フリーターから看護師になるためにはどうすれば良いのか

今日は、看護師についてお話します。

医療系の職業でフリーターが目指しやすい1つに看護師があります。求人数も多く、将来安定出来ます。そこで、フリーターからどのようにすれば看護師になれるのかをお話します。

 

いくつかの方法がありますが、今から紹介するのは一般的jな看護師を目指す方法です。

 

大学・専門学校に進学

voltamax

 

看護師は、「看護師免許」を習得する必要があります。そこで、フリーターから看護師になるためにはまずは免許の取得を考える必要があります。

 

看護師の免許の取得方法ですが、4年制大学短期大学、専門学校の3つが主にあります。他にも看護学校があります。どの学校に進学すれば良いのか迷いますが、どの学校でも看護師免許を取得する事が可能です。

ただ、学校によって特徴があり、各学校の特徴を知ってから進学先を決めるのが良いですね。

 

4年制大学(看護科)

4年制大学の中には、看護も多いですよね。おそらく、ほとんどの大学に看護科があると思います。大きなメリットには、看護師の勉強だけでなくて、一般教養も勉強できるという事です。

 

看護師の勉強に特化したカリキュラム構成ではなくて、一般教養に関係したカリキュラムも多く幅広く勉強する事が出来ます。また、卒業する事によって、保健士や助産士の資格を取得出来るチャンスがあり、看護師だけでなくて卒業後は保健士や助産士としても活躍出来るメリットがあります。

 

幅広く、医療分野に貢献したい人にとってお勧めですね。

ただ、4年間通う事になり、大学入試も難易度は高いので、フリーターから目指すのはあまり得策ではないです。1発で大学入試に受かれば問題ないですが、なんども落ちると、それだけ大学を卒業する時期が遅くなります。20代前半であればまだ時間に余裕がありますが、20代後半の場合は、将来の事を考えると大学に進学して看護師を目指すのは時間的に厳しいという事です。

 

短期大学(看護科)

短期大学にも看護科がある場合もあります。

大学と同じように一般教養の授業も比較的多く、その点ではメリットがあります。ただ、短期大学の数は多くなく、看護科を設立している所も多くはないです。

この部分を考えると、別に短期大学でなくて、同じ3年制の専門学校に行く方が良いです。

 

専門学校(看護科)

 

看護の専門学校は多いですね。3年制であり、大学よりも1年少ないです。

 

メリットとしては、看護師に特化したカリキュラム構成だという事です。実習時間が多いのが特徴であり、講義授業も看護師に関係があるものが多いです。多少、一般教養の授業もありますが、大部分が看護師の授業です。

 

さらに、大学よりも1年短いという事は、早く看護師として働く事が可能です。自分は若くないから早く就職したい、とにかく看護師としての経験を積みたいという人は、大学よりも専門学校に就職した方が良さそうです。

専門学校は、即戦力となる人材を育て上げていくので、看護師の専門学校も就職率が比較的高いです。つまり、無事に卒業して看護師免許を取得出来れば、高い確率で看護師として就職出来ます。専門学校に医療機関から求人が届くと思いますし、看護師のなるための一番の近道だと思います。

 

資料請求と体験入学

 

看護師になるための学校選びですが、学費や授業内容、就職率などが違います。

 

どこの学校に行くかによって、将来が大きく変わるので後で後悔しないように自分にベストな学校を選択します。

学校の資料を請求したり、体験入学に参加します。体験入学では、実際に授業を体験出来たり、学校の設備を確認出来ます。また、先生とも会話出来るので、疑問が解決しやすいですね。

 

資料だけでは分からない事が分かりますから、なるべく体験実習に参加して、学校を選ぶ方が良いです。

お勧めの学校は、実習が多い、先生の質が高い、就職率が高いですね。

この3つは看護師になるためには重要な部分なので、チェックしておきましょう。また、先ほども言いましたけど、フリーターから目指す場合は、3年で卒業出来る専門学校がお勧めです。看護師の専門学校は全国各地にあり、自分が今住んでいる地域にも存在する可能性が高いです。

 

後は、学費ですが、専門学校によっては、独自の奨学金や授業料免除などを行っている所があります。あまりお金に余裕がない人は、授業料免除制度の学校に進学するのがお勧めです。また、奨学金は多くの方が利用できると思うので、奨学金も活用します。

 

学校を卒業しただけではダメ

 

看護師になるためには、無事に学校を卒業するだけでなくて、看護師免許の試験に合格する必要があります。

 

ただ、多くの人が看護師免許の試験に合格出来るので、そこまで心配は必要ないですが、試験の勉強もしっかり行いましょう。

 

後は、就職した時に早く看護師の一人前になるように努力する事ですね。途中退職が多い業界でもあります。看護師を甘く見ていると、壁にぶつかった時に乗り越えられないので、看護師は大変な職業だと理解して上で目指しましょう。看護師は、女性が多い職業ですが、もちろん男性も目指す事が可能です。女性男性どちらにとってもお勧めの職業です。

 

