資格を取得するための準備を知っておこう 無計画で取得しない

今日は資格についてお話します。

フリーターから就職するためには、資格という武器が必要ですよね。そこで、資格を取得していく人が多いですが、注意しておきたいのが無計画で資格取得を目指さない事です。

 

では、どのようにして資格を取得していけば良いのかお話します。

 

試験日を把握する

 

資格には、当然試験日がありますね。試験日が1月1日であれば、それまでに合格ラインに達する必要があります。

なぜ、試験日を把握しなければいけないかというと、当然ですけどそれだめに合格ラインに達するための勉強をするためです。4月から勉強を開始する時には、まだ時間があるのである程度、余裕を持て勉強していく事が出来ます。

しかし、8月からだと1月まで半年ないので、急ピッチで勉強していく事が必要です。このように、試験日を確認することによって、自分がどれぐらいのペースで勉強しなければいけないのかを計画する事が出来ますね。

 

また、試験日だけを知るのではなくて、申し込み日も把握しましょう。申込みしなければ試験を受ける事が出来ないです。

申込みする事によって試験の案内が来たり、受験番号が配布されたりします。試験日までにしっかりと勉強したのに、申込みしていなかったので試験を受ける事が出来なかったという事が内容にします。

 

資格によっては、年に1回しか行わない事もあります。いつ自分が申込みしなければ行けないのかをしっかりと把握しましょう。

 

もし、試験日と申し込み日を確認しないで資格のための勉強をしていくと

申込みを忘れる

勉強して数ヶ月後に試験日を調べたらもう勉強する時間が少なかった

計画をうまく立てられずに合格ラインに達する事が出来なかった

 

などが起きます。勉強を始める前に、試験日と申し込み日をチェックして、計画的に勉強を始めるようにします。

 

独学か通信講座かスクールか

 

資格を目指す時には、基本的に独学がメインになります。しかし、難易度が高い資格の場合は、独学だけでは難しいですよね

簿記検定1級でも独学だけでは難しいです。そこで、必要であれば通信講座やスクールを活用します。

 

もちろん、通信講座やスクールに早く通う方が質が高い勉強が出来るので、資格の勉強を始める時には、どのような勉強方法を行うのかまずは考えます。スクールは通学しなければいけないのと、入学時期が決まっている事があるのであまりお勧め出来ないです。資格だけの専門スクールも少ないので、なかなか見つけられない事があります。

しかし、通信講座は、家で学習出来ますし、資格の通信講座も多いですよね。英検や簿記検定、税理士などさまざまです。ユーキャンも大手資格の通信講座ですが、非常に便利なので活用するのがお勧めです。

 

基本的に独学+通信講座で資格取得を目指します。ただ、難易度が低い資格、独学でも頑張れば取得出来る資格はわざわざ通信講座を活用する事はないです。通信講座は有料で、10間円近く必要になる事もあるので、難易度が高い資格だけにします。

 

独学でも可能な身近な資格ですと、簿記検定2級、秘書検定などがありますね。簿記検定2級は難易度は高めですが、参考書も書店で多く販売しており、独学でも十分合格可能です。資格によって、勉強方法を変えていく事が大事ですね。

 

合格ラインに達する事が何より大事

 

資格勉強の準備で大事なのが、とりかく合格ラインに達する事です。

 

勉強が不十分な状態で試験を受けても合格出来る可能性は低いです。合格レベルに達していても当日の試験の内容によっては合格出来ない事も珍しくないです。合格レベルに達するためには計画的に勉強していく事が必要です。

 

試験が1月であれば、10月までには一通り試験範囲の知識を身に付けておく必要があり、試験日までは問題集を多く解いて、難しい問題にも対応できるようにします過去問題を多く解く事も大事ですね

 

問題集を多く解く事が出来ない場合は、カバー出来る問題が少なくなり難しい状況になります。テキストだけ把握しても実際に問題を多く解いて、自力で解答できるようにします。特に難易度が高い資格の試験は、応用問題も多く出題されて、テキストだけ勉強しても合格出来ない事も多いです。

 

また、難しい資格に関しては、長期プランを計画する事も大事ですね。今年の試験は諦めて来年の試験を目指す事も大事です。勉強期間が1年から2年ぐらいあればかなり合格レベルに達する事ができますね。難易度が低い資格は次の試験での合格を目指し、難易度が高い資格に関しては、来年の試験の合格を目指すというように資格の難易度によってスケジュールを考える事が必要です。

 

 

30代フリーターはどうすれば良いのか

20代でフリーターの人は、まだ若者という定期の中にいるので、就職出来るチャンスが多くありますね。

 

自分が好きな職業に向けて努力していけば良いと思います。20代前半だと学校に進学して就職を目指すという方法もありますね。

 

しかし、30代となると話は変わってきます。若者として扱われなくなり、さらに学校に進学するにしてもそこまで時間がないという事になります。

 

就職しやすい分野を目指す

 

30代から正社員として就職する方法ですが、就職しやすい分野を目指すのが一番お勧めです。フリーターの場合は、厳しい立場ですけど、30代でも就職出来る職業は当然あります

身近なものでお勧めののが

工場

介護

サービス業

 

この3つですね。

まず、工場ですが技術力が必要ないものは出来ないですが、技術力がそこまで必要ない場合は未経験者でも可能です。例えば弁当作り、簡単部品を組み立てる作業、荷物を運ぶ作業など工場でも特別な技術が必要ない仕事も多くあります。工場勤務の場合は、体を動かす仕事ですが、行動する範囲が工場内なので体力が多少あれば出来る仕事です。

給料もそこまで悪くないですし、まずアルバイトとして入社して正社員を目指すのがお勧めですね。いきなり正社員だと工場未経験だと少し戸惑うので、アルバイトから正社員と言うのがベスト道です。

出来る限り自分が好きな作業をしている工場を選ぶのが長く続けるためのポイントです。

 

次に介護の仕事もお勧めです。介護職は未経験者でも可能であり、フリーターから正社員になった人も数多く存在します。

 

今は、人手不足となっており、30代でも就職しやすい業界ですね。ただ、未経験の場合は、介護の資格を取得しておくのが良いです。今は、ヘルパー2級はないので、介護職員初任者研修の資格を取得します。

この資格は、旧ヘルパー2級と同じ価値のある資格になっています。介護の基礎知識と技術を備えている証になるので介護の面接でも有利になります。資格させあれば30代フリーターからでも就職出来ます。

 

出来れば介護福祉士の資格がほしい所ですが、専門学校に進学する必要があります。30代で専門学校に進学して就職を目指す場合は、働くのが遅くなるのであまりお勧め出来ないです。20代であれば専門学校行って、介護福祉士の資格を取得するのが良いです。

 

介護福祉士の資格は、専門学校に行かなくても介護職員として一定以上働くことによって取得出来るチャンスがあります。つまり、介護職員初任者研修として働き、時期が来たら介護福祉士の資格を取得するのが30代フリーターの人にはお勧めです。

 

最後にサービス業があります。例えばマッサージ師やカラオケの店員、飲食店のホールスタッフなどがありますね。マッサージ師は特別な技術が必要になりますが、カラオケや飲食店のホールスタッフは接客さえ出来れば目指す事が出来ます。お店によっては35歳までなど年齢制限がある事もあるので、出来れば30代前半で目指します。ホールスタッフは特別な資格が必要ないので、すぐに求人に応募する事が出来ます。

ただ、接客マナーと敬語の知識だけは身に付けておきます。

 

このように、30代フリーターからでも目指す事が出来る職業はあります。どうしても正社員として働きたい場合は、現実的に就職しやすい職業を目指します。いつまでも夢を追いかけると一生正社員として働く事が出来ない事もあります。

 

事業を展開する

 

さて、30代フリーターから正社員を目指すのもなかなか難しいのは確かです。

 

そこで、正社員として働くのではなくて、自分で事業を起こす事も出来ます。お金が必要になる事もありますが、ビジネスを展開して成功する人も珍しくないので、1つの進路だと思います。

 

最近は、ネットビジネスもあります。ネットビジネスで稼いでいる人も多くいますよね。例えばユーチューバーなどもその1つです。面白い、ためになる動画をアップして、広告収入を得る方法です。動画に興味があったり、多くの人に面白いネタやためになる情報を流したい人にはお勧めの仕事ですね。

 

ネットビジネスは多くあるので、自分が好きなものを選択するのが良いでしょう。ネットビジネスは、結果が出来るまで大変ですが、自宅で作業出来たり、お金もそこまで必要ないという事を考えると、事業を展開するよりもリスクは低いと言えますね。

 

ただ、一番は正社員として企業に勤める事が安定感をもたらすので、出来る限り正社員を目指して、どうしても採用されないという場合に、最後の選択として事業やネットビジネスなどを考えると良いと思います。

 

30代フリーターからも幸せになれる

 

30代フリーターからでも進路は多くあります。

 

もう若くないからこのままフリーターで生活するしかないのかというのは少し早いです。たしかに厳しい状況かもしれませんが、幸せになれる可能性は十分あります。もちろん、自分が目標に向かって前へ進む必要があります。

 

何の努力をしなければ30代フリーターから40代フリーターになります。それは20代でも同じですよね。何も考えずに生活しれいれば年齢を重ねるだけです。年齢というよりもどれだけ前へ向かって努力出来るかですね。

 

 

営業職で必要なこと

未経験者から就職出来る分野と言えば営業職があります。

 

特別な資格は自動車免許だけなのでフリーターからでも十分目指す事が出来る職業です。そこで、営業職を目指す上で必要な事は何かについてお話します。

 

いくら未経験でも可能と言えども仕事をする上では必要なスキルも大事です。

 

コミュニケーション力は必要

 

営業職は、企業や一般家庭に行って自社の製品やサービスを紹介して、契約をしていく作業になります。もし、契約がなかなか取れないと会社に貢献する事が出来ないので、あなたの営業が成績が悪いという事です。

そうなると、昇進出来ないですし、もう少し頑張ってほしいと上司から言われる可能性があり、プレッシャーがかかりますね。

 

そこで、営業で成果を残すためにはコミュニケーション力が必要です。営業職は人と会話する事が多くなるので、話す事に慣れておく必要があります。直接話す事が多いですが、顧客から電話がかかって対応する必要もあるので、電話での応対も身に付けておく必要があります。

 

営業職としての会話知識としては

敬語力

商品やサービスをうまく説明していく会話力

 

この2点がとりあえず必要です。敬語で話す事は常識ですし、一歩引いた目線で会話しなければ相手に失礼ですよね。礼儀正しく会話する事によって、相手から高評価をもらって契約を取れる可能性があります。

 

失礼な人から契約してと言われても、普通しないですよね。どれだけお客さんから高評価をもらえるかが勝負です。

 

次に自社の商品やサービスの知識を身に付けて、長所を多く話す事が必要です。良い部分を多く話す事によって、商品やサービスの魅力が出来て、契約してくれる事が予想されます。もちろん、悪い部分も話す必要がありますが、その時はうまくそんなに欠点はないという事を伝えるようにうまく惑わす事が大事です。

 

悪い部分を強調して話すと、当然契約してくれないです。悪い部分をうまく良い風に話して、良い部分を全面的にアピール出来るかが勝負です。

 

このように営業職は、会話がすべてなので会話力は身に付けておく必要があります。

 

積極的なアプローチ

 

営業職は積極的なアプローチが必要です。いくら良い部分を話しても、やはり高額な商品やサービスほどお客さんは迷います。

 

良い商品だと思うけど、ちょっと価格が高いので購入するのか迷っているという感じです。そこで、もうひと押し出来るかが重要です。お客さんが迷っている時に引いてしまうとせっかく興味を持ってくれたのに契約してくれなかったという事が多く起こります。

 

それでは、なかなか成果を上げる事が出来ないので、迷っているお客さん対してもさらに長所を全面的にお話したり、他にも購入しているお客さんが多くいるというような購入を促すような会話をしていきます。ちょっと積極的過ぎな部分もありますが、これぐらい情熱的に行かないと契約はなかなかしてくれないです。

 

他のお客さんも多く購入している、今がお買い得な商品というような事を言う時には、注意する事があります。それが、嘘はいけないという事です。

 

他のお客さんが多く購入している事を言うのであれば、人気商品を紹介する時だけにします。人気がまったくないのに他のお客さんも多く購入していると話すとこれは嘘になり、一つの詐欺ですよね。それでは後で問題になる事があるので、嘘を付かない事は必要です。

 

商品によってアピールの仕方を変えて、嘘を付かずにどれだけ商品の良さを伝えるかが大事です。

 

先輩の働きぶりを見る

 

初心者が営業職をすると、初めはどのようにお客さんにアプローチしていけば良いのか分からないです。そこで、先輩の働きぶりを見ます。

一般的には、最初は先輩と一緒に営業する事が多いです。その時に先輩がどのようにお客さんと会話しているのか、商品やサービスを売り込む時には何をアピールしているのかを観察する事が大事です。

先輩の仕事の仕方を見て、学ぶ事によって自分も近いうちにうまく契約が取れる可能性があります。先輩の仕事ぶりを詳しく観察しなければ、仕事の仕方を理解する事が出来ずに実際に一人で営業する事になるとまったく成果が出ないという事になります。

営業職は入社する事はそんなに難しくないですが、実力社会であり、成果を出すための努力をしなければ長く続ける事が難しいです。

また、営業職を始める時は、自分が興味がある分野を選択します。不動産屋に興味がないのに、不動産屋の営業をするというのは止めておいた方が良いです。

 

興味がなければ、熱心に仕事に打ち込む事が出来ずに商品やサービスを理解しにくいです。しかし、興味がある分野の営業だと、興味を持つ事が出来て、商品やサービスについても理解しやすいです。自分の好きな分野で営業職として活躍するというのが基本です。後は、会話術などをマスターすれば、営業で成果を上げる事が出来て、長く続ける事が可能です。