事務職は女性の方が有利

フリーターから就職出来る職業には事務職があります。

 

この事務職は、全体的に見て女性の方が採用されやすい状況です。つまり、男性は事務職を目指すのは苦戦する可能性が高いのでお勧め出来いないです。

 

事務職は企業の顔

 

さて、事務職は企業の顔になります。電話応対や受付などは事務の役目になりますが、女性の方が華がありますよね。華を持ってお客さんをで迎えたい企業も多いです。その方が、印象が良いです。

 

実際に、受付事務は女性ばかりの事が多く、会社に電話した時も女性が出来る事が多いですよね。つまり、意図的に女性を多く採用しているという事です。このような状況下では、男性は不利になります。もちろん、すべての企業が女性を優先しているわけではないですが、今現在も事務職は女性という風習が強いので、女性にお勧めの職業です。

 

もちろん、女性が多く応募しているのも1つの要因です。経理事務以外は、女性の応募者が多いです。男性の応募者はごく僅かという感じですね。

 

男性が少ない理由には待遇面がある

 

事務職は男性が少なくなっていますが、待遇面が1つの原因です。事務の正社員の給料は高くないです。月収が10万代という事も多く、月収30万円の事務職は少ないです。男性は、やはり給料の高さを重視している人が多く、さらに結婚して子どもを育てていきたい人は、月収が30万円以上なるような仕事を目指す事も多いです。

 

つまり、男性にとって事務職はあまり向かないという事です。ただ、経理事務は違います。経理事務は男性も多く、月収も高くなる事は珍しくないです。なので、男性が事務職を目指すのであれば、経理事務がお勧めです。

 

経理事務になるためんは、簿記検定2級以上や税理士の資格などは取得しておいた方が良いですね。特に簿記2級は必須と言えます。男性で一般事務として働く事も可能ですが、もし働けても、周りが女性ばかりなのでコミュニケーションに戸惑いがあるかもしれませんし、うまく異性と付き合うためのスキルを身に付ける必要がありますね。

 

女性だから事務職に有利とは限らない

 

事務職は男性と比べると女性の方が有利です。ただ、あくまで男性と比べるとですね。

 

実際に、事務職の応募者は女性が多く、採用をもらうためには女性たちと競争をして採用を勝ち取る必要があります。つまり、女性だから有利というのは実際には気にしなくても良いです。

 

事務職を目指す人は、未経験者や経験者などさまざまで、経験者の方が当然有利です。別に正社員の経験でなくても、アルバイトや派遣の経験でも評価してくれます。経験があれば、事務職に応募していくと、どこかで採用される可能性が高いですね。

ただ、経験がないとなれば経験者に劣る事になります。経験が重視される事務職ですから、未経験者の女性は資格を取得するのが得策です。簿記検定2級以上やオフィスソフト検定、ビジネスマナー検定などがあります。

 

オフィスソフトは、事務職で良く使うので、関係がある検定を取得するのは自分のスキルを証明出来ます。パソコンを使用する事が出来ると口で伝えるよりも、資格でアピールした方が無難です。

 

経験もない、資格もないとなればかなり不利です。女性でも、不採用が続く可能性があります。事務職は求人数は多いですが、応募者も多いので、計画的に目指す必要があります。正社員の採用は難易度が高いですが、アルバイトや派遣は難易度が下がります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA