介護の仕事は将来性が高い

今日は、将来性が高い仕事についてお話します。それが「介護職」です。

 

介護職と言えばヘルパーや介護福祉士というのがすぐに思い浮かびますね。文字通り、介護施設で介護をしたり、介護が必要なお宅に行って介護します。

 

今後日本は高齢社会が継続していくので介護職の将来性は高そうです。

 

日本は高齢社会

jsks

 

さて、日本は高齢社会になっています。文字通り高齢者の割合が高いという事です。将来日本では年齢割合が逆ピラミッドになるのではと不安視されているぐらいですね。今はピラミッドになっていて、若い年代が多いのが特徴です。しかし、少子高齢化によってこの年齢層の割合に変化が出そうですね。

 

なぜ、高齢社会になっているのかというと、まずは食が豊富になった事ですね。今ではなんでも食べられるような時代です。和食だけでなくて、洋食も手軽に食べる事が出来ますね。飲食店の数も多くて、日本では食に困らないようになっています。食が豊かになると栄養も行きとどくので、長寿になりやすいです。

また、医療技術の発展も大きな要素ですね。多くの病気が完治できるようになり、病気になっても健康な状態に戻すことが出来るようになっています。まだ、完治出来ない病気もあるので、完治出来ない病気が少なくなれば、さらに長寿になりそうです。

 

食の方はまだしばらく続きそうですし、医療技術は今後も発展しそうなので、今よりも高齢社会になりますね。高齢者が増えるという事は、介護が必要な人も増えます。高齢者は運動機能が低下してくるので、一人で生活出来ないようになる事もあります。介護が必要な人が増えれば、介護職の仕事内容も多くなり、需要が高くなります。

 

国も介護に力を入れている

 

高齢社会に伴って、国も介護に力を入れるようになっています。まずは、介護職の賃金を上げる事ですね。給料が高くなれば、介護を目指す人が多くなります。今は、給料は決して高いとは言えないですね。労働を考えると安いぐらいです。

 

給料が上がれば、生活を安定しますし、介護職として働いている事で生活に困らないというようになります。仕事は多くあるので、賃金さえ良くなれば、安定感抜群の職業になりますね。

 

国がどれほど力を入れてくるかによって変わりますが、国が介護職に力を入れるようになったのは大きいです。今後、給料だけでなくて、働きやすい環境になる事も考えられます。今は、人手不足になっており、施設によっては一人の労働時間が長かったり、仕事の負担が大きくなっています。これを改善すれば、さらに快適に仕事が出来るようになりプラスですね。

 

求人数が多い

 

今は、介護職は人手不足になっています。その影響で、求人数が多いですね。アルバイトや派遣、正社員どの雇用形態においても求人が多くなっているので、就職や転職しやすい状況です。今のうちに介護職に就職するのはありです。

 

今後、介護環境が良くなり、給料が上がると目指す人が多くなり、今みたいに求人数が多い状態ではないかもしれないです。アルバイトでも良いので、介護の経験を積んでおくとすぐに介護の正社員として働く事が可能です。

 

また、求人数が多いだけでなくて、どこも人手不足なので人材がほしい状況です。つまり、採用試験に合格しやすいという事ですね。競争率が高い職業は、採用試験に受かるのが大変です。しかし、介護職の場合は、今の所採用されやすいので、その意味でも今から目指す方が無難ですね。介護は、フリーターからも目指しやすい職業ですので、介護職については詳しくお話していきたいと思います。お話するのは、フリーターから介護職になるためにはどうすれば良いか、求人探しのポイントなどを中心にお話します。ぜひ、参考にしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA