事務職に有利な資格② MOS(マイクロオフィススペシャリスト)

スポンサーリンク

事務職に有利な資格には、複数存在しますがその1つが

MOS(マイクロオフィススペシャリスト)です。この資格は、オフィスソフトのスキルを証明出来るものであり、事務職を目指すのであればぜひ取得しておきたいものです。

 

エクセルやワードなどのスキルを証明するものです。

 

スポンサーリンク

MOSで証明出来るスキル

 

NOSで証明出来る資格についてお話します。

先ほども言ったようにオフィスソフトのスキルを証明するものであり

ワード

エクセル

パワーポイント

アクセス

アウトルック

 

以上の5つを証明する事が出来ます。ワードは文章能力であり、エクセルは表計算ですね。

 

では残りの3つは何?と思っている方もいらっしゃると思います。

そこで簡単にまとめると

ワード            文章作成ソフト

エクセル           表計算ソフト

パワーポイント       プレゼンテーションソフト

アクセス           データベース管理ソフト

アウトルック         電子メール、情報管理ソフト

 

となります。5つありますが、事務を目指す場合はワードとエクセルだけでOKです。パワーポイントも出来れば取得しておきたいですが、事務の場合は無理に取得する必要はないです。

事務職は、ワードとエクセルが非常に重要なのでこの2つを取得していきましょう。

 

MOSの試験の種類

 

MOSは上記の5つの関してのテストが行われます。

 

もちろん、ワードだけ取得することも可能なので、事務の場合はワードとエクセルの取得を目指します。ここで注目しておきたいのが主に2つの階級がある事です。

スペシャリストレベル

エキスパートレベル

があります。エキスパートレベルは上級者なので、まずはスペシャリストを目指します。スペシャリストを取得する事が出来れば次はエキスパートですね。ただ、一般事務の場合は、スペシャリストを取得しておけば大丈夫です。

 

 

また、それぞれのソフトにはバージョンがあります。

例えばワードだと

・ワード2016

・ワード2013

・ワード2010

があります。他の4つに関しても、2016・2013・2010バージョンがあり、どれを受験するのかを考える必要があります。

会社によってどのバージョンを利用しているのか分からないですが、おそらくほとんどの会社が既に2013か2016バージョンを利用していると思います。つまり、この2つを取得します。優先するのは2016バージョンです。どんどんバージョンも新しくなっているので、なるべく新しいバージョンのスキルを習得する事が大事です。

 

ワードとエクセルの出題内容ですが

ワード

スペシャリスト

文字サイズやフォントの変更や票の作成編集、作成した文章の印刷などワードの基本操作

エキスパート

スタイル機能や目次、アプリケーションからのデータ取り込みなど高度なワードスキル

エクセル

スペシャリスト

数式や基本的な関数の作成、セルの書式設定やグラフ作成

エキスパート

ピボットデーブルなどのデータ分析、条件付き書式や入力規則の設定、マクロの作成や編集

テキストも販売しているので、スペシャリストレベルだと独学でも可能です。まずはパソコンを購入する必要があり、パソコンを準備できたらMOSのテキストを活用して勉強しましょう。

 

MOSの詳細

 

MOSは、全国一斉試験と随時試験の2つがあります。

全国一斉試験は毎月1回~2回あり、随時試験は試験会場によて違います。

 

詳しい情報については、MOSの公式ホームページで確認します。

 

MOSを取得するメリット

 

さて、MOSについて説明してきましたけど、取得するメリットはいくつかります。

 

就職・転職に有利

オフィスソフトのスキルが上がる

この2つがメリットです。

 

パソコンを利用する仕事をする人にとって、この資格は実用性が高く、ぜひ取得しておきたいものです。日本だけでなくて世界でも知名度が高いので、知名度は抜群です。試験回数も多いので、スペシャリストであれば数か月ぐらいで取得出来るのでぜひ挑戦してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました