事務職は経験が一番有利

事務を目指す女性は多いです。

特に安定して収入を得たいという人は、正社員として勤務するのがベストです。正社員の事務の給料は月収20万円前後が多いですが、アルバイトや派遣と比較するとやはり正社員は待遇が良いです。

 

そこで、今回は経験についてお話します。

 

事務職は経験があるとかなり有利

 

事務職になるためには、特別な資格は必要ないです。しかし、日商簿記検定や秘書検定など事務職で活かす事が出来る資格を取得した方が就職に有利です。

しかし、資格よりも有利になるものがありそれが「経験」です。

事務の経験がある人は、別に資格を取得していなくても採用される可能性は高まってきます。また、資格を取得している未経験の人よりも経験がある人の方が有利になるため、経験があるだけで採用されやすい状況になります。

 

特に正社員の場合は、経験が一番重視されるので、事務の経験があればスムーズに転職する事が可能です。ただ、新卒の場合は、当然事務の経験値はほとんどない、ないという人が多いので、新卒の就職では経験はほとんど気にしなくても大丈夫です。

 

気になるのは、中途採用の場合です。もちろん、経験がなくても正社員の事務に採用される可能性は十分ありますが、応募者に経験者が多数いるとかなり苦戦して、不採用が続く可能性があるので、何かしらの対策を考えなければいけないです。

 

事務未経験の人が正社員に採用されるためには

 

事務未経験の人が、正社員の中途採用に採用されるためには主に3つの方法があります。

事務に有利な専門学校に進学

資格を取得する

非正規社員で経験を積む

 

この3つですね。

 

専門学校の中には、事務を目指す事が出来る学校もあります。その場合は、就職情報の所に事務職に就職出来た先輩が多いですし、学校の資料を見れば事務として活躍出来る事をアピールしているので事務を目指す事が出来る専門学校を探す事は簡単です。

 

専門学校に進学することによって、新卒扱いで就職活動に挑むことが出来て、さらに学校側がフォローしてくれます。専門学校にも求人は多数届くので、専門学校に進学するとかなり有利です。大学という選択もありますが、大学は4年間通う必要があり、大学入試のレベルも高いので専門学校の方が早く事務の正社員に就職する事が出来ます。

 

また、経験には勝てませんが資格を取得して正社員を目指す方法もあります。この場合は、少しでも知名度が高く、難易度が高い資格を取得します。

主にあるのが

日商簿記検定2級以上

秘書検定準1級以上

ビジネス実務検定1級

MOS

などがありますね。MOSもエキスパートを目指します。

 

資格は、1つだけでなくて複数取得します。複数の資格を取得する事によって、アピール出来るスキルが多くなり、高い評価をもらう事が出来ます。経験よりも高い評価をもらう事は難しいですが、正社員に採用されるチャンスが膨らむので、粘り強く就職転職活動していく事が必要です。

 

最後の方法としてあるのが、非正規社員として事務の経験を積む事です。

先ほど言った通り、事務は経験が重視されます。これは、アルバイトや派遣でも同じ事が言えます。しかし、非正規社員の場合は、採用される難易度が下がります。つまり、経験がない人でも十分採用されます。

 

資格を取得しておけばさらにOKですね。非正規社員の募集には、未経験者OKや未経験者歓迎という求人もあり、応募資格にもオフィスソフト初級レベルと記載している事が多いので、正社員よりもかなり採用される可能性は高いです。

 

非正規社員で経験を積むと、その経験を正社員の面接でアピールする事が出来るので、最終的に正社員として働ける可能性が高いです。また、アルバイトだと勤務時間も4時間から6時間ぐらいの所が多いので、事務の仕事に慣れるという意味でもまずは非正規社員で働くのが理想ですね。

 

正社員でないとダメという人以外は、中途採用の場合はまずはアルバイトや派遣の事務に挑戦しましょう。

派遣の場合は、派遣会社の登録の時に、簡単なタイピングテストやオフィスソフトテストがある事が多いですよね。この時にテストで高得点を取る事が出来れば、派遣会社から事務の求人を紹介してくれたり、派遣の事務の求人に応募した時に派遣会社が上手くフォローしてくれたりと派遣の事務として働ける可能性が高くなります。

どれが一番ベストな選択かは、やはり個人差があります。若くて学校に行く事が出来る資金があれば専門学校がおすすめですし、早く正社員として働きたい場合は資格や非正規社員として事務を目指すのがおすすめでしょう。

 

経験は長い方が有利

 

さて、正社員の事務の採用試験では、経験が有利ですがここで大事なのが経験した期間ですね。

経験があるといっても、1年と3年とでは当然3年経験している人の方が有利です。つまり、どれだけ長く事務職の経験があるかが重要なので、事務の経験期間が長くなってから、新しい事務の求人に応募するのがおすすめです。

 

また、アルバイトや派遣で事務の経験を積む時も出来る限り1年以上は同じ職場で働いて経験値を上げておく必要があるでしょう。

 

経験が1年未満だとあまり高く評価されない可能性があります。事務として働く事になったら例え何かしらの部分で不満があっても頑張って長く勤務していくと、将来転職しやすくなるので経験値を積む時には、期間を意識しましょう。

 

まとめ

・正社員の事務は経験が重要

・経験がない場合の選択は3つ

・経験は長ければ有利

事務職に有利な資格③ ビジネスマナー検定

今日は事務職に有利な資格第3弾になります。

 

今日紹介するのは、「ビジネスマナー検定」です。聞いた人もいるかと思いますが、ビジネスで約に立つ知識を身につける事が出来る検定なので取得しておいて損はないでしょう。

面接の時にも役に立つので、オフィス系の仕事を目指す人は出来れば早い段階で取得するのが望ましいです。

 

ビジネスマナー検定の概要

まず、よくビジネスマナー検定と言われていますが、正式には「ビジネス実務検定」と言います。

まあ、そこまで意識する必要はないですが覚えておきましょう。

また、何の検定かというと

ビジネスマンに必要な判断・行動が適切に出来るのかどうか、人間関係やマナー・話し方などを理解しているのかどうかという問題が出題されます

つまり、この検定に合格すればビジネスマナーが身に付けているという事ですね。どれも就職した時に必要な事なので、将来自分のプラスになる事は間違いないでしゅう。

 

常識な問題が出題されますが、意外と皆さん理解していないこともあります。例えば敬語を正しく話す事が出来る人は多くはないですね。正しく話しているつもりでも文末がおかしかったり、正しい日本語を使えていない人は多いです。

また、謙譲語や尊敬語が混ざった話し方をしている人もいます。間違った認識をしていると就職した後に恥をかくなのでもう一度復習する意味でも、一度ビジネス実務検定を受けてみるのが良いです。

 

ビジネス実務検定の受験について

 

ビジネス実務検定は1級~3級あります。もちろん、1級の方が難易度が高いので出来る限り1級を目指すのが理想です。

 

第57回

試験日      平成31年6月23日(日曜日)

試験時間    1級    12:00~14:30

2級    14:50~17:00

3級    12:00~14:00

 

試験料     1級    6500円

2級    4100円

3級    2800円

 

また、1級は面接試験もあり、筆記試験はすべて記述式です

そして2級と3級は筆記試験と記述式です

合格基準

筆記試験は、理論と実技に分かれています。

それぞれの得点が60%以上で合格となるので、どちらかが点数が悪ければ不合格となるので理論と実技どちらも勉強する必要があります

 

試験の難易度

試験の難易度は1級の場合は、筆記試験がすべて記述式で、さらに面接試験があるので2級と3級と比較しても難易度はかなり高くなっています。

 

つまり、いきなり1級を受験するのが難しいので、まずは3級または2級を受けて合格してから1急にステップアップするのが理想です。

 

テキストや問題集も多く販売しているので、勉強しやすい検定ですね。1級はたしかに難易度は高いですが、独学でも十分可能です。ちなみに1級の合格者は40%~50%となっており、合格率自体は低くないです。

また、2級と3級は平均的に合格率が60%ぐらいなので、こちらも合格率自体は高いです。ただ、半分ぐらいの人は落ちているので、油断することなく勉強していくようにしましょう。

 

ビジネス実務検定の取得メリット

 

ビジネス実務検定のメリットですが、当然マナーを習得している事を証明する事が出来るので就職や転職でプラスですね。企業も採用試験では基礎的なことが身に付けているのかも重視しているので、それを証明してくれるビジネス実務検定は良い評価をもらう事が出来ます。

ただ、出来る限り2級以上を取得しましょう。3級の場合は難易度が低く、さらに基本的なビジネスマナーなのであまり高い評価をもらう事が出来ないです。

 

就職で良い評価をもらういたい場合は、最低でも2級を取得しましょう。もちろん、事務職を目指す上でも良い評価をもらう事が出来る検定なので、出来る限り取得しましょう。

また、ビジネスマナーが身に就けば、仕事での人間関係においてもプラスになり、人物評価が高くなります。ビジネスマナーは身に付けて当たり前なので、その当たり前の事が出来ると言う事は社会人として成長するためには大事です。

 

採用試験で良い評価をもらう事が出来る

社会人として良い評価をもらう事が出来る

 

まとめ

・ビジネス実務検定は2級以上を取得する

・自分にとってプラスに作用する

事務職に有利な資格② MOS(マイクロオフィススペシャリスト)

事務職に有利な資格には、複数存在しますがその1つが

MOS(マイクロオフィススペシャリスト)です。この資格は、オフィスソフトのスキルを証明出来るものであり、事務職を目指すのであればぜひ取得しておきたいものです。

 

エクセルやワードなどのスキルを証明するものです。

 

MOSで証明出来るスキル

 

NOSで証明出来る資格についてお話します。

先ほども言ったようにオフィスソフトのスキルを証明するものであり

ワード

エクセル

パワーポイント

アクセス

アウトルック

 

以上の5つを証明する事が出来ます。ワードは文章能力であり、エクセルは表計算ですね。

 

では残りの3つは何?と思っている方もいらっしゃると思います。

そこで簡単にまとめると

ワード            文章作成ソフト

エクセル           表計算ソフト

パワーポイント       プレゼンテーションソフト

アクセス           データベース管理ソフト

アウトルック         電子メール、情報管理ソフト

 

となります。5つありますが、事務を目指す場合はワードとエクセルだけでOKです。パワーポイントも出来れば取得しておきたいですが、事務の場合は無理に取得する必要はないです。

事務職は、ワードとエクセルが非常に重要なのでこの2つを取得していきましょう。

 

MOSの試験の種類

 

MOSは上記の5つの関してのテストが行われます。

 

もちろん、ワードだけ取得することも可能なので、事務の場合はワードとエクセルの取得を目指します。ここで注目しておきたいのが主に2つの階級がある事です。

スペシャリストレベル

エキスパートレベル

があります。エキスパートレベルは上級者なので、まずはスペシャリストを目指します。スペシャリストを取得する事が出来れば次はエキスパートですね。ただ、一般事務の場合は、スペシャリストを取得しておけば大丈夫です。

 

 

また、それぞれのソフトにはバージョンがあります。

例えばワードだと

・ワード2016

・ワード2013

・ワード2010

があります。他の4つに関しても、2016・2013・2010バージョンがあり、どれを受験するのかを考える必要があります。

会社によってどのバージョンを利用しているのか分からないですが、おそらくほとんどの会社が既に2013か2016バージョンを利用していると思います。つまり、この2つを取得します。優先するのは2016バージョンです。どんどんバージョンも新しくなっているので、なるべく新しいバージョンのスキルを習得する事が大事です。

 

ワードとエクセルの出題内容ですが

ワード

スペシャリスト

文字サイズやフォントの変更や票の作成編集、作成した文章の印刷などワードの基本操作

エキスパート

スタイル機能や目次、アプリケーションからのデータ取り込みなど高度なワードスキル

エクセル

スペシャリスト

数式や基本的な関数の作成、セルの書式設定やグラフ作成

エキスパート

ピボットデーブルなどのデータ分析、条件付き書式や入力規則の設定、マクロの作成や編集

テキストも販売しているので、スペシャリストレベルだと独学でも可能です。まずはパソコンを購入する必要があり、パソコンを準備できたらMOSのテキストを活用して勉強しましょう。

 

MOSの詳細

 

MOSは、全国一斉試験と随時試験の2つがあります。

全国一斉試験は毎月1回~2回あり、随時試験は試験会場によて違います。

 

詳しい情報については、MOSの公式ホームページで確認します。

 

MOSを取得するメリット

 

さて、MOSについて説明してきましたけど、取得するメリットはいくつかります。

 

就職・転職に有利

オフィスソフトのスキルが上がる

この2つがメリットです。

 

パソコンを利用する仕事をする人にとって、この資格は実用性が高く、ぜひ取得しておきたいものです。日本だけでなくて世界でも知名度が高いので、知名度は抜群です。試験回数も多いので、スペシャリストであれば数か月ぐらいで取得出来るのでぜひ挑戦してみましょう。