事務職を目指すのであれば秘書検定は取得しよう

事務職を目指す時に、なるべく有利になるような資格を取得したいのであれば、「秘書検定」がお勧めです。

 

秘書検定は、主に秘書に必要なスキルを身に付けているのか試すテストであり、4級から1級が主にあります。基本的に3級から取得する人が多く、受験者数の7割が2級を目指します。

秘書検定となっていますが、事務職に必要なスキルを身に付ける事が出来るので、事務職を目指す人にとっても意味がある資格です。

 

秘書検定で身に付けられる事

 

秘書検定は、主にビジネスマナーを身に付ける事が出来ます。

接客応対

敬語の使い方

接待の仕方

上司またはお客さんとの会話の仕方

電話応対

資料の管理

祝辞のなどの書き方

 

などさまざまです。幅広いビジネスマナーを身に付ける事が出来るので、事務で仕事をする時に役に立ちます。

事務職で働いている時に、一般的な常識が理解出来ていないと上司から注意されたり、取引先の人からマイナス評価をもらう事になり、非常にまずいです。そのような事がないように、ビジネススキルを身に付けておく事は非常に重要です。

 

一般的な常識になりますが、実際に一般常識を知っている人って意外と少ないです。敬語にしても、使い方を間違っている人は多くいます。秘書検定は、そういった間違った常識を正しい常識にしてくれるので、事務職だけでなくて、これから社会人として活躍するためには必須と言えますね。

また、秘書検定を取得していると、ビジネスマナーが身に付いているという証明にもなるので、オフィスワークや接客業の仕事では有利に働く事が多いです。

 

秘書検定は2級以上を目指す

 

さて、秘書検定を目指す時に大事なのが、級です。

 

実際3級以下を取得してもただの飾りにしかならないです。取得を目指すのは2級以上ですね。この事を理解している人が多いので、2級以上を受験する占める割合が非常に多くなっています。2級を取得するためには、専門の参考書を購入して、過去問を解くとある程度は、合格レベルに達する事が出来ます。

 

今まで知らなかった知識もあるので、ちょっと戸惑う事がありますが、時間をかけて勉強すれば十分に合格レベルに達する事が出来ます。秘書検定の通信講座もありますが、2級までは独学でも十分可能です。通信講座を活用した方が合格しやすくなったり、短期間での合格も可能性としては高いですが、独学でも半年かからずに合格出来ます。試験も年に数回あるので、それもプラス要素ですね。

 

自信がない人は通信講座を活用して、独学でも合格出来る自信がある人は市販で販売している参考書や問題集で試験対策をします。難易度的には2級まではそこまで難しくないですね。私も取得していますが、半年ぐらいマイペースで勉強して一発で合格出来ました。1日に数時間勉強出来る人は、もっと早く合格出来るかもしれませんね。

 

ただ、準1級以上になると難易度が高くなります。

準1級と1級は筆記試験だけでなくて、面接試験もあります。準1級の面接は簡単なものですが、1級の面接は本格的なものなので多少苦戦すると思います。

もちろん、筆記試験も難易度が高くなっているので、2級の参考書では対応出来ないです。つまり、1級の参考書を購入して試験勉強していきます。

 

準1級からは通信講座を活用した方が良さそうですね。

 

面接ですが、公式の参考書を見ればどのような面接になるのかある程度、把握出来ます。後は、秘書検定知識をうまく活かせるように練習する事です。準1級以上は難易度が高くなりますが、それだけ合格している人も少ないので、他の人と差別化を計れますね。

 

基本的なビジネスマナーを身に付けたいのであれば、2級を取得して、少しでも採用されたいのであれば準1級以上を目指します。

別に秘書検定に限らないですが、このように階級がある試験はなるべく1級を目指すのが就職するためのポイントになりそうです。

 

秘書検定だけでは採用されない

 

秘書検定は準1級以上だと高く評価される事が多いです。また、2級でもビジネスマナーを身に付けている証拠になるので一定の効果が期待出来ます。

 

しかし、秘書検定を持っているから採用される可能性が高いとは限らないです。たしかに取得していない人よりは一歩前進する事が出来ますが、採用の決め手となるかといえばそうではないです。

つまり、他の資格を取得したり、面接でミスを犯さないなど他の要素も必要になってきます。また、経験者の方が秘書検定取得者よりも高く評価される事も珍しくないので、その点は理解して、採用に挑む必要があります。

ただ、少しでも前進したい、事務の経験がないという場合は取得しておいた方が良いでしょう。

秘書検定は、ちょとしたアピール材料になるという事ですね。

 

また、秘書検定は採用試験で高評価をもらうというよりは、自分のビジネススキルを高めるために取得するという意味合いが違いですね。秘書検定に対する評価がどうであれば、社会人として必要なスキルを身に付ける事が出来るので、それだけで取得する意味があります。もし、採用されても、社会人としてのビジネススキルが乏しい場合は、恥をかきます。そういう意味では、火除検定は取得する価値があるという事ですね。

 

資格は、採用試験を有利にするだけでなくて、自分のスキルを少しでも高めて、採用された時に企業に貢献するためのものです。貢献すれば、昇進や昇給などが出来て、自分のためにもなります。

このように、秘書検定についての知識についてお話しましたけど、これを見て取得したいという人はぜひ目指して、少しでも自分の役に立てるようにしてほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA