正社員に採用されたら良いというわけではない

フリーターとして働いている人は、早く正社員になって安定した生活を送りたいという人も多いと思います。

 

フリーターだと収入が少ないですし、安定もないですからね。そう思うのは自然な事です。しかし、正社員に採用されたから良いというわけではないです。正社員を目指す時に重要なことについてこれからお話します。

 

正社員は基本的には安定があり将来性がある

 

 

まず、正社員は正規の雇用になります。企業からすると、今後活躍してもらいたいという気持ちがあり、正社員対する研修を豊富に実施している会社も多いです。また、将来活躍してほしいから待遇を良くして、少しでも長く働いてほしいという考えがあります。

フリーターのように非正規社員の場合には、昇給制度も乏しいですし、福利厚生も正社員と比較すると劣っています。

 

しかし、正社員の場合は、昇進や昇給制度が充実しており、ボーナスもありますし、特別手当の種類も多いですよね。つまり、正社員になる事が出来ればそれだけ幸せになれるという事です。しかし、これは、平均的な事であって、正社員でも待遇があまり良くない、手当てが少ないという事があります。正社員すべてが安定感があり、将来性があるというわけではない事を意識します。

 

ブラック企業に注意

 

世間でもたびたび問題になっているのがブラック企業ですね。どのような企業がブラックなのかは人それぞれの判断によって差がありますが、

給料が少ないのに労働時間が長い

残業が多い

残業代が支払われない

有給がなかなか取れない

上司に意見を言う事が出来ない

 

などさまざまです。ブラック企業に就職すると、正社員でも過酷な労働環境であり、ストレスが溜まります。残業代が出ないとなれば、何のために仕事をしているのか分からないですし、疲労だけが蓄積されてしまいます。こんなに頑張っているのに、給料が少ないとなれば不満も出ますよね。

 

また、時々過労死問題も出ています。過労によって体調が悪くなってしまう事もあります。ブラック企業は正社員になりやすいという特徴もありますが、就職したら退職するまではかなりきつい環境になり、長く続かないです。中には、なかなか退職出来ないような会社もあるので、ブラック企業と言われている企業の就職は控えた方が良さそうです。今では、ネットでも会社の労働環境について調べられる事が出来ます。

 

すべての企業は把握出来ないですが、ブラック企業がどこなのかぐらいは把握出来ます。求人に応募する前に、その企業について調べる事も大事かもしれませんね。

 

求人を見ると働きやすいのか分かる

 

正社員に応募する時には、当然求人情報を見ますよね。

 

この求人情報に、例えば昇進や昇給などの記載がない、ボーナスの記載がない、福利手当の内容が乏しいという場合には、労働環境が悪い可能性があります。

 

いくら正社員になりたいという気持ちが強い場合でも、労働環境、待遇が悪い職場を選択しない事が必要です。もし、そのような企業で働く事になった場合には、不満が出ます。最初はやっと正社員になれたとほっとしますが、長く勤務するうちに、待遇が良い会社と比較してしまい、なんで自分はこんなにも待遇が良くないのか、労働環境が悪いのかを考え込んでしまいます。そうなると将来不安になりますよね。

 

正社員は長く勤務出来る職場を選択します。労働環境が比較的良くて、待遇も平均ぐらいはほしいですよね。ただ、あまり欲を出してしまうと、次は応募出来る求人が少なくなったり、なかなか採用されないという事になるのでそこは注意します。

 

会社の経営状況を見る

 

正社員の求人に応募する時には、求人情報だけで判断していませんか?

 

待遇がそこそこ良い、福利厚生も充実しているから応募しようという人も多いです。しかし、一度会社のホームページを見てみましょう。何を見るのかと言うと、将来性があるのかという事です。

 

会社に明確なビジョンがある場合は、期待出来ます。また、資本金や提携企業などを見て今の会社の経営状況をチェックする事が大事ですね。経営状況が悪い企業は、今後倒産する可能性があるので、将来性がないという事になります。

 

大手だから安心はできないです。大手でも経営が悪くなって、大量リストラするケースもあり、倒産する可能性も0ではないです。大手だから経営が安定していると考えずに、大手の場合も経営についての情報を集める事が必要です。

 

後悔しない事が大事

 

フリーターから正社員になる時には、後悔しない事が一番大事です。

 

正社員になっても、後悔するようではもしかしたらフリーターの方が幸せになれるかもしれないです。どこでも良いので正社員になるんだという気持ちではなくて、自分が頑張る事が出来る会社選びをします。

 

正社員になったから幸せになれるかといえばそうではないです。実際に、正社員になっていても苦労している人や仕事で悩んでいる人は多いですよね。正社員になるというよりは、どれだけ自分が安心して働けるのかを考える必要があります。あえりがあると、どうしても冷静な判断が出来ずにブラック企業に就職してしまうリスクが高くなります。どこで働く事になるのか、この部分は人生にとって大きく影響してきます。

 

まとめ

正社員は安定感、将来性がある

ブラック企業に就職しない

後悔しない事が大事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA