フリーターは社会保険に加入しておこう

フリーターの人は少しでも万が一の保証を確保しておく必要があります。

 

例えば、医療保険や年金、労災保険などですね。フリーターで保険に入っていない人は、万が一の時に保証が受けられない事もあるので、社会保険に加入しておく必要があります。正社員になってからで良いという人もいますが、アルバイト中に何か問題が発生する事もあります。社会保険に加入しておくと安心して仕事が出来ます。

 

社会保険と何?

 

では、社会保険とは何かですが、企業に勤めている時には、一定以上の収入を得ている場合に、社会保険に加入する事が出来ます。もちろん、社会保険制度を取り入れている会社で働く事が必定ですね。

 

どれぐらいの収入になると加入出来るかというと、大手企業だと106万円以上、中小企業の場合は130万円以上の年収で加入することになります。

 

ただ、年齢や雇用期間などによって例外もあります。

 

ではどのような保険内容になっているのかというと

健康保険

業務外の病気や怪我をした時に一定の額が給付される

介護保険

介護が必要になった時に一定額が給付される

厚生年金

老齢や生涯などになった時に給付される

労災保険

仕事をしている時に、怪我や病気をした時にもらえる給付金

雇用保険

失業した時や育児介護が必要になった時に給付される給付金

 

主にこの5つになります。社会加入する時には、しっかりと内容を確認しておく必要があります。

 

このように、社会保険の内容は充実しており、特に失業した時のもらえる雇用保険は大きいですね。この保険によってすぐに職を見つけられなくても大丈夫なので、次の職業を決めるまでの準備期間を設ける事が出来ます。リストラされた時にも適用さえるので大きなメリットですね。

 

ただ、失業保険をもらう時には、手続きが必要であり、さらに職を探していくための行動を取る必要があるなどいくつかの条件があります。

 

フリーターでも社会保険に加入する事は可能ですので、なるべく社会保険に加入出来る所で、月収130万を目標に目指します。社会保険料は何気に高いので手取りが少なくなりますが、手厚い保証を受けられるメリットを考えると仕方がないです。

 

社会保険に加入していない場合

 

フリーターで、取得が少なくて社会保険に加入していない場合は、親の社会保険に入っておくと、自分で保険に加入する必要があります。特に医療保険や年金などは義務なので、これらの保険料を支払っていく必要があります。

 

国民年金に加入する事になりますが、一か月の保険料が1万5千円ぐらいと高いです。社会保険の場合は、厚生年金に加入しますが、会社が半分負担してくれるので国民年金よりも安いです。この点では社会保険に加入していないと少し負担が大きいですね。

 

また、国民年金は将来もらえる保険料は高くないです。厚生年金に加入している人の方があきらかに高いので、その点を考えるとなるべく社会保険に加入しておくべきですね。もし、社会保険に加入していなくて国民年金の負担が大きい場合は、免除制度を利用します。

 

年収によっては、免除制度が活用出来て、支払う金額が安くなります。場合によっては、全額免除さえる事もあるので年収が少ない時は免除を考える必要があります。

 

フリーターで社会保険に加入するためには、週5日で長時間働かないとなかなか年収が130間年を突破できないですが、フリーターでも高い収入を得ている人もいるので、不可能ではないです。

 

早く正社員になる事が大事

 

フリーターで社会保険に加入するのは、簡単ではないです。

そこで、早く正社員になるのが一番大事です。正社員になると、年収がアップして、多くの所で社会保険に加入出来ます。保証も充実して、安定が増すでしょう。

 

フリーターで例え、ぎりぎりで社会保険に加入出来ても、保険料分を差し引かれた時に手取りが少ないので、楽に生活するのが難しいです。この事を考えると、やはり正社員になる事が大事なの感と思います。

 

また、あえて、フリーターで社会保険に入らずに就職のための準備を進める事を優先に考える方法もあります。長時間労働すると、資格取得するにしても勉強時間が足りなくなる事があります。なかなか資格が取得出来なくて、就職するのが遅れるという事もあります。

 

どの方法を取るのかは自分次第ですが、正社員になるための準備がおろそかにならないようにします。フリーターが幸せにるためには、正社員が一番の近道です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA