フリーターから医師を目指す

今日は、フリーターから医師を目指すというテーマを掲げてお話していきます。

 

医学部に進学する必要がある

jarmoluk /

 

ちょっと医療分野の仕事には触れましたけど、フリーターから医師を目指すのは難しいです。その理由としては、やはり年数が必要になるという事です。

 

医師になるためには、大学の医学部に進学するのが必要不可欠です。さらに、6年間最低でも通学する必要があり、かなりの年数が必要ですね

高校新卒から医学部に入学しても医師になるのは20代半ばです。つまり、フリーター歴が長い人だとそれよりもかなり医師になるのが遅くなります。もし、26歳から目指すことになると30代前半ぐらいですかね。もちろん、すぐに医学部に進学出来ればの話です。看護師の場合は学校は約3年なので、医師の半分ですね。つまり、看護師を目指す方が現実味があるという事です。

 

ただ、私の友達にもフリーターから歯科医師になった人もいます。20代前半で歯科学部に進学する事ができたので、30歳までになる事ができました。医師になるのであれば早く決断して、せめて20代前半で医師に目指すようにしましょう。

 

医師になるのが難しいのは、単に学校に6年間通うというだけではないです。医師になるためには大きな壁があり、それが医学部の進学です。医学部というのは、大学の学部の中でもトップクラスに難易度が高いです。

 

ぶっちゃけ頭の良い人ばかりが受験するので、競争率が高いですね。つまり、相当偏差値を上げないと難しいですし、一発で合格するのが難しいという事です。医学部に進学出来た人でも数年間浪人した人も多くいます。

 

もはや何回かチャレンジしなければ合格出来ないぐらいのレベルですね。医師に早くなるためには、どれだけ早く医学部の受験に合格出来るかにかかっています。医学部進学に数年間かかっていると学校の在籍期間を考えると30歳を超えて医師に鳴る事になります。フリーターから医師になるのが難しいというのは、この医学部の難易度の問題があるからです。

 

医学部に進学するためには

 

さて、どうしても医師になりたいという人は、当然医師を目指した方が自分が満足できるでしょう。つまり、フリーターから医師を目指すというのも間違った選択ではないです。自分が好きな職業を目指すことによって、長く働く事が出来ます

 

さて、医学部に進学するためには、勉強が重要ですが、独学だけでは難しいです。あなたがスペシャルに偏差値が高く、既に医学部に合格出来るレベルに近いというのであれば独学だけでも可能です。

しかし、まだまだ実力が足りない場合は、独学だけでなくて予備校に通います。医学部専門の予備校に通うのが良いでしょう。予備校では、受験のための授業をしてくれますが、医学部専門の予備校だと医学部の試験に特化した授業を受ける事が出来ますし、予備校側も試験対策もしてくれて本番の受験で高得点を取りやすいです

 

予備校の授業受けないだけで、他の生徒と差が開いてしまう事を理解しましょう。まあ、予備校には費用が必要ですが、医学部レベルだと仕方がない投資と考えて、予備校と独学を併用して勉強します。

 

また、どれだけ質が高い勉強が出来ても、短期間では難しいです。そこで、早く勉強に取りかかるようにして、受験までは勉強だけに集中します。1日10時間ぐらい勉強するぐらいの気力が必要ですね。もちろん、10時間集中して勉強できなですが、意気込みとしてはそれぐらいは必要です。

 

医学部に合格したければ、苦手教科は克服して、得意教科は満点近く取れるようにする事が大事です。かなりハードルが高いですが、それぐらい高得点を意識しなければライバルよりも勝る事が出来ないです。

フリーターからですと、なんとしても一発で合格したいです。最低でも2年ですね。高校新卒よりも遅れを取っているので、何回目で医学部に合格出来るかがポイントです。

 

医師に種類

 

まあ、このように、フリーターから医師を目指す事は可能ですが、簡単ではないという事です。新卒からでも難しいので、それなりの覚悟をもって目指しましょう。

 

ただ、1つ安心出来るとしたら医師免許の試験の合格率は90%となっています。医学部を卒業または卒業見込みの場合に、医師免許の試験を受験する事ができますが、かなり高い確率でみなさん免許を取得出来ているので、医学部に進学すれば医師になるのはかなり現実的になるという事です

 

さて、最後に医師の種類ですが、主に3つあります。

医師

歯科医師

獣医師

 

ですね。医師は医学部に進学します。歯科医師は歯科学部に進学します。

さらに、獣医師は獣医学部に進学します。

 

それぞれ進学しなければいけない学部が違うので間違わないようにします。共通している事と言えば、どの医師でも大学に進学するのが絶対条件なので、勉強は必要です。

 

他のブログも見れるよ

↓ ↓ ↓

フリーターから医療系の職業を目指す事は可能

今日は、医療系の職業についてお話します。

 

フリーターが目指すことが出来る職業の1つには、「医療」があります。医療は身近な存在なので、どのような職業があるのか皆さんも知っていると思います。

 

医療の仕事を目指す事はメリットが多くいので、1つの候補にしてほしいと思います。

 

フリーターから目指すことが出来る医療の仕事

jarmoluk

 

医療の仕事は多く存在しますが、フリーターからどの職業を目指すことが出来るかと言うと、基本的にすべて目指すことが出来ます。

 

医師、看護師、歯科衛生士など多くありますが、時間さえかければ医師になる事も可能です。しかし、あくまでなる事が出来るという事であり、現実的には難しい職業もあります。例えば、学校に進学しなければいけない場合ですね。医療の仕事には免許を必要とする物も多くあり、大学に進学したり、専門学校に進学しなければいけない職業もあります。

 

受験の準備をして、進学して卒業するまでは3年から6年ぐらい必要であり、年齢によっては難しいという事です。しかし、20代前半であれば、十分医師を目指すのも現実的ですし、30歳前後でも看護師や歯科衛生士などは十分目指すことが出来ます。

 

学校に進学する必要がある場合でも、あなたの年齢によっては就職して活躍できるという事です。ただ、出来る限り早めの判断は必要ですね。

 

フリーターから現実的に目指すことが出来るのが

看護師

歯科衛生士

マッサージ師

放射線技師

医療事務

カウンセラー

登録販売士

 

などですね。この7つは現実的に目指すことが出来ます。

目指しにくいのが医師や歯科医師、薬剤師になりますね。これらは大学を6年間通う必要があり、さらに入試の難易度も高いので、相当時間が必要になります。20代前半でぎりぎり狙えるレベルですね。もし25歳以上の人は、上の7つの職業を目指すのがお勧めです。

 

医療の仕事の需要は高い

 

なぜ、ここまで医療をお勧めするのかといえば、単純に需要が高いからです。

 

医療というのは、私たちの健康に欠かすことが出来ないものです。つまり、需要が低くなるという事は考えにくいですね。これは、食、衣類など日常的に必要なものと同じぐらいに医療も重要という事です。

 

逆に医療は進歩していて、今後さらに需要が高くなる可能性もあります。つまり、医療業界で働くというのは将来性があるという事です。定年まで働ける可能性が高いですね。さらに、転職も行いやすく、仕事の面では安泰という事です

多くの部分は、自分が長く働けるのかとういのは未知数ですね。特に需要が出たり、下がったりする分野はいつ活躍できなくなるのか分からないです。

 

医療系は、その面で安心する事ができるので、なるべく安定して働いたいという人は医療分野を目指すのがお勧めです。

 

医療は貢献する事が出来る

 

医療は人助けです。怪我や病気の人を治療するのが主な目的なので、多くの人に貢献する事が出来ます。つまり、人から好かれやすい職業であり、自信を持って自分の職業を自慢する事が出来ます。

 

人から感謝される事が多くなるので、嬉しくなりますし、モチベーション高く仕事が出来ます。人に貢献する事が出来て、さらにお礼を言われる事も多いという事は大きなメリットと言えます。

 

仕事自体は決して簡単ではなくて、楽でもないです。忙しい事も多いので大変なこともあると思います。ただ、その分、多くの人に貢献して、自分の価値観を高める事が出来るので、素晴らしい職業です。

 

メリットのまとめ

 

さて、最後に医療の仕事のメリットは簡単にお話します。

 

安定している

転職しやすい

人から好印象

感謝される

定年まで働ける可能性が高い

待遇もまずまず良い

自分の価値を高める事が出来る

自身を持って自分の職業を言う事が出来る

やりがいがある

まあ、簡単にまとめてもこのように多く存在します。

 

どうでしたか?

 

今、フリーターの人でどの職業で活躍すれば、良いのか迷っている人は一度、メリットが多い医療の分野を考えてみてはいかがでしょうか?