まとめ

学校に進学する必要がある

学校選びが重要

看護師免許の試験に合格する

フリーターから医師になるまでの流れ

今日は、フリーターから医師になるまでの流れについてお話します。

 

狭き門ですが、医師を目指す事が出来ます。ただ、難易度が高いミッションになるので計画的に医師を目指す必要があります。無計画で目指すと結局挫折してしまう事になるのでこれからお話する事を参考に医師を目指してほしいです。

 

大学入試までの期間が短い場合

 

さて、大学入試までの期間が短い場合ですが、かなり勉強しても試験の合格レベルに達する事は難しいです。今の段階で偏差値がかなり高い場合は、可能性ありますが学力の自信がない状態では、入試までの期間が半年未満の場合は、来年の入試を目指すのが良いです。

 

半年以上ある場合は、必死に勉強すれば合格出来る可能性あるので、今年の入試に向けて勉強します。

 

とりあえず勉強する時間を作る事

医学部に進学する事になりますが、どの教科も高得点を取る必要があります。苦手な教科があると合格出来る可能性は低いです。教科も多いですし、試験範囲も広いので、勉強する時間を長く作る事は必要です。

 

アルバイトをしている場合は、出来る限り働く時間を短くする事が必要です。ただ、生活のためにアルバイトしている状態ではやはり収入がなければ何も出来ないのでそのまま続けるのがベストです。お金に余裕があり、実家ぐらいであればアルバイトを辞めて勉強に専念する方法があります。

予備校に通う準備を

 

医学部を目指すのであれば、予備校に通う事は必要ですね。医学部クラスがある予備校に通うのがお勧めです。医学部に特化した授業を受ける事が出来ます。予備校に通うメリットとしては、

専門の先生から授業を受ける事が出来る

入試対策が出来る

模擬試験が受けられる

 

という感じです。模擬試験に関しては、別に予備校に通わなくても受ける事が出来ますが、入試対策と効果的な授業が受けられるのは予備校の大きな利点ですね。予備校は独自に、大学入試の予想問題なども算出していたりするので、独学だけで勉強するよりもよっぽど効率的な勉強が出来ます。

 

予備校選びでは、近くの予備校に通う方が通学は楽ですが、目標は合格なので、レベルが高い授業を受けられる所に通います。特に医学部に合格した生徒を多く送り出した実績が多い予備校程、期待が持てます。

 

また、マンツーマン授業を取り入れている所は特にお勧めですね。マンツーマンだと先生があなたのペースに合わせて授業を始めてくれますし、質問もしやすいです。分からない所は多く出てくると思うので質問しやすい環境だと勉強がはかどりやすいですね。

 

参考書を購入する

予備校だけでなくて、独学でも勉強していきます

 

家では、予備校で習った事の復讐はもちろんですが、書店で参考書を購入して勉強していきます。大学入試向けの問題集や模擬テストなども多く販売しているので参考書を購入する事は必須です。

 

勉強のやり方としては、1日1教科にします。1日に複数教科勉強するよりも、1教科集中して勉強する方が効率が高くなります。1日にさまざまな教科を勉強すると、訳が分からないような状態になり結局何を学んだのか理解できずに、勉強効果としては薄いです。

 

目標は数か月前に合格レベルに達する事

 

独学と予備校をうまく合わせて、勉強していくと確実に学力が向上します。

目標としては、数か月前に合格レベルに達する事です。もし、試験近くまで合格レベルに達する事が出来ない場合は、不合格になる事を覚悟して試験に挑みます。とはいえ、合格レベルに達していなくても試験の問題によっては、合格出来る可能性があるので、諦める必要はないです。

 

後は、数か月前に合格レベルに達する事が出来ていない場合は、大学を変更する方法もあります。同じ医学部でも大学によって難易度が違います。難易度が低い大学の医学部に志望大学を替える事も必要です

 

どうしても志望大学を替えたくない人は、そのまま受験します。今年入学出来なくてもまた来年目指す事が出来るので、なるべく心に余裕を持って試験に挑む必要があります。

 

このように、医学部を目指すようにします。また、同じ医学部を目指す友達が出来ると、お互いの存在がモチベーションになる事もあります。予備校などでもし友達になれたらプライベートでも一緒に勉強するという方法もあります。

 

負けたくないという気持ちが強くなれば、学業に励んで自分の学力を向上出来る可能性が高いです。医学部はどうしても難易度が高いので、1年で合格出来るという考えよりは、数年かけて合格していくというのが大事です。

 

実際に数年間留年してから医学部に合格出来る人も多く存在します。医学部を目指すのであれば、諦めない気持ちと時間が必要になるという事を意識する必要があります。医学部にさせ入れば、大きな壁はクリアした事になります。もちろん、医師免許を取得するためには、医学部を卒業する必要がありますが、一番の難関は医学部に進学する事なので、まずはこの部分をクリア出来るように計画的に勉強して、早い段階で医学部に行けるようにします。

医師を目指す時に知っておきたいメリットデメリット

今日は、また医師についてお話していきます。

 

