飲食店のホールスタッフの仕事内容と目指し方

今日は、飲食店のホールスタッフの正社員の仕事内容と目指し方についてお話します。

フリーターから正社員になる事を考えた場合は、未経験者でも参入出来る飲食店は穴場と言って良いでしょう。ホールスタッフの場合は、難しい仕事も少ないですし、仕事内容も想像出来るので慣れやすいというプラス面もありますね。

 

気になる仕事内容

 

さて、正社員のホールスタッフの気になる仕事ないですが、

 

料理を運ぶ

注文を聞く

ご案内

会計処理

営業準備、片付け

 

などが主にあります。正社員と言いますが、仕事内容はけっこうアルバイトと被ります。例えば料理を運ぶ、注文を聞く、会計処理、ご案内というのはアルバイトでも行います。ただ、会計処理の場合は、正社員だけが行うというお店もあります。

 

また、正社員の場合は、朝早く来て開店準備をしたり、夜遅くまでお店に居て閉店準備をすることも多いです。ただ、お店によってローテーション制を採用している所もあります。

例えば朝11時から夜8時 昼2時から夜2時までのように従業員の負担を考えて、朝番や遅番のようにローテーションで回す所も多いです。正社員が多く在籍している場合は、このようにローテーションしやすく、体の負担が軽くなりますね。

もし、正社員の数が少ない場合は、開店から閉店まで働く事もあり、お店選びが重要ですね。少しでも負担を軽減するためには、勤務時間に注目しなければいけないです。

ホールの正社員は昇進することもあり、ホール主任や店長といったように役職に付ける可能性もあります。店長になると、従業員の指導やシフト管理、お店の売上管理など仕事が多くなります。その分、待遇が良くなりまとまった給料を確保出来ることになりますね。

店長からエリアマネージャーそして、本部出勤などさらに上へ目指す事も可能であり、ここまでくるとかなりの高待遇になります。大手チェーン店程、階級制度が複雑になっている事があり、目標が立てやすいですね。

小規模のお店の場合は、ずっと平社員という事もあり、平社員の次が店長のように階級も少ない傾向があります。上を目指したいのであれば、やはり大手チェーン店を目指すのが理想ですね。ただ、大手チェーン店の場合は、転勤もそれなりに多くなります。特に全国チェーンの場合は、県外の転勤もある事が多く、転勤についても考える必要があります。

転勤が嫌な人は、なるべく県内だけに展開しているチェーン店を選びます。例え転勤があっても、すべて県内なので楽です。

 

このように、ざっくり飲食店のホール正社員の仕事についてお話しました。アルバイトでホール店員として働いた事がある人は、正社員になっても今までのように仕事をしていけば良いです。

 

飲食店の待遇

 

次は、簡単に飲食店の待遇についてお話します。

これは、規模によって大きな差があります。

まず、大手チェーン店は、待遇が良い事が多いです。ボーナスもあったり、有給休暇や特別手当、週休2日制など待遇面で優れていますね。大手チェーン店は、売上が大きいのでその分従業員にも還元出来るという事です。

 

待遇だけを目指すのであれば、大手チェーン店がお勧めです。

 

次に中小規模のお店は、大手よりも待遇面で劣りますが、それでも正社員でも月収20万円近くはある所が多いです。実績を上げていけば、昇進や昇給して30万円近くもらえる可能性もあり、お店によっては高待遇も狙えます。

最後の小規模のお店ですが、売上が少ないので従業員の給料も高いとは言えないです。ただ、お客さんの数が少ないので、忙しい時間帯は短いです。さらに、店舗数も少なく転勤も楽です。

大まかにお話しましたけど、実際はお店によって待遇を大きく違います。飲食店のホールスタッフで長く勤務したい場合は、待遇や勤務時間などをしっかりと見て、すべてにおいて満足出来るお店を選択します。

また、経営が安定しているという点も重要なので、正社員の求人選びを慎重に行います。

 

飲食店のホールの正社員の目指し方

 

では、飲食店の正社員をどのように目指していけば良いかですが、

一番お勧めなのが、アルバイトから正社員昇進する事です。なぜかというと

お店の状況を確認して正社員を目指す事が出来る

スムーズに仕事が出来る

この2点ですね。

 

いきなり正社員だと、もしあなたが働きにくいお店を選んでしまった場合は、やっぱり他のお店にすれば良かったと思います。それではせっかく正社員として入社したのにがっかりしますよね。正社員はなたのこれからの人生を大きく左右するので、自分が満足出来る所で働く働く必要があります。

 

そこで、まずはアルバイトとして勤務して、待遇面や働きやすさなどを確認した上で、長く働ける場合は正社員を目指します。

 

また、アルバイトで飲食店のホールスタッフを経験すると、仕事の流れを理解出来ます。正社員になっても戸惑うことなく仕事が出来るので、気分的に楽ですね。

 

このように、いきなり正社員の求人に応募するのではなくて、アルバイトから正社員という目指し方がお勧めです。

もちろん、いきなり正社員を目指す事も可能です。その場合は、お店をリサーチして、待遇や経営などを調べてから求人に応募するのが理想です。

 

まとめ

飲食手のホールスタッフは接客がメイン

待遇は大手チェーン店の方が高め

アルバイトから正社員を目指す

飲食店の正社員になるために必要な事は?しっかり理解しておこう

フリーターから飲食店の正社員になる事は決して難しい事ではないです。

むしろ、職歴がない状態で就職するべきなのは飲食店と言えますね。では、飲食店の正社員になるためにはどうすれば良いのか?何か準備しなければいけない事があるのかなどお話します。

 

今から、お話する事を理解すれば、正社員として活躍出来る可能性は高いです。

 

ホール業務か調理業務どちらで働くか選ぶ

benscherjon

 

飲食店で働く時には、ホール業務か調理業務かを選ぶ必要があります。小規模の飲食店であれば、どちらもしなければいけないと思いますが、中規模、大規模の飲食店では基本的にホールと調理は別れています。

 

ホール業務は特別な技術は必要ないですが、調理業務は調理の知識と技術は必要です。

 

どちらを選べば良いですが、まずは自分がどちらの方が向いているのかが大事です。興味がある方を選択した方が良いでしょう。人と会話するのが好きという人はホール業務が向いています。調理が好きという人は調理業務が向いています。

ただ、いきなり正社員を目指すとなると、ホールの方がお勧めです。なぜかというと、調理は技術力が必要になるので、いきなり正社員の求人に応募しても採用されない可能性が高いです。求人にも調理経験者などの記載がある所は多いですからね。つまり、いきなり正社員を目指す事が出来るのはホールです。

 

ホール業務は、接客がメインであり、未経験者でも研修期間で仕事を覚える事は可能です。ホール業務は学生でもしっかりと出来る人も多いですから、仕事自体は難しくはないです。

 

調理業務を目指す場合には、2つの方法があります。

アルバイトから始める

調理技術を習う

 

飲食店はアルバイトも多く募集しており、調理アルバイトも募集しています。アルバイトの場合は、別に調理経験や技術がなくても採用されます。実際に私も調理業務のアルバイトをしたことがありますが、未経験でも採用されました。

 

アルバイトは洗い物や調理の補佐、盛り付けなど未経験者でも出来るものから挑戦していきます。いきなりばんばん調理を作るという事はないです。調理補佐がメインなので未経験者でも採用しています。アルバイトで少しずつ調理の知識と技術を覚えて、ステップアップしていきます。料理長にもっと仕事を覚えたいといえば仕事を与えてくれるので、アルバイトでも数年ぐらいでそれなりの調理技術を身に付ける事は可能です。

 

仕事に慣れてきて、ある程度の技術を習得出来たら正社員になりたい意思を伝えます。そのまま正社員になれる可能性があります。もし、今の職場で正社員になれない場合は、調理師の正社員の求人に応募します。アルバイトでも調理経験が1年以上あれば正社員に採用される可能性は十分あります。

 

次に、調理の専門学校に行って本格的に勉強してから調理の正社員を目指す方法です。専門学校では、基礎から学ぶ事が出来て、卒業するころには即戦力として活躍出来るだけの知識と技術を習得出来ている可能性があり、調理の正社員の求人に採用されやすいです。採用する側も調理の学校を卒業している人であれば、安心して採用出来ます。

 

このように飲食店で働く場合は、ホールと調理があります。調理の方が難易度は高いですが、未経験者でも目指す事が出来るので、じっくり考えてくださいね。

 

専門学校に行くなら早めに決断

 

調理師を目指すために、専門学校に行く場合は、早めに決断しましょう。

 

調理の専門学校は1年から2年制の事が多いです。2年制の方が多くの事を学ぶ事が出来るので、出来れば2年制に進学します。卒業するまでに2年かかるので、就職するのは3年目になります。

 

また、すぐに進学出来るわけではなくて、秋ぐらいに書類を提出して、春に入学という形になるので、それも覚えておく必要があります。

 

このように多少就職するまでに時間が必要になるので、早めに進学を考える必要があります。専門学校に進学しなくても調理師として活躍出来ますが、未経験の場合は専門学校に進学した方が近道と言えますね。

 

飲食店の待遇は?

 

気になるのが飲食店の待遇ですね。

お店によって違いますが、初任給は15万円から20万円の事が多いですね。

調理長クラスになると、30万円以上稼いでいる人も多いです。福利厚生の内容は飲食店によって違います。

 

正社員としての安定感がほしいのであれば、大手飲食店がお勧めです。大手は待遇が良い事が多く、昇進や昇給制度も充実しているので、努力次第では店長以上も狙う事が出来ます。

 

飲食店の待遇はお店によって、かなり開きがあるので一概には言えませんね。

 

ホールスタッフがお勧め

 

飲食店の正社員を目指す時にはホールスタッフがお勧めです。

その理由ですが

未経験者でも可能

店長になれる可能性がある

仕事が難しくない

 

この3点です。特に多くの人がいきなり正社員を目指す事が出来るのが良い点ですね。後は、チェーン店だと店長クラスに昇進出来るチャンスもあります。店長以上だとマネージャーなどもあるので、上を見つめていきたい人にとってはやりがいがある仕事でしょう。

 

仕事自体は難しくはないです。ただ、メニューを覚えたり、お客さんに料理について説明しなければいけない時もあります。

 

メニューが多いお店だと覚えるのが大変ですね。後は、ゴールデンタイムはかなり忙しいのでスムーズに仕事をしていく必要があります。どんな仕事でも大変なことがあります。フリーターから正社員を目指しやすい職業なので、今回はお勧めという形で紹介しました。

 

まとめ

ホールか調理か選ぶ必要がある

調理を目指すのであれば専門学校に進学しよう

ホールがスタッフがお勧め

フリーターからサービス業を目指す

フリーターから目指す事が出来る職業は多く存在します。

 

既に、紹介している医師や看護師、ドライバー、事務、介護など多岐にわたります。

もちろん、これだけではなくてサービス業も目指す事が可能です。そこで、フリーターからサービス業を目指す事についてお話します。

 

サービス業は多く存在する

 

サービス業と一言に行っても、種類が多いですよね。

飲食業、マッサージ、ゲームセンターなどさまざまです。何かを提供するというのがサービス業ですね。

 

特に注目しておきたいのが、娯楽施設だったり、飲食店ですね。飲食店は、全国各地に多く存在します。大手企業が運営するお店も多いですよね。

 

身近にあるのがガストです。スカイラークグループが経営しているチャーン店です。スカイラークは大手企業で、ガスと以外にも多くの飲食店を出店しています。私もこのグループで働いた経験がありますが、飲食店にしては待遇が良かったです。正社員となると転勤などがありますが、待遇を考えれば十分だと言えるでしょう。

 

飲食店は、個人店から大手までさまざまですが、待遇を意識しなければいけないです。正社員として長く勤務するためには、待遇の良さが大事です。飲食店の中には、待遇が乏しいお店もあります。例えば、月収が20万円以下やボーナスがない、社会保険が完備されていないなどもあります。

手厚い福利厚生がなかったり、給料が少ないと将来が不安になりますね。ただ、飲食店でも待遇が優れている所もあります。

 

特に大手企業の中には、待遇が良くて、福利厚生が充実している所も多いです。さらに、店舗責任者に昇進出来たり、上手く行けば本部勤務やマネージャーなどに昇進出来たりと将来性もあります。飲食店は、今後も需要が高いですし、大手だと安心出来ますね。

 

飲食店の勤務は特別な資格は必要ないです。調理担当するにしても、別に調理師免許を取得しなくても大丈夫です。まあ、取得した方が良いですが。

 

フリーターからは目指しやすい業界と言えますね。ただ、体力は必要です。朝から夜遅くまで勤務する事もあります。労働時間は8時間から12時間とお店によってまったく違います。勤務時間も意識しながら求人を探すのが良いですね。

 

サービス業の主な仕事

 

サービス業は主に飲食店、マッサージ、娯楽店がありますね。

飲食店

ホール業務とキッチン業務に分かれている事が多いです。

ホール業務の場合は、接客がメインであり、会計、料理を持っていく、注文を取るのが主な仕事です。正社員の場合は、アルバイトの育成もあります。また、リーダーとして、アルバイトに指示を出したりなど効率的にお店が回るようにします。

 

次にキッチン業務ですが、こちらは調理を作る事がメインです。料理が得意、好きというのが大前提ですね。

調理技術が必要であり、いきなり正社員というのはお勧め出来ないです。調理専門学校に行ったり、アルバイトで知識と技術を積んでから正社員を目指すというのが理想ですね。いきなり正社員だと、何をしていいのか分からないですし、未熟な状態では仕事が出来ないです。怒られながら仕事をする事が多くなり、精神的に厳しいです。

マッサージ

マッサージ専門店でマッサージをしていきます。

マッサージ店にアルバイトとして勤務して、正社員を目指す方法もありますし、マッサージの専門学校に行って知識と技術を学んでから働く事も出来ます。

 

娯楽施設

 

こちらも接客メインです。

ゲームセンターですと、機械の不具合などを直したり、お客さんにゲームのアドバイスをしたりなどします。また、お客さんが快適にゲーム出来るようにします。

 

別にゲームセンターだけでなくて、カラオケやボーリング場もあり自分が興味がある所で働くのがお勧めです。

 

お勧めなのがカラオケ店です。大手企業も参入しており、長い間人気があります。今後もカラオケは人気が継続すると思いますし、需要が高く安定感抜群です。ネットカフェも需要が高く、人気がありますね。

 

サービス業で必要な事

 

サービス業は、基本的に資格などは必要ないです。

また、未経験者も参入しやすく、今まで正社員の経験がない人にとってもお勧めの業界です。

 

では、サービス業で必要になるのは何かというと

接客スキル

笑顔

コミュニケーション

この3つですね。笑顔で、お客さんをお迎えするというのが基本です。接客スキルと書いていますけど、より丁寧に対応する接遇スキルも身に付けておいた方が良いでしょう。

 

人と会話する事が好き、多くの人に楽しんでもらいたい人にはサービス業はお勧めです。

ただ、調理だけは専門技術が必要になります。

 

サービス業の場合は、アルバイトから正社員に昇進する事も多いですね。アルバイトで勤務して働きやすい、今後も長くこの業界で活躍したい人は正社員に昇進しています。接客スキルを身に付ければ、どのサービス業でも出来ます。資格とるのが難しい、自分が何をしたいのかなかなか決められないという人は、ぜひサービス業を目指してほしいです。

 

まとめ

サービス業を種類が多い

飲食業、ボーリング、カラオケなどさまざま

サービス業で必要なスキルを身に付ける