フリーターは20代で打出する必要がある

フリーターは、20代で打出する必要があります。

30代以上のフリーターも多く存在しますが、おそらく就職活動でかなり苦戦していると思います。20代と30歳以上は大きな差があり、20代はまだ若者としての認識がありますが、30歳以上になると若者かというと少し疑問がありますよね。

 

そこで、20代で打出した方が良い理由についてお話します。

 

30歳以上で職歴なしはきつい

 

この職歴なしとは正社員の経験がないという事です。30歳以上でも正社員の経験があれば、十分正社員の採用試験に合格出来る可能性は高いです。

 

しかし、30歳を過ぎて正社員の経験がない場合は、その点がマイナス評価になります。アルバイトや派遣の経験も評価される事がありますが、正社員の経験よりはやはり評価は低くなります。中途採用になると、正社員の経験者も応募してきますから自然と不利になります。

 

基本的に正社員と非正規社員とでは仕事内容が違いますし、責任能力も違いますね。正社員の場合は、クレーム対応なども多くしなければいけないので、正社員で働いた方が多くの事を経験出来るという事です。30歳以上で職歴がない場合は、とりあえず今までアルバイトや派遣で経験した事がある仕事内容に絞って正社員の目指すのが良いでしょう。それでも簡単ではないですが、経験があるという事は少なくともプラスです。

 

20代は将来性が高い

 

20代はまだ若い世代です。つまり、将来性が高いと言えますね。今は、未熟であっても経験を積むことによって幹部クラスにまで成長してくれる期待があります。

つまり、20代はまだまだ正社員の採用をもらいやすいです。しかし、30歳以上になると将来性というよりは即戦力となれるかで合否が判断される事が多いです。つまり、経験が不足している場合は、即戦力としては厳しいと評価されて不採用になるケースが多いです。

 

この事からも出来る限り20代で正社員で働けるように準備する事が必要です。20代であれば、今まで経験がない仕事でも採用される可能性は十分にあります。若いという事を活かして、未経験の分野でも正社員を目指していくのはありです。

 

モチベーションが低くなる

 

さて、30歳を過ぎてなかなか正社員の採用をもらえない場合は、あせりが出てきますよね。うまくいかない事が起こると、モチベーションの低下にもつながります。30歳を過ぎると少しでも早く正社員になる必要があるので、なかなかなれないとなると精神的に厳しいです。

 

20代であれば、まだまだ若いからチャレンジしようという前向きな考えも出来ますが、30歳で苦戦していると前向きに考える事がなかなか出来なくなりますね。

 

このように、30歳になると精神的にも追い詰められてしまうので、なるべくフリーターは20代で卒業するのが理想です。30歳でもしまだフリーターであれば、将来きつくなる事を考えて貯金したり、他の副業などを取り入れて少しでも収入を増やすことも大事です。正社員になるために努力して、資金もあまりないような状態でフリーターのままだと将来的にも厳しいです。

 

20代で後悔がないように

 

20代でなかなかうまく行かなくても、自分が精いっぱいやってきたのであればある程度は仕方がないという事が言えます。しかし、あまり努力しなくて、遊ぶばかりして正社員になれなかった場合は、当然30歳になって後悔します。

 

時間は元に戻らないので、後悔しないように努力する必要があります。フリーターで正社員になかなかなれない人でも、努力している人は多いです。努力していてもなかなか正社員になれない人もいます。

 

つまり、努力していない人は、高い確率で正社員になれないですね。人生は甘くないといえばそれまでですが、とにかく若い時はもがいて少しでも正社員になれるように頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA