フリーターは何歳から危機感を持つ必要があるのか

フリーターから正社員を目指す人は、出来る限り危機感を持ってほしいと思っています。

 

危機感というのは、このままフリーターを続けると幸せになれないという危機感ですね。人間は危機感を持って、初めて一生懸命努力する生き物なので、どれだけ自分を追い込むことが出来るかが大事です。

 

では、何歳から危機感を持った方が良いのか?それについてお話します。

 

すぐに危機感を持ってほしい

 

フリーターは何歳から危機感を持つ必要があるのかという問いですが、

 

さすがに30歳には危機感をもってほしい、いやいや35歳でしょう。

 

結論的には、すぐに危機感を持ってほしいです。フリーターになった瞬間から危機感を持つ事が必要です。フリーターから抜け出せない原因となるのが心の余裕です。例えば、20歳というとまだ若いですよね。どの職業でも目指す事が出来るでしょう。つまり、まだ危機感を持たなくても大丈夫な年齢ですよね。

 

しかし、20歳でもフリーターになっている場合は、危機感を持ちましょう。その年齢の余裕が後で問題を起こします。人間は余裕があるとついつい行動が鈍くなります。例えば朝早く起きると、まだ出勤時間までに時間があるからもうちょっと寝ようという考えになる事がありますね。私もそうです。時間に余裕があるとついついだらけてしまいます。しかし、そんな余裕を持っていると、二度寝して次起きた時には出勤時間が迫っている状況になります。

 

実は、フリーターも同じ事が言えますね。まだ20歳だからどの職業も目指す事が出来る。慌てなくてもゆっくり進路を考えれば良いという考えが出てくることがあります。しかし、そんな余裕を持っていると、就職のための行動が鈍くなり、結局数年経過しても自分がやりたい事が見つからずにアルバイトのままという事が多いです。

 

もう20歳だ。フリーターしている場合じゃない。学校に進学するのか、資格を取得して求人に応募しまくるのか早く決めないといけないというような心が大事です。20歳フリーターといっても、新卒と比べると遅れを取っています。他の同級生の中には、専門学校や大学に進学して、就職向けての準備が着実と行われています。他の同級生よりも遅れを取っている危機感を持ちましょう。

 

ただ、あせりすぎは良くないです。危機感を持つ事は大事ですが、物事の判断はあせらないように慎重に考えます。学校に進学する場合も、本当に自分はこの学校に進学して良いのかというのを何回も確認して、進学する必要があります。大人になっての決断のミスは時間無駄にしかならないです。あえると決断ミスが起こるのでその点は注意しましょう。

 

20代後半30歳以上は1秒も無駄にしない

 

20歳でも危機感をもってほしいぐらいですから、20代後半や30歳以上の人はさらに危機感をもってほしいですね。

 

頭で考える事も大事ですが、ひらめいた事は行動に取り掛かります。この年になると行動力があるかどうかが一番大事です。いくら頭の中で考えてもなんも行動しなければ意味がないです。行動力がある人が最終的に就職を勝ち取る事が出来ます。

 

目指したい資格があるのであれば、その日のうちに参考書を購入して勉強に取りかかります。

今日はゆっくり考えて、明日参考書を購入しようという甘い考えは捨てる必要があります。考えた事は即行動これが就職を成功させるための秘訣です。

 

求人を探す場合には、毎日ハローワークに行ったり、就職アプリやサイトを毎日見ます。少しでも気になった求人があればすぐに応募します。このように、行動力を出せば、チャンスをものに出来る可能性があります。

ただ、先ほども言ったようにミスはしない事です。いくら行動力取っても、判断ミスがあればマイナスになります。その点だけは注意してくださいね。

 

なぜフリーターは危機感を持つ必要があるのか

 

このように、フリーターになった瞬間から危機感を持つ事が大事ですが、なぜこのように危機感を持つ必要があるのかですが

 

フリーターは将来性が低い

歳を重ねるごとに正社員に採用されない

自分を紹介する時にフリーターだとマイナス評価

 

この3つです。どれも人生に大きく関係してくるものですね。フリーターのままだとやはり年収が低くて、いつまで働けるかも未知数です。

 

正社員だと昇進して役職になって、安定感が増します。それがフリーターにはないです。この差は歳を重ねるごとに大きくなるでしょう。

 

さらに、自分を紹介する時に、私はフリーターですとなかなか言えないですよね。好きな人が出来ても私はフリーターというのは言いだしにくいです。この事からも、フリーターを早く抜け出す必要があります。ですから、危機感を持って、早く正社員になれるように努力しなければいけないです。

 

フリーターでも幸せな人もいますし、結婚している人もいます。しかし、それはほんの一部だという事を理解しましょう。多くのフリーターは、けっこう苦しい生活を送っています。生活は出来るけど、自分の趣味に熱中したり、車を購入する事が出来ないという状況の人もいます。

危機感を持つだけでも、フリーターから抜け出せる大きな一歩となります。

 

まとめ

フリーターになった時点で危機感を持つ事

考えた事をすぐに行動する事

危機感を持つ事は最低条件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA