

資格を取得する

セミナーに参加する

自己研究をする

 

など学生時代では、就職の準備をします。就職では、学生時代に何をしてきたのかがそのまま就職に直結するので、専門学校などに進学しても勉学に励まなかった場合は、就職活動の時に苦戦します。

 

まとめ

専門学校や大学に進学するのがお薦め

高校卒業後に就職したり、アルバイトからも就職出来る

就職の準備をしていく