前回は、医師になるためにはどうすれば良いのか、フリーターでも目指すことが出来るのかについてお話しました。

今回は、医師を目指す時に知っておきたいメリットデメリットについてお話します。

 

医師のメリット

sasint

給料が高い

 

医師のメリットの1つが給料が平均的に高いという事です。医師として活躍している人の中には数千万円ぐらい稼いでいる人も多いですね。特に開業医で成功を収めている人はもしかしたら億単位になるかもしれないです。

それだけ、夢があるという事ですね。年収数千万円なんて普通じゃなかなか稼げないです。医師だから可能なわけですね。もちろん、平均的に高いという事なので、稼げていない人もいます。しかし、平均年収が高ければそれに向かって希望を持てますし、頑張る事が出来ますね。頑張っても年収が300万円行かないよりも、頑張ると年収が数千万になるというのであれば後者の方が良いです。給料が高いのにあこがれている、生活を安定させたいという人は医師に向いているかもしれませんね。

 

社会に貢献出来る

 

医師のメリットには、社会に貢献出来るというのがありますね。人を助ける仕事ですから、多くの人に感謝されますし、被災者を助ける活動も行う事が出来ます。人に貢献出来るという事は、自分の価値を高める事が出来て、やりがいがあるのではないでしょうか。

 

社会に貢献出来る職業は他にも存在しますが、医師は人の命を助ける、病気や怪我で苦しんでいる人を助けるという事で、まさに人のために仕事をしているようなもんです。社会貢献の高さは他の職業よりも高いと言えます。

 

モテル

 

これは、ちょっと恋愛になりますが医師は正直もてます。

 

年収が高いのもそうですが、人を助ける仕事であり、かっこいいですね。誰でもが出来る仕事でないので、他の医療従事者からも高評価をもらいやすいですし、他の職業からもあこがれの的になれる可能性があります。

 

活躍して、知名度が上がればさらにもてます。私に知っている医師はみんな結婚していますね。つまり、それだけ人気があるのかなと思います。職場恋愛もしやすいですし、合コンや結婚相談所などの出会いの場でも人気が出やすいです。

 

独立できる

 

医師のメリットには独立が可能です。

自分でクリニックや病院を開業して、自分の治療方針で医師として活躍していきます。開業した方が、自分が考えている事が出来て、自分の治療方針を確立できますね。経営にも関わる事が出来るので、やりがいは高いです。

 

成功すれば、多額の収入を得る事も可能です。もちろん、失敗する可能性はありますが、医師として一人前に成長すればそれだけ治療成果が上がり、成功する可能性は高くなります。簡単に独立出来るわけではないですが、医師の人生未来設計図に独立を目指すというのがあってもいいですね。

 

医師のデメリット

 

医師になるまでが難しい

 

これは、先日少しだけ触れましたけど、医師はなるまでが難しいです。大学の医学部に進学するのは難しいですし、大学に進学してからは6年間単位を取りながら勉強に励む必要があります。

医師免許の合格率は高いですが、医師免許の試験を受けるまでが壁が多いですね。医師になりたいという気持ちだけでなくて、学力も必要なので医師になるのであれば、早めに自分の学力を上げておく必要があります。

 

研修期間中が1つの壁

医師免許を取得して、病院やクリニックで勤務する事になると初めは研修医です。研修医の間は、先輩医師に教わりながら医師に必要な知識と技術を学びます。

 

大学で学んだ事意外にも多くの事を学ぶ必要があるので、正直大変です。外科であれば、最終的には外科治療をする必要があり、初めての治療は緊張しますね。研修期間中は人にとって差がありますが、長くなる事も珍しくないです。

 

一人前の医師になるのは簡単ではないので、覚悟を持って医師を目指す必要があります。

 

費用がかなり必要

 

医師になるまでには、かなりの高額な費用が必要です。

 

まあ、医学部の学費だけでもかなりのものですね。しかも6年間なので奨学金を活用したりして通うのが一般的です。医師を目指すのであれば、学費を早い段階から貯めておくと、奨学金で借りる額も減り、返済も楽になりますね。

 

医師になる時には費用からも目が離せないです。

 

独立は慎重に

 

さて、医師は独立する事も可能です。

 

これは大きなメリットです。しかし、失敗すると大きな赤字になります。クリニックを経営するだけでも最初は多額の費用が必要ですね。設備費用が高いですし、人件費も必要です。最初は、患者さんがあまりこない可能性があり、大変ですね。

 

開業する時には、多くの経験を積んで医師として一人前になっておく事が大事であり、さらに費用も準備しておきます。なるべく金融業者から借りないようにすると経営が楽です。

 

また、失敗しないためにもどこにクリニックを建設するのかを考える必要があり、さらに宣伝なども必要ですね。1つ1つの治療が大事であり、治療実績を上げて評判を高くする必要があります。

 

以上のように、メリットとデメリットについてお話しました。メリットだけでなくて、デメリットもしっかりと理解して、医師を目指すのか考えます。本気で医師になりたいのであれば、多少のデメリットを覆すぐらいの気持ちが大事です。