介護職は未経験者でも可能

今回は前回に引き続き介護職についてお話します。

 

前回は、介護職は将来性が高いという事をお話しましたね。これだけでも大きなメリットですが、介護職は未経験者でも可能というフリーターにとっては目指しやすい職業になっています。つまり、介護未経験者から介護職の正社員になれるというのも現実的な目標と言えますね。

 

フリーターから目指しやすい

 

さて、介護職は未経験者可能の企業も多いですね。介護施設の求人を見ても、未経験者可能や歓迎という文字が記載されている事が多いです。フリーターの場合は、どうしても仕事の経験が少ないですね。特に20代前半だと今まで経験したことがある職業は数えるぐらいしかない事が多いです。

 

つまり、未経験者歓迎の職業を目指すというのは現実的と言えます。介護に興味がある、人助けをしたいという人にとっては介護職はベストと言えますね。

 

介護の職業は、専門的な知識と技術が必要ですが、仕事をしているそれらの知識と技術を習得出来る可能性は高いです。初めは先輩に教わりながら仕事をしていくので、数か月もすれば介護出来るだけの知識は身に付きますね。もちろん、実際に介護の作業をしながら学ぶことになるので、技術力も身に付きやすいです。

 

簡単に働く事が出来るのか

 

さて、介護職は未経験でも可能です。では、簡単に正社員として活躍できるのかというとそういうわけではないです。たしかにいきなり正社員を目指すことも可能ですし、早く活躍したい人は正社員を目指します。

 

ただ、経験がないという事は、介護職の詳しい仕事内容を理解していない事が多いですね。つまり、いきなり正社員というのは荷が重すぎるという事です。例え、採用されても仕事が大変でリタイアしてしまう可能性もありますし、慣れる前に辞めてしまう事もあります。

 

というわけで、未経験の場合はアルバイトから働きましょう。アルバイトですと、正社員のよりも負担が小さいですね。勤務時間も4時間から6時間ぐらいでも可能ですし、アルバイトで基礎から学んで、自分でやれるという決断が出来たら正社員を目指します。アルバイトからの昇進も可能なことが多く、アルバイトから始めても遅くはないですね。

 

実際、私の友達で介護職に勤めている人はいますが、初めはアルバイトから始めました。3年ぐらい勤務して、介護福祉士の資格を取得してから正社員として勤務するようになりましたね。長く働く事によって、介護福祉士の資格を取得出来ます。この資格は国家資格であり、特別手当が支給される事もありますし、昇進しやすいですね。簡単に昇進する事も可能なので、アルバイトで長く働いて、介護福祉士の資格を習得するという流れはお勧めです

介護職はたしかに芝生が広く、なりやすいですが無計画で正社員から始めると長続きしないです。

 

独学もしっかり行おう

 

さて、未経験で介護職を目指す場合は、採用された時の事を考えて、独学で介護について勉強しましょう

 

知識がない状態で働くよりも知識があった方が働きやすいです。書店では介護の専門書が多く販売されており、どれも仕事に役に立つものばかりです。例えば人を支える方法だったり、介護をする上での注意点など、幅広い知識を身に付けます。後は、介護職として働きながら知識を活かして、技術力を見に付けていきます。計画的に介護職を目指せば、無難に仕事をこなすことが出来るでしょう。

 

介護職は力仕事だという認識を持っている人がいますjが、実際には力仕事ではないです。人と支える方法も力は必要ないですし、実際に女性も多く働いていますね。男性女性どちらも目指すことが出来る職業です。

 

介護職は30代からでも目指すことが可能です。ちょっとあせってきた、早く正社員になりたいというのであれば介護職はどうでしょうか?介護は楽な仕事ではないです。しかし、多くの人が活躍しており、やりがいがある仕事なのでやる気があれば誰でも目指すことが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA