飲食店のホールスタッフの仕事内容と目指し方

今日は、飲食店のホールスタッフの正社員の仕事内容と目指し方についてお話します。

フリーターから正社員になる事を考えた場合は、未経験者でも参入出来る飲食店は穴場と言って良いでしょう。ホールスタッフの場合は、難しい仕事も少ないですし、仕事内容も想像出来るので慣れやすいというプラス面もありますね。

 

気になる仕事内容

 

さて、正社員のホールスタッフの気になる仕事ないですが、

 

料理を運ぶ

注文を聞く

ご案内

会計処理

営業準備、片付け

 

などが主にあります。正社員と言いますが、仕事内容はけっこうアルバイトと被ります。例えば料理を運ぶ、注文を聞く、会計処理、ご案内というのはアルバイトでも行います。ただ、会計処理の場合は、正社員だけが行うというお店もあります。

 

また、正社員の場合は、朝早く来て開店準備をしたり、夜遅くまでお店に居て閉店準備をすることも多いです。ただ、お店によってローテーション制を採用している所もあります。

例えば朝11時から夜8時 昼2時から夜2時までのように従業員の負担を考えて、朝番や遅番のようにローテーションで回す所も多いです。正社員が多く在籍している場合は、このようにローテーションしやすく、体の負担が軽くなりますね。

もし、正社員の数が少ない場合は、開店から閉店まで働く事もあり、お店選びが重要ですね。少しでも負担を軽減するためには、勤務時間に注目しなければいけないです。

ホールの正社員は昇進することもあり、ホール主任や店長といったように役職に付ける可能性もあります。店長になると、従業員の指導やシフト管理、お店の売上管理など仕事が多くなります。その分、待遇が良くなりまとまった給料を確保出来ることになりますね。

店長からエリアマネージャーそして、本部出勤などさらに上へ目指す事も可能であり、ここまでくるとかなりの高待遇になります。大手チェーン店程、階級制度が複雑になっている事があり、目標が立てやすいですね。

小規模のお店の場合は、ずっと平社員という事もあり、平社員の次が店長のように階級も少ない傾向があります。上を目指したいのであれば、やはり大手チェーン店を目指すのが理想ですね。ただ、大手チェーン店の場合は、転勤もそれなりに多くなります。特に全国チェーンの場合は、県外の転勤もある事が多く、転勤についても考える必要があります。

転勤が嫌な人は、なるべく県内だけに展開しているチェーン店を選びます。例え転勤があっても、すべて県内なので楽です。

 

このように、ざっくり飲食店のホール正社員の仕事についてお話しました。アルバイトでホール店員として働いた事がある人は、正社員になっても今までのように仕事をしていけば良いです。

 

飲食店の待遇

 

次は、簡単に飲食店の待遇についてお話します。

これは、規模によって大きな差があります。

まず、大手チェーン店は、待遇が良い事が多いです。ボーナスもあったり、有給休暇や特別手当、週休2日制など待遇面で優れていますね。大手チェーン店は、売上が大きいのでその分従業員にも還元出来るという事です。

 

待遇だけを目指すのであれば、大手チェーン店がお勧めです。

 

次に中小規模のお店は、大手よりも待遇面で劣りますが、それでも正社員でも月収20万円近くはある所が多いです。実績を上げていけば、昇進や昇給して30万円近くもらえる可能性もあり、お店によっては高待遇も狙えます。

最後の小規模のお店ですが、売上が少ないので従業員の給料も高いとは言えないです。ただ、お客さんの数が少ないので、忙しい時間帯は短いです。さらに、店舗数も少なく転勤も楽です。

大まかにお話しましたけど、実際はお店によって待遇を大きく違います。飲食店のホールスタッフで長く勤務したい場合は、待遇や勤務時間などをしっかりと見て、すべてにおいて満足出来るお店を選択します。

また、経営が安定しているという点も重要なので、正社員の求人選びを慎重に行います。

 

飲食店のホールの正社員の目指し方

 

では、飲食店の正社員をどのように目指していけば良いかですが、

一番お勧めなのが、アルバイトから正社員昇進する事です。なぜかというと

お店の状況を確認して正社員を目指す事が出来る

スムーズに仕事が出来る

この2点ですね。

 

いきなり正社員だと、もしあなたが働きにくいお店を選んでしまった場合は、やっぱり他のお店にすれば良かったと思います。それではせっかく正社員として入社したのにがっかりしますよね。正社員はなたのこれからの人生を大きく左右するので、自分が満足出来る所で働く働く必要があります。

 

そこで、まずはアルバイトとして勤務して、待遇面や働きやすさなどを確認した上で、長く働ける場合は正社員を目指します。

 

また、アルバイトで飲食店のホールスタッフを経験すると、仕事の流れを理解出来ます。正社員になっても戸惑うことなく仕事が出来るので、気分的に楽ですね。

 

このように、いきなり正社員の求人に応募するのではなくて、アルバイトから正社員という目指し方がお勧めです。

もちろん、いきなり正社員を目指す事も可能です。その場合は、お店をリサーチして、待遇や経営などを調べてから求人に応募するのが理想です。

 

まとめ

飲食手のホールスタッフは接客がメイン

待遇は大手チェーン店の方が高め

アルバイトから正社員を目指す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA