男性が事務職に就職するためのポイントは?経理がお勧め

事務職と言えば、女性の方が有利です。

フリーターから事務職に就職出来ている女性も多く、女性の人からするとお勧めの職業ですね。では、男性から事務職に就職出来るかと言うと、フリーターで事務の経験がない場合は厳しいです。

 

しかし、事務職に就職出来ないというわけではないです。男性がうまく事務職に就職するためのポイントについて知っておきましょう。

 

資格と経験どちらが大事

 

男性から事務職に就職するためのポイントは経験と資格です。

両方備わっていれば問題ないですが、どちらかは最低でも備わっておくようにします。経験ですが、アルバイトや派遣でも大丈夫です。アルバイトや派遣の求人は多く、正社員よりはハードルが低くなるので、事務職になるためのスキルを身に付ければ男性でも働く事が可能です。

非正規社員で数年ぐらい働いて正社員の事務を目指すようにします。ただ、この場合は、時間が必要になります。なるべく早く就職したい場合は、資格を取得します。

事務職で有利になる資格としては

ビジネスマナー検定

秘書検定

日商簿記検定

税理士

公認会計士

○オフィスソフトの資格

などさまざまですね。公認会計士と税理士の資格は難易度が非常に高いので、日商簿記検定2級、オフィスソフトの資格を取得するのが現実的ですね。事務の場合は、日商簿記検定1級は必要ないです。2級があれば十分ですね。

 

事務職は経験が重視されるので、資格よりも経験を積む方が正社員の道は近くなります。

 

経理事務と介護事務を目指す

 

フリーターの男性が事務職を目指す場合ですが、経理事務か介護事務を目指します。一般事務は女性が多く活躍しており、女性を多く採用している企業が多いので、男性が目指すのは難易度が高いです。

 

しかし、経理や介護事務では、男性も多く働いているので目指すならこの2つが良いですね。この2つの事務を目指す時も必要なスキルは同じです。経験や資格ですね。

男性も採用率が高くなる事務なので、資格だけでも採用してくれる可能性はあります。それでも難易度は高いので、事務の求人を多く見つけて応募していく事が大事ですね。経理を目指す場合は、簿記検定2級以上は最低でも必要でしょう。

出来れば税理士も取得しておいた方が採用されやすいですね。

 

介護事務は、介護事務の資格があるのでこちらを取得しておきます。また、簡単な介護補佐の仕事もあるので、介護職員初任者研修の資格を取得すると、採用に近づく事が可能です。経理事務と介護事務は同じ事務でも仕事内容がかなり違います。経理が好きな人は経理事務を目指すして、介護に少し興味がある人は介護事務を目指します。どちらもパソコンを仕事が多くなりますが、その内容には差があります。

 

事務職が目指せる専門学校に進学

 

また、事務職が目指す事が出来る専門学校に進学する道もあります。

 

専門学校に進学することによって、パソコンスキルをもちろん、それ以外の事務に必要なスキルを磨く事が出来ます。また、専門学校に進学することによって、学校のフォローを受ける事が出来ます。求人が多く届きますし、専門学校は企業からも高い評価をもらっている事が多いので、就職に直結します。

 

事務の専門学校は約2年なので、20代であれば十分時間があるので、専門学校に進学するのもお勧めです。

 

今回は、男性の事務についてお話しました。女性の方が有利なので、厳しい戦いになる事を招致して目指すようにします。

 

まとめ

資格か経験が必要

経理事務か介護事務を目指す

専門学校に進学する方が近道

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA