フリーターが目指すことが出来る事務職

フリーターが目指すことが出来る職業には、「事務職」があります。

 

オフィス系音仕事ですね。事務職は、特別な資格が必要ないですし、学歴なども必要ないので多くの方が目指すことが出来ます。もちろん、事務にもさまざまな種類があり、自分が働きがいがある事務職を目指すことが必要です。

 

メインになるのが一般事務

annawaldl

 

事務職のメインになるのが一般事務ですね。

一般事務は、基本的な事務作業をしていきます。

電話応対

受付来客応対

パソコンを使っての事務作業

営業のフォロー

 

などさまざまです。基本的に補佐に回る事が多いですが、受付や電話対応は企業の顔として活躍する事が出来ます。一般事務は女性が多く活躍しているのが特徴です。9割ぐらいは女性なのかなという印象ですね。

 

つまり、女性が目指しやすい職業です。男性でも可能ですが、女性を一般事務として雇いたいという企業も多いので、女性の方が採用をもらいやすいです。もちろん、フリーターから目指すことが出来る仕事であり、特に女性の方は1つの正社員を目指す職業の候補になると思います。

 

その他の事務職

 

経理事務は後で説明するとして、一般事務以外の事務についてお話します。

○総務事務

○営業事務

○貿易事務

 

などありますね。どの事務職も事務処理がメインになりますが、貿易事務だと外国語を話せるほうが良いですね。さらに、営業事務は、営業担当の人のフォローをしてきます。特定の営業担当者のフローをしていく事もあります。

 

それぞれ特徴がありますが、基本は事務処理担当になるので、一般事務の知識があれば働き易いです。

 

経理事務は男性も活躍している

 

最後に経理事務ですが、これは男性も多く活躍していますね。

 

名前の通り、会社の経理を担当していく事になります。パソコンでも経理ソフトを使っての作業が多くなるので、簿記知識は必要ですね。もちろん、一般事務が行っている作業もしていく事が多いです。経理事務は、一番事務の中でも難易度が高いです。

 

簿記知識が必要ですし、オフィスソフトを使いこなせる事が大事です。会社の経理を担当する事になるので、やりがいは十分です。ただ、ちょっとしたミスが後で問題になるので、正確に作業が出来る人に向いていますね。

 

男性も活躍しているので、男性の方が経理事務を目指している場合も多いです。女性も当然目指すことが可能です。経理事務の場合は、簿記知識が必要なので、簿記検定や税理士の資格を目指すと、必要な知識を身に付ける事が可能です。

 

医療事務は事務職の1つ

 

さて、一般的な事務については既に上で説明した通りです。他にも特殊な事務があり、それが医療事務ですね。

 

医療事務は、医療に関わる事務処理をしていく事になり、主に医療施設の事務室での仕事が多くなります。一般事務と仕事はかぶりますが、医療事務独自の知識が必要になります。

 

つまり一般事務の経験者でも、医療事務の知識がなければ最初は苦戦します。ただ、医療事務の資格があり、この資格を取得すると必要な知識を身に付ける事が可能です。医療事務を目指している人はまずは資格の取得を目指す人も多いですね。医療施設は需要が高く、日本でも多くの働き場があります。医療事務は将来性もあり、安定して稼ぎたい人に向いていますね。

 

コールセンターも1つの事務職

 

さて、コールセンターも1つの事務職です。

 

仕事内容としては、電話対応がメインになります。多少パソコンを操作する事もありますが、電話の発信、受信が主な仕事であり、お客さんと会話する事が多いです。

電話の受信の場合は

サービスの問い合わせの対応

苦情勝利

電話の発信の場合は

サービスの紹介

宣伝

 

などがメインとなります。基本的にマニュアルが存在しており、そのマニュアル通りにお客さんと会話してい事になります。未経験者でも可能であり、需要も高いので、コールセンターを目指すのもお勧めです。

 

 

以上のように、さまざまな事務職についてお話してきました。今日は簡単にお話してきましたけど、フリーターが目指すことが出来る職業のメインです。人と話すのが好き、体力に自信がない、パソコンを操作するのが好きという方は、事務職が合っています。難しい仕事ではないですし、慣れてくるとスムーズに仕事が出来て充実します。ぜひ、フリーターの人には目指してほしい職業ですね。