医師を目指す時に知っておきたいメリットデメリット

今日は、また医師についてお話していきます。

 

前回は、医師になるためにはどうすれば良いのか、フリーターでも目指すことが出来るのかについてお話しました。

今回は、医師を目指す時に知っておきたいメリットデメリットについてお話します。

 

医師のメリット

sasint

給料が高い

 

医師のメリットの1つが給料が平均的に高いという事です。医師として活躍している人の中には数千万円ぐらい稼いでいる人も多いですね。特に開業医で成功を収めている人はもしかしたら億単位になるかもしれないです。

それだけ、夢があるという事ですね。年収数千万円なんて普通じゃなかなか稼げないです。医師だから可能なわけですね。もちろん、平均的に高いという事なので、稼げていない人もいます。しかし、平均年収が高ければそれに向かって希望を持てますし、頑張る事が出来ますね。頑張っても年収が300万円行かないよりも、頑張ると年収が数千万になるというのであれば後者の方が良いです。給料が高いのにあこがれている、生活を安定させたいという人は医師に向いているかもしれませんね。

 

社会に貢献出来る

 

医師のメリットには、社会に貢献出来るというのがありますね。人を助ける仕事ですから、多くの人に感謝されますし、被災者を助ける活動も行う事が出来ます。人に貢献出来るという事は、自分の価値を高める事が出来て、やりがいがあるのではないでしょうか。

 

社会に貢献出来る職業は他にも存在しますが、医師は人の命を助ける、病気や怪我で苦しんでいる人を助けるという事で、まさに人のために仕事をしているようなもんです。社会貢献の高さは他の職業よりも高いと言えます。

 

モテル

 

これは、ちょっと恋愛になりますが医師は正直もてます。

 

年収が高いのもそうですが、人を助ける仕事であり、かっこいいですね。誰でもが出来る仕事でないので、他の医療従事者からも高評価をもらいやすいですし、他の職業からもあこがれの的になれる可能性があります。

 

活躍して、知名度が上がればさらにもてます。私に知っている医師はみんな結婚していますね。つまり、それだけ人気があるのかなと思います。職場恋愛もしやすいですし、合コンや結婚相談所などの出会いの場でも人気が出やすいです。

 

独立できる

 

医師のメリットには独立が可能です。

自分でクリニックや病院を開業して、自分の治療方針で医師として活躍していきます。開業した方が、自分が考えている事が出来て、自分の治療方針を確立できますね。経営にも関わる事が出来るので、やりがいは高いです。

 

成功すれば、多額の収入を得る事も可能です。もちろん、失敗する可能性はありますが、医師として一人前に成長すればそれだけ治療成果が上がり、成功する可能性は高くなります。簡単に独立出来るわけではないですが、医師の人生未来設計図に独立を目指すというのがあってもいいですね。

 

医師のデメリット

 

医師になるまでが難しい

 

これは、先日少しだけ触れましたけど、医師はなるまでが難しいです。大学の医学部に進学するのは難しいですし、大学に進学してからは6年間単位を取りながら勉強に励む必要があります。

医師免許の合格率は高いですが、医師免許の試験を受けるまでが壁が多いですね。医師になりたいという気持ちだけでなくて、学力も必要なので医師になるのであれば、早めに自分の学力を上げておく必要があります。

 

研修期間中が1つの壁

医師免許を取得して、病院やクリニックで勤務する事になると初めは研修医です。研修医の間は、先輩医師に教わりながら医師に必要な知識と技術を学びます。

 

大学で学んだ事意外にも多くの事を学ぶ必要があるので、正直大変です。外科であれば、最終的には外科治療をする必要があり、初めての治療は緊張しますね。研修期間中は人にとって差がありますが、長くなる事も珍しくないです。

 

一人前の医師になるのは簡単ではないので、覚悟を持って医師を目指す必要があります。

 

費用がかなり必要

 

医師になるまでには、かなりの高額な費用が必要です。

 

まあ、医学部の学費だけでもかなりのものですね。しかも6年間なので奨学金を活用したりして通うのが一般的です。医師を目指すのであれば、学費を早い段階から貯めておくと、奨学金で借りる額も減り、返済も楽になりますね。

 

医師になる時には費用からも目が離せないです。

 

独立は慎重に

 

さて、医師は独立する事も可能です。

 

これは大きなメリットです。しかし、失敗すると大きな赤字になります。クリニックを経営するだけでも最初は多額の費用が必要ですね。設備費用が高いですし、人件費も必要です。最初は、患者さんがあまりこない可能性があり、大変ですね。

 

開業する時には、多くの経験を積んで医師として一人前になっておく事が大事であり、さらに費用も準備しておきます。なるべく金融業者から借りないようにすると経営が楽です。

 

また、失敗しないためにもどこにクリニックを建設するのかを考える必要があり、さらに宣伝なども必要ですね。1つ1つの治療が大事であり、治療実績を上げて評判を高くする必要があります。

 

以上のように、メリットとデメリットについてお話しました。メリットだけでなくて、デメリットもしっかりと理解して、医師を目指すのか考えます。本気で医師になりたいのであれば、多少のデメリットを覆すぐらいの気持ちが大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA