保育士試験を受験する時に知っておきたい事

今回は保育士試験についてお話します。

 

保育士試験は何のために行われるのかというと、保育士資格を取得するために行われます。保育士資格を取得する方法としては、保育士の専門学校や大学などに進学する方法と保育士試験を受験する方法があります。

保育士資格の取得方法について

↓↓↓

保育士免許の取得方法と進路について

 

今から、保育士試験の詳細や知っておきたい事など詳しくお話していくのでぜひ参考にしてください。

 

保育士試験の受験資格

 

まず、知っておきたいのが保育士試験の受験資格ですよね。

保育士は保育士育成専門学校や大学の保育科などに進学しなくても取得する事が出来ます。つまり、保育士の専門学校に言っていないよという人でも保育士資格を取得出来るので安心してくださいね。

 

大卒、短大卒の人・専門学校を卒業した人、高校、中学校を卒業した人

大卒、短大卒の人

・大卒、短大卒の人は保育士と関係がない学科であっても卒業していれば保育士試験の受験資格がある

専門学校を卒業している人

・学校教育法に基づいた学校である事

・卒業した過程が修業年数2年以上の専修過程である事

高卒の場合

・1991年3月31日以前に高校を卒業した人

・1991年4月1日以降に高校を卒業した人は、児童福祉施設で2年以上かつ2880時間以上の実務経験が必要

中卒の場合

・児童福祉施設で5年以上かつ7200時間以上の実務経験が必要

となります。

 

学歴によって多少違ってくるので、注意が必要です。また、中卒の場合は、実経験期間を長く積む必要があるので、出来れば保育士試験を受験したい人は最低でも高校を卒業した方がスムーズに試験を受験する事が可能です。

 

特に専門学校以上だと、実務経験が必要ないので保育士試験の勉強に集中する事が可能です。ただ、こうしてみると多くの人に保育士試験を受験する資格があるので、目指しやすい資格なのかもしれませんね。

 

保育士試験の詳細

 

次に保育士試験の詳細についてお話します。

保育士試験の内容は?受験日とかも知りたいな

その問いに答えていきます。

保育士試験の回数

・保育士試験は年2回開催されており、4月と10月に試験が行われます。

試験科目

試験科目は筆記と実技で構成されています

筆記試験

・保育の心理学 保育原理 児童家庭福祉 社会福祉 教育原理 社会的養護 子どもの保健

子どもの食と栄養 保育実習理論

実技試験

・音楽に関する実技

・造形表現に関する技術

・言語表現に関する技術

 

試験科目は比較的多いので、出来れば試験日の1年前から勉強を始めます。また、筆記に合格しただけではダメで、実技にも合格する必要があります。

 

実技では音楽もあるので、歌を歌う練習御したり音楽レッスンに通ったりして合格出来るように対処します。保育士試験の特徴としては、実技の合格率はかなり高いです。つまり、筆記試験の合格率がその分かなり低くなっているので、筆記試験に合格する事が1つの壁となっています。とはいえ、試験科目は公表されていますし、さらに問題集や参考書なども書店で多く販売しています。つまり、勉強していけば合格レベルに達する事はそう難しくないという事です。

 

これから保育士として活躍したいのであれば、試験の勉強ぐらいはしっかりとやっていく必要があります。基礎がメインになっているので、保育士に興味がある人であれば集中して勉強出来ると思います。

 

受験料

・12950円

受験日

・時前に発表さえるので確認。曜日は基本的に土日

 

保育士試験心得

保育士試験についての詳細をお話してきました。

一番大事になるのは、まずは受験資格をクリアする事です。また、保育士の専門学校や大学の保育科などに進学して卒業した人は試験を受ける必要はなにので出来れば保育科の大学などに進学する方が手っ取り早いでしょう。

また、試験範囲は広いですが、すべて保育士に必要なものになるので保育士試験は保育士の知識を身につける事が出来る良い機会となります。難しい事も多いですが、保育士資格を取得しなければ先には進めないので、しっかりと保育士試験で知識と技能を身に付けていきましょう。

独学で参考書や問題集を購入して勉強する方法もあるし、通信講座でも勉強が可能です。通信講座の中には保育士講座を設けている所もあるので、要チェックです。通信講座の場合は、参考書や問題集を準備してくれて、分からない所もメールや電話で答えてくれます。

さらに、どのように勉強していけば良いのかアドバイスをもらう事も出来るので、独学よりも通信講座を利用した方が合格しやすいと言えますね。どちらを選択するのかは自由なのぜ、自分が勉強しやすい方を選択しましょう。

 

保育士免許の取得方法と進路について

女性にお薦めの職業には保育士があります。

前回も少しランキングを掲載しましたけど、個人的には2位とかなりお薦めの職業です。そこで、保育士になるにはどうすれば良いのか?という疑問が湧きます。

 

保育士は誰でも求人に応募する事は出来ないです。必要になってくるのが「保育士資格」です。保育士免許を取得することによって、保育士として働く条件をクリアする事になるので、まずは資格の取得を考えましょう。

保育士資格はどうすれば習得出来るの?
高卒だけど大丈夫かな?

そんな疑問もあると思います。

 

これから、保育士資格と進路についてお話します。

 

保育士資格の取得条件

 

まず把握しておきたいのが保育士資格をどのように取得すれば良いかです。

そこで現在では主に2つの方法があります。

 

 

厚生労働大臣が指定する大学や短大、専門学校などの保育士育成施設で所定の単位を取得する事

保育士試験に合格する事

 

 

です。多くの人が厚生労働大臣が指定している保育士育成学校に進学して卒業と同時に保育士免許を取得するケースが多いです。例えば大学の保育科や保育士育成専門学校などがありますよね。大事なのは、厚生労働大臣が指定している保育士育成施設になるので、進学する場合には確認する必要があります。

 

もし、厚生労働大臣が指定していない学校であれば、卒業と同時に資格を取得する事が出来ないです。

 

次に、「保育士試験」に合格する事ですね。実は保育士は、保育士育成学校に進学しなくても取得する事が可能です。では、保育士試験の受験資格はあるのかという事ですが当然あります。

 

保育士試験の受験資格

4年制大学または短大、2年制以上の専門学校を卒業した人

高卒でも一定期間の保育関連施設の勤務経歴がある人

このように、保育士を取得する方法は複数あり、多くの人にチャンスが与えられているので目指しやすい職業です。

保育士試験の内容

保育士試験は筆記試験と実務試験があります。筆記試験は全部で9科目ありすべてに合格する必要があります。しかし、一度合格した科目は3年間合格扱いになるので一度にすべての科目を合格しなければいけないというわけではないです。

3年かけて9科目に合格すれば良いのでそこまで難しいミッションではないです。

 

筆記試験を合格すると、次は実技試験を受けます。実技試験は合格率が8割程度になります。つまり、実技試験に行ければ保育士免許の取得までもう少しです。ただ、保育士試験は合格率が役2割程度になっています。つまり、筆記試験がかなり難しい構成になっているので、どれだけ早く筆記試験をクリアするのかが重要です。

また、条件次第では一部科目が免除されることもあるので要チェックです。

 

この記事の題名では保育士免許と書いていますが、実際に保育士は免許ではなくて資格に当てはまります。つまり、「保育士資格」というのが正しいです。保育士は免許ではないので、一度取得すれば更新する必要はないです。つまり、一生自分の武器として活躍出来るという事ですね。これなら更新忘れもないので安心出来ると言えるでしょう。

 

保育士のお薦めの進路

 

さて、一通り保育士資格の取得方法について説明しました。

では、保育士になるためにはどのような進路が良いのかについてお話します。

お薦めするのが「保育士の育成専門学校に進学」する事です。大学や専門学校に進学しても取得出来ますが、専門学校の方がお薦めです。

その理由としては

在学期間が約3年

実習メインのカリキュラム

就職率が高い

少人数制で効果的な授業

研修が充実

この5つの理由から専門学校がお薦めです。大学や短大の保育科でも当然実習が多く、就職出来る可能性は高いですが、専門学校の方がその傾向が強いです。さらに、大学は4年間ですが、専門学校は3年間なので早く就職する事が可能です。

 

また、学費に関しても専門学校の方が安く済むので1つのメリットですね。

 

ただ、どうしても大学や短大に進学したい場合は、そちらの進学を検討していく方が良いでしょう。大学では一般過程も幅広く学ぶ事になるので、大学に進学する人も多いです。

 

保育士資格を取得出来る大学や短大、専門学校以外の進路方法は基本的にはお薦めしないです。その理由としては、保育士試験に合格しなければいけないからです。試験となると緊張もしますし、特に実技試験は音楽もあるので緊張しやすい人にとっては、ちょっと大変合試験です。それなら保育士資格を取得出来る学校で学んだ方が手間がかからず、さらに試験で緊張するような事もないですよね。どうしても学校に進学出来なった、社会人になってから保育士を目指そうとしていたのなら別ですが、出来る限り学校の進学がお薦めです。

 

就職の基礎知識を把握しよう

私たちが職業に就く、働くためにはまずは基礎知識を把握する必要があります。

今回は、「就職の基礎知識」についてお話します。

そもそも就職とは何かというと「新しい職に就く事」を指します。例えば学生から企業に勤めるのも就職ですし、フリーターでまだ正社員として働いた事がない人が正社員として勤務するようになった事も就職と言います。

 

就職する方法について

 

就職するためには、どのように就職していけば良いのかまずは把握する必要がありますね。

就職するためにはどうすれば良いのか?

という疑問が湧きますよね。

 

就職する方法というのは特別決まっているわけではなくてさまざまなパターンがあります。

専門学校や大学に進学して就職する

高校卒業時に就職する

資格を取得して就職する

アルバイトから正社員に就職する

派遣社員から正社員に就職する

 

といった感じですね。概ね、上記が当てはまると思います。では、どの就職方法を選べば良いのかですが、お勧めなのは

専門学校や大学に進学する方法

です。

 

なぜ、専門学校などに進学する方が良いのかというと、まずは学歴を取得出来る事、そしてスキルが上がる事です。

 

企業の中には、専門学校や大学卒業した人を優先的に採用するケースもあります。高校卒業だけでは多少不利になる可能性があるという事ですね。少しでも採用の可能性を高めるためには、やはり進学するというのが一番ベターだと言えるでしょう。

さらに、専門学校や大学では就職に直結する事を学ぶ事が出来ます。もし、あなたが保育士専門学校に進学したら、保育士に必要な知識と技能を学校で身につける事が出来ますよね。これは、就職時に大きな武器になります。

 

また、進学しなければ取得出来ない資格もあり、専門学校や大学に進学するメリットは大きいと言えます。

 

まとめると

 

学歴で有利になれる

自分が目指す職業のスキルを高める事が出来る

 

主にこの2点が上げられます。今は、高校卒業後に進学する人が多くなっているので、それだけ進学する価値が上がっていると言えますよね。学校に進学するためには、高額な学費が必要になりますが、奨学金などを使ってでも進学する方が将来自分が希望する職業に就きやすいですね。無理に進学する必要はないですが、少しでも就職しやすい状況を作るためにはお薦めの方法だという事です。

 

フリーターの場合や進学したくない人の場合

 

ただ、既にフリーターの人は進学となるとちょっと抵抗感がありますね。

 

例えば大学だと約4年間通う事になるので、22歳から大学進学のための勉強をして、卒業するまでには4年以上必要になる事が多く、結果的に就職活動出来るのは26歳を超えてからになります。これでは、ちょっと就職するのが遅くなり、同年代の人よりも遅れを取ってしまう事になりますね。

 

また、22歳で卒業するのと26歳で卒業するのとでは、就職状況も変わってきます。26歳で卒業する場合には、なぜそのような状況になったのかを明確に説明していく必要があるので、就職の難易度は上がると思います。

 

じゃあ、フリーターの場合はどうすれば良いの?

お勧めなのは、資格を取得したり、アルバイトから正社員に就職する方法ですね。資格は、自分のスキルを証明する事が出来る大事なものです。特に知名度が高く、しかも難易度が高い資格だと優遇されるケースもあります。

 

事務職であれば、簿記検定2級以上取得すると少しプラスに働きます。また、アルバイトや派遣から実績を積んで、正社員に昇進する方法もありますね。アルバイトで頑張れば、それが勤めている会社から評価されて正社員になれるケースも多いです。

 

では、高校生で進学したくない人はどうすれば良いのかですが、そのまま就職していく事も十分可能です。高校には就職の求人が届くケースも多いですし、学校や先生もフォローしてくれるので高校卒業から進学するケースもあります。

ただ、高校卒業から就職するためには、学校の成績を上げておく事が大事です。成績も採用試験で重要な資料となるので成績が良い方が当然有利になります。

 

自分がどのように就職したいのかをまずは考えて、それに向かって準備していきましょう。

 

就職する時大事なのは準備

 

就職活動は、苦戦するケースも多いです。

実際に、大学生でなかなか就職先が決まらない人も多いですよね。なぜ、このような事態になるのかというと、結局はアピールする部分が少なかったり、準備不足だという事です。

就職活動では、多くの人が新卒の採用試験を受ける事になります。有名企業であれば数百人ぐらい採用試験を受ける事もありますね。

 

この中から一部の人だけが採用されるので、就職は激しい競争というわけです。つまり、準備不足の人程、採用試験で不採用が続きます。

 

そこで、専門学校や大学に進学しても安心するのではなくて、就職ビジョンをすぐに考えていく必要があります。どのようにすれば自分が希望する職業に就職出来るのか、少しでも待遇が良い企業に就職出来るのかを考える必要があります。

 

ボランティアに参加する

技能レベルを上げる

資格を取得する

セミナーに参加する

自己研究をする

 

など学生時代では、就職の準備をします。就職では、学生時代に何をしてきたのかがそのまま就職に直結するので、専門学校などに進学しても勉学に励まなかった場合は、就職活動の時に苦戦します。

 

まとめ

専門学校や大学に進学するのがお薦め

高校卒業後に就職したり、アルバイトからも就職出来る

就職の準備をしていく