営業職で必要なこと

未経験者から就職出来る分野と言えば営業職があります。

 

特別な資格は自動車免許だけなのでフリーターからでも十分目指す事が出来る職業です。そこで、営業職を目指す上で必要な事は何かについてお話します。

 

いくら未経験でも可能と言えども仕事をする上では必要なスキルも大事です。

 

コミュニケーション力は必要

 

営業職は、企業や一般家庭に行って自社の製品やサービスを紹介して、契約をしていく作業になります。もし、契約がなかなか取れないと会社に貢献する事が出来ないので、あなたの営業が成績が悪いという事です。

そうなると、昇進出来ないですし、もう少し頑張ってほしいと上司から言われる可能性があり、プレッシャーがかかりますね。

 

そこで、営業で成果を残すためにはコミュニケーション力が必要です。営業職は人と会話する事が多くなるので、話す事に慣れておく必要があります。直接話す事が多いですが、顧客から電話がかかって対応する必要もあるので、電話での応対も身に付けておく必要があります。

 

営業職としての会話知識としては

敬語力

商品やサービスをうまく説明していく会話力

 

この2点がとりあえず必要です。敬語で話す事は常識ですし、一歩引いた目線で会話しなければ相手に失礼ですよね。礼儀正しく会話する事によって、相手から高評価をもらって契約を取れる可能性があります。

 

失礼な人から契約してと言われても、普通しないですよね。どれだけお客さんから高評価をもらえるかが勝負です。

 

次に自社の商品やサービスの知識を身に付けて、長所を多く話す事が必要です。良い部分を多く話す事によって、商品やサービスの魅力が出来て、契約してくれる事が予想されます。もちろん、悪い部分も話す必要がありますが、その時はうまくそんなに欠点はないという事を伝えるようにうまく惑わす事が大事です。

 

悪い部分を強調して話すと、当然契約してくれないです。悪い部分をうまく良い風に話して、良い部分を全面的にアピール出来るかが勝負です。

 

このように営業職は、会話がすべてなので会話力は身に付けておく必要があります。

 

積極的なアプローチ

 

営業職は積極的なアプローチが必要です。いくら良い部分を話しても、やはり高額な商品やサービスほどお客さんは迷います。

 

良い商品だと思うけど、ちょっと価格が高いので購入するのか迷っているという感じです。そこで、もうひと押し出来るかが重要です。お客さんが迷っている時に引いてしまうとせっかく興味を持ってくれたのに契約してくれなかったという事が多く起こります。

 

それでは、なかなか成果を上げる事が出来ないので、迷っているお客さん対してもさらに長所を全面的にお話したり、他にも購入しているお客さんが多くいるというような購入を促すような会話をしていきます。ちょっと積極的過ぎな部分もありますが、これぐらい情熱的に行かないと契約はなかなかしてくれないです。

 

他のお客さんも多く購入している、今がお買い得な商品というような事を言う時には、注意する事があります。それが、嘘はいけないという事です。

 

他のお客さんが多く購入している事を言うのであれば、人気商品を紹介する時だけにします。人気がまったくないのに他のお客さんも多く購入していると話すとこれは嘘になり、一つの詐欺ですよね。それでは後で問題になる事があるので、嘘を付かない事は必要です。

 

商品によってアピールの仕方を変えて、嘘を付かずにどれだけ商品の良さを伝えるかが大事です。

 

先輩の働きぶりを見る

 

初心者が営業職をすると、初めはどのようにお客さんにアプローチしていけば良いのか分からないです。そこで、先輩の働きぶりを見ます。

一般的には、最初は先輩と一緒に営業する事が多いです。その時に先輩がどのようにお客さんと会話しているのか、商品やサービスを売り込む時には何をアピールしているのかを観察する事が大事です。

先輩の仕事の仕方を見て、学ぶ事によって自分も近いうちにうまく契約が取れる可能性があります。先輩の仕事ぶりを詳しく観察しなければ、仕事の仕方を理解する事が出来ずに実際に一人で営業する事になるとまったく成果が出ないという事になります。

営業職は入社する事はそんなに難しくないですが、実力社会であり、成果を出すための努力をしなければ長く続ける事が難しいです。

また、営業職を始める時は、自分が興味がある分野を選択します。不動産屋に興味がないのに、不動産屋の営業をするというのは止めておいた方が良いです。

 

興味がなければ、熱心に仕事に打ち込む事が出来ずに商品やサービスを理解しにくいです。しかし、興味がある分野の営業だと、興味を持つ事が出来て、商品やサービスについても理解しやすいです。自分の好きな分野で営業職として活躍するというのが基本です。後は、会話術などをマスターすれば、営業で成果を上げる事が出来て、長く続ける事が可能です。

フリーターから営業職を目指す

フリーターから目指すことが出来る職業には、「営業職」があります。

 

営業職は、企業や一般宅に行って契約をもらったり、商品を販売する仕事であり外回りの仕事ですね。基本的に車に乗って営業するので体力はそこまで必要ないですが、結果を出さなければいけない仕事です。企業によっては、ノルマが決められており、ノルマを達成する事によって仕事の成果を上げていきます。

 

未経験者でも可能

 

さて、営業職のメリットが未経験者でも目指すことが出来る所です。求人も未経験者歓迎と記載されている事が多いですね。

つまり、フリーターからでも目指すことが出来ます。例え今まで経験がない人でも、正社員として働く事が出来ますから、1つの就職の候補ですね。

ただ、取得しておいた方が良い資格がありますね。それが自動車免許です。自動車で移動する事が多いですが、会社の車を借りて営業する事も考えられます。おそらく求人にも普通自動車免許取得者と記載されている事が多いので、免許は必須と言えますね。

出来れば、ミッションが乗れるようにします。オートマ限定免許でも可能な所もありますが、ミッションが乗れた方が求人に応募先が多くjなります。

 

給料が比較的高い

営業職のメリットには、給料が比較的高い事が多いです。初任給でも20万を超える事も珍しくないですね。また、出高制を取り入れている所も多く、営業実績が良いと給料が高くなります。営業は、契約してなんぼの世界なので、歩合制を取り入れている事は多くありますね。

 

正社員であれば、福利厚生も充実していますし、結果が出ないときはストレスが溜まりますが、努力家そして営業が好きという人にとってみれば働きやすいです。もし、営業で良い実績を残していけば役職に就ける可能性もあり、将来性もありますね。

 

フリーターから役職を目指すことが出来る職業はそうは多くないので、将来高待遇を目指したいのであれば営業が候補の1つとなります。

 

ノルマがない会社がお勧め

 

営業というと、ノルマが設定される事も多いです。ただ、ノルマが厳しい場合は、それをクリアしなければいけないので、仕事に焦りが出てきますね。特に営業成果が出ない場合は、ノルマを達成するために、時間外労働をしなければいけない状況にもなります。これでは安心して働けないので、ノルマがない会社がお勧めです。

 

また、ノルマがあっても多くの人が達成出来るような範囲ですと、普通に仕事をしていけば十分にクリア出来ます。ノルマの状況が営業職では大事になりますね。別にノルマを達成しなくてもリストラされるというのは低いですが、例えば研修を受けたり、なかなか昇進しなかったりという事は起きるかもしれませんね。

特に営業未経験の人がいきなりばりばり営業で成果を出すのは難しいので、なるべくノルマが厳しくない所を選択しましょう

 

営業職はどのような分野があるのか

 

さて、営業職といってもさまざまです。

 

例えば不動産や保険などが主にありますね。商品やサービスは身近ないものばかりなので、うまく説明していけば十分成果を出せると思います。また、自分が興味がある分野が良いです。不動産屋に興味があれば、不動産屋の営業はしやすいですね。自分が好きな分野ですとモチベーションも高いですし、やりがいを持って出来ます。

逆に興味がない分野ですと、うまく説明する事ができなかったり、あまりやりがいを感じる事が出来ないという事で仕事に対する熱意が薄れてしまう可能性があります。営業は成果を出す職業なので、仕事のやる気が一番大事です。フリーターから目指しやすい職業ですが、簡単な仕事ではないので、どこで働くかは慎重に決めた方が良さそうです。