採用されるためには書類選考が重要

正社員の採用試験で最も重要になるのは「面接」です。しかし、企業によっては、採用試験を段階的に行っている事がありますね。

 

例えば、第一次試験が書類選考、第二次試験が面接

というように、分けて行っている事があります。書類選考を突破した人のみ、面接が受けられる仕組みです。このように、段階的にしていく事によって、採用担当者の負担が軽くなるので、応募者数が多い会社では、段階的な採用試験を採用しています。

 

書類選考を突破する

mohamed_hassan /

 

採用試験で、まず重要になるのが書類選考です。履歴書と職務経歴書を会社に郵送して、合否を待つ事になります。もし、合格出来れば、面接日を伝えられる事になります。

 

いきなり、面接から始まる企業もありますが、まずは書類選考を行う会社も多いので、書類選考をどのようにして突破していけば良いのか考える必要があります。では、書類選考で何を見ていくのかというと、まずは今までの経歴ですね。

 

学歴と職歴を見ます。学歴を見る事によって大まかなあなたの学力が分かります。また、職歴を見る事によって、今までどのような仕事を経験したのかを把握出来ます。中途採用では、経験が1つのポイントになるので、経歴を見て経験があるのか見ます。

この2つに関しては、どうにかなる問題ではないですよね。今すぐに正社員になりたい場合は、今の学歴と職歴で勝負するしかないです。もし、時間に余裕があるのであれば、専門学校に通ったり、自分が目指している分野に関係がある企業で非正規社員として働くのは良い案です。

 

高卒であれば、専門学校を卒業した方が学歴は良くなりますし、同じ分野の経験があれば採用に近づきます。しかし、時間がない場合は、どうすることも出来ないので、他の部分でカバーしていきます。

 

そして、次に見るのが、資格であったり、志望動機ですね。資格は何回も言っていますけど、なるべく取得しておいた方が良いです。特に学歴と職歴が乏しい場合は、資格でカバーする必要があります。学歴と職歴が乏しく、さらに資格がないとかなりマイナス評価になるので、正社員の採用試験になかなか受からないパターンも多くなりそうです。

 

また、志望動機を見る事によって、あなたのやる気や意気込みを見ていきます。また、人と違うような志望動機だと採用担当者の目に止まることもあります。志望動機を重点的に見ていく会社も多いので、志望動機はじっくり考えた方が良さそうです。

また、字がきれいなのか、証明社員の映りが良いのかも見ます。履歴書の字が汚かったり、バランスが悪いとあまり良くないですよね。さらに、証明写真は、基本的にスーツです。なるべくしわがないスーツを着用して、さらに写真屋さんで撮ってもらう事が大事です。

 

このように、書類選考では、多くの事を見ていきます。突破するためには、出来る限りマイナス間円を作らないという事ですね。特に中途採用となると、採用枠が1つや2つが多くいです。応募者が数十人ぐらい集まることもあるので、競争率が高いです。この中で、採用担当者から高評価をもらう必要があるので、簡単ではないという事が大事でしょう。書類選考がなかなか受からない人も多いので、鬼門と言えますね。

 

書類選考が受からない場合

 

さて、書類選考に何度も応募したけど、まったく受からない人もいます。

そのような場合は、自分の書類を確認して、どのようなマイナス面があるのかを考える必要があります。多くの会社から不採用をもらうという事は、やはりマイナス面が複数存在している可能性があります。このマイナス面を改善しなければ、どこの会社に応募しても不採用に連続になる可能性が高いです。

 

良くあるのが、アピールポイントが少ない履歴書の聞き方が悪いという事です。

 

まず、アピールポイントが少なければ採用担当者の目に止まらないです。職歴と資格どちらかは高評価をもらえるように準備します。職歴は基本的には、正社員の経歴のみ記載しますけど、目指している分野に関係がある場合は、アルバイトや派遣の経歴も記載します。

 

例えば事務を目指す場合は、非正規社員で事務の経験がある場合はその皆を記載します。

 

また、志望動機も重要です。ありきたりな志望動機ではなくて、採用担当者に高評価をもらえるような志望動機を書く事が必要ですね。

 

書き方に関しては、ブロック体で綺麗に書きましょう。また、文字と文字のバランスを意識して、誰が見ても綺麗だと思われるような履歴書に仕上げる事が必要ですね。

 

いきなり面接試験の所に応募する

 

どうしても、書類選考が通らない人は、いきなり面接試験から始まる会社に応募するのが良いです。

 

中途採用の場合は、いきなり面接試験から始まる所も多いと思うので、別に難しくない事です。面接試験ですと、アピール出来る部分が多くなります。いくら経験がなくても、面接試験の出来が良ければ、採用される事は珍しくないです。

 

人と会話する事が好き、自分の言いたい事をうまく伝える事が出来る人にとって、面接は上手く行く可能性があります。

 

まとめ

書類選考はさまざまな事を見られる

書類選考を突破出来ない人は、自分の書類を確認する

いきなり面接試験から始まる会社に応募する

資格は独学で取得出来るのか?





フリーターから就職するためには、資格の取得は必須とも言えます。

特に未経験の分野に足を踏み入れる場合は、経験をアピール出来ないので、評価が高くなる資格を取得しておく準備をしていきます。

そこで、独学で資格は取得出来るのか?についてお話します。

 

独学で取得出来る資格も多くある

 

さて、資格の勉強をする時には、独学でも可能かという事ですが、実際には可能です。

独学とは、自分で書店で参考書を購入して家で学習するスタイルです。今は、多くの資格の場合は参考書と問題集が販売しているので独学でも勉強しやすいようになっています。

例えば日商簿記検定は3級から1級まで多くの参考書がありますよね。知名度が高い物ほど、参考書は多いと思います。日商簿記検定は2級までは独学で取得している人も多く、私もその一人でした。

 

実際に日商簿記検定に合格したので、2級までなら独学で取得出来るという事です。私は、経理専門ではないので、それでも独学で合格出来ました。まあ、数学は多少得意でしたけど、参考書は内容が濃く、詳しく記載しているので分かりやすかったです。

 

このように、独学でも十分合格は可能です。しかし、すべての資格が独学で大丈夫かというとそうではないです。特に国家資格や民間資格でも1級レベルになってくると独学では対処しにくいです。

 

国家資格には税理士の資格がありますが、超難問です。独学だけで合格しようと思えば最悪5年ぐらい必要になります。ただ、通学や通信講座などを利用すると、早く合格出来る可能性があります。このように、資格によってはスクールや通信講座を利用する方が合格出来る可能性は高まります。自分の資格がどれぐらいの難易度かというのが一番大事です。

 

独学で勉強する時のポイント

 

では、独学で勉強する時にポイントですが

参考書、問題集の購入

モチベーションを上げる

 

この2つです。

まず、独学は参考書と問題集が生命線になります。ここで合格の半分以上は決まると思います。参考書もそれぞれ質が違いますし、なるべく分かりやすく内容が濃いものを選択します。内容が濃くても分かりにくいものだと勉強出来ないですし、分かりやすくても内容が薄いと試験範囲をカバーする事が出来ないです。

 

分かりやすく内容が濃いものを選択する事は必須条件です。

さらに、公式のテキストは必ず購入します。公式のテキストが試験の基礎となります。これを理解出来ていなければ合格出来ないでしょう。公式のテキストで足りない部分を他の参考書でカバーするという感じです。

 

参考書は、このように考えながら選ぶ必要があります。なんでもかんでも購入しても、どの参考書をメインに勉強していけば良いのか分からなくなり、勉強がはかどらないです。参考書が多すぎてもダメなので、なるべく5つまでにしておきます。公式テキスト+補助の参考書という事を覚えておきます。

また、問題集はなるべく多く購入します。試験範囲は広い事が多く、幅広い問題に対応しなければいけないです。特に国家資格は難関の物が多いので、問題を多く解いて試験の内容を熟知していく必要があります。当然、過去問題は何度も解いて完璧に理解しましょう。

 

また、独学と言う事は自分一人で勉強をするのが基本です。そこで大事なのはモチベーションです。独学だと、ついつい遊んでしまったり、勉強がはかどらなくなります。それでは、合格出来ないです。自分がなぜ資格を取得したいのかを明確にして、やる気を出す事が必要です。

 

自分が興味がある資格だとモチベーション高く勉強することが出来ないので、あまり興味がない資格を取得しようと考えない方が良いです。

 

目標を決める

 

独学は計画的に勉強する必要があります。

そこで、目標を立てます。

例えば3か月後には問題集で5割の正解を目指すというように、目標を立てることによって、どれぐらいのペースで勉強していけば良いのか分かります。

 

目標がなければだらだらと勉強してしまい、合格に達するのが難しいです。小まめに目標を立てて、確実にクリアしていくようにします。

 

もちろん、試験の1か月前には合格レベルに達することが必要なので、目標をしっかりと考えます。

 

難易度が高い資格の場合は、数年間の計画プランも大事です。二年後には合格するというように、長期計画を立てます。

二年後に合格を目指す場合は、一年目は当然合格レベルに達することが出来ないです。しかし、合格レベルに達していなくても本番の試験は受けた方が良いでしょう。年に1回は試験を行っている物が多いので、自分がどれぐらいのレベルなのかを把握出来ます。また、試験本番の空気を感じることも大事です。

 

家で模擬テストを行う時とはまた違った雰囲気になるので、合格の可能性が低い場合でも試験を受ける事は価値がある事です。独学は大変ですけど、十分可能です。ただ、難関資格はスクールや通信講座を活用しましょう。

 




まとめ

独学でも合格できる資格は多数存在する

参考書選びは重要

目標を立てて合格を目指す

正社員の採用試験で一番重要なものは何?

明けまして、おめでとうございます。

 

さて、2019年になりました。今年もブログ更新をしっかり行って、価値ある一年にしていきたいと思います。どうぞ今年もよろしくお願いします。

 

さて、今年のブログ1段目は正社員の採用試験についてお話します。

 

正社員で一番重要なものは?

 

さて、正社員の採用試験を受ける時には、どの試験が一番採用で重視されるのかを理解しておく必要があります。採用に近づくためには、重要度が高い試験で高評価をもらう必要があります。

重要度が低い、試験で高評価ををもらっても、重要度が高い試験で高評価をもらう事ができなければ不採用になります。

もちろん、すべての試験で高評価をもらう事を目指しますが、なかなか難しいですよね。そこで、少なくとも重要度が高い試験で高評価をもらえるように準備していきます。

 

では、どの試験が重要になるのか?

 

面接ですか?面接はかなり重要度が高い試験です。しかし、一番重要といえば実はそうではないです。

 

では、一番重要なのは何か?

 

答えは、「書類選考」です。つまり、履歴書と職務経歴書ですね。

 

正社員の採用試験の場合は、いきなり面接試験から始まる企業もありますが、書類選考から始める所も多いです。

 

まずは、書類選考をして、合格者のみ面接試験をしていくという感じですね。つまり、書類選考で高評価をもらえなければ面接にたどり着けないこともあります。このように、書類選考が実は一番重要と言えますね。

 

書類選考で見るのは、字の綺麗さや写真映り、字のバランスなどさまざまです。

ただ、特に注目するのが今までの経歴と志望動機ですね。後は資格です。

今まで正社員の経験がある人は、履歴書と職務経歴書にしっかりとその経験を記載しましょう。また、アルバイトの経歴は基本的には記載しなくても良いです。しかし、これから応募する企業に関係があるアルバイトに関しては記載しましょう。

 

事務の正社員を目指す場合は、事務のアルバイト経験がある場合は記載するといった感じです。また、志望動機もしっかりとチェックします。なるべくインパクトがある志望動機をしていきましょう。

このように、書類選考をパスしなければ面接に辿り付けないことも多いので、書類選考から気合を入れていきます。

 

面接は次に重要になる

 

さて、面接試験は次に重要になります。

書類選考をパスする事が出来れば、この面接で合否が決定するといっても過言ではないです。

 

面接試験に辿りつけたという事は、企業側もあなたに興味を持っている証拠です。つまり、経歴や資格など細かい部分はクリア出来ている可能性が高いです。後は人物試験でどれだけアピール出来るかです。

 

面接で重要になるのは

ビジネスマナー

受け答えの仕方

答える内容

この3つですね。ビジネスマナーは敬語や礼の仕方、座り方などが重要です。さらに、さまざまな質問をされるので、なるべく高評価をもらえるような答え方をしていきます。

もちろん、嘘はダメです。嘘をつくと後でばれる可能性があります。もちろん、答える時は相手の目を見て、敬語で話しましょう。

 

面接で高評価をもらうと多くの場合は採用されます。ただ、面接のできが良い応募者も他にも多く存在するので、僅差の勝負になります。ミスが内容に、面接対策をしっかり行う事が大事です。

 

技術職の場合は実技試験も重要

 

さて、採用試験においては、実技試験が行われることがあります。

 

これは、技術職に限りますが、もし、実技試験のできが悪ければ十分な技術が備わっていないという事でかなり致命的なマイナスになります。書類選考、面接のできが良くてもこの実技試験で低評価だとせっかくここまで来たのにもったいないです。

 

技術職を目指す人は、実技試験に対応できるようにしておきます。

 

他にも筆記試験や適性検査などが行われることがあります。

 

このように、重要度についてお話しました。まずは、重要度が高いものから対策をして、採用につかづけるようにします。

おさらいをすると

 

書類選考>面接>実技試験>筆記試験>適性検査

になります。

 

特に書類選考と面接は重要度が高いので、この2つから対策をしていきましょう。

 

まとめ

書類選考は重要度が高い

面接では高評価をもらう

実技試験も何気に大事