初心者が資格を取得するならユーキャン 安心通信講座

今日は、通信講座についてお話します。

 

通信講座といっても、前回説明した5つの講座がメインとしてあります。どの通信講座を利用すれば良いのかなと迷う事もありますね。

 

そこで、初心者が資格を取得するのなら「ユーキャン」がお勧めです。大手通信講座会社であり、安心できますね。

 

ユーキャンの特徴

 

さて、ユーキャンは既に多くの人が活用しており、実績があります。

60年の年月が経過しており、かなり昔からある知名度が高い会社ですよね。そこで、簡単にユーキャンの特徴についてお話します。

講座コースの数は142種類

 

2016年現在、何とコースの数は142種類あります。つまり、142個の資格をサポートしているという事ですね。これってすごいですよね。

 

通信講座って、こんなにも資格を取得する事が出来るの?というぐらいの数です。これも、長年実績を積み上げてきた証拠ですね。

 

なんといっても教材の質が良い

ユーキャンは初めて資格を取得する人のために、教材にもこだわりがあります。

長く活用出来て、さらに学びやすい教材一式を提供しています。資格を取得するのは良いけど、必要な教材を集めるなんてちょっと苦労しますよね?

ユーキャンではその悩みを解決してくれるのです。教材が届いた日から効果的な勉強ができますよ。

もちろん、カリキュラムも工夫して作っています。カリキュラム通り勉強していけばもちろん合格率は上昇します。

 

一人で続けられる通信講座

 

通信講座は、基本的に自宅で一人で勉強しますよね。

でも、長く続けられるか心配です。しかし、そんな不安も大丈夫。

ユーキャンであれば、専門の講師やスタッフが寄り添ってフォローしてくれます。分からない事があればしっかりと教えてくれますよ。

課題もしっかりと提供してくれて、さらに講師からコメントをもらえます。励ましのコメントなんでやる気が出ます。

 

教育訓練給付制度

 

ユーキャンでは、実に30講座以上が教育訓練給付制度の対象です。

 

この制度は、受講料の約20%が支給されるお得な制度です。(最大10万円)

この講座では、10万名以上の人が利用を希望しています。(2015年の申し込みベース)

かなり多くの人が申し込みをしていますね。それだけ魅力がある制度です。

 

いくら支給されるのかを簡単に計算すると

講座費用が49800円の場合は、20%という事で9960円が手元に戻ってきます。

では、どのような人が利用できるのかですが、

初めて利用する人は、雇用保険加入期間が1年以上となります。その上で、講座が給付対象になっているのか確認します。

 

以上のように、ユーキャンでは、講座数が多い、利用者が多い、給付制度が利用出来るなどさまざまな特徴がありますね。これだけのサービスを提供しているのはなかなかないのでぜひ活用して、資格をしっかりと取得してくだいね。

 

自分に合う講座をチェック出来る

 

さて、自分がどんな職業を目指したいのか、どの資格を取得すれば良いのか分からない時がありますね。

 

ユーキャンの公式ホームページでは、簡単な職業検査テストがあります。簡単な質問に答えることによって、自分に適した職業や資格が分かるというものです。

 

私も試した事がありますが、いくつかのお勧めの職業や講座が出てきて人生のためになりましたね。質問自体は簡単ですし、自分の迷いが吹き飛ぶかもしれないです。自分が目指す資格や職業が見つかれば、後はその職業に向かって突き進むだけです。フリーターでちょっと何するのか迷っている人にとってはお勧めのテストですよ。

 

まずは行動しよう

 

さて、ユーキャンの素晴らしさは理解出来ましたか?多くの人が利用しているという事で、安心できますし、自分が取得したい資格が取得出来ます。

なんせ、142の講座があるのも魅力ですよね。

秘書検定や日照簿記検定、看護助手などさまざまです。

資格の分野も豊富です。

法律ビジネス関係、医療系、デザイン、介護、保育、ライフスタイル、建築、不動産、公務員、高卒認定、美学、パソコン、料理、栄養、健康、書道、土木、設備、語学、心理、手芸、音楽、工芸、旅行、流通、教育、実用

など幅広いです。さまざまな資格のお手伝いをしてくれるので、勉強の方法が分からない、独学だけではちょっと不安な人にお勧めです。

 

資格を取得する時に、把握しておきたいのが取得条件です。

 

資格の中には、年齢や学歴などの制限が設けられている事もあります。その点とチェックしてからユーキャンを利用していくのがお勧めです。せっかく、勉強したのに、資格条件をクリア出来ていないでは後悔しますからね。

 

私の周りにユーキャンを活用した人は多いです。知名度が高い、安心、大手という利用しやすい雰囲気がありますよね。今後も、この通信講座は、人気を継続していくと思います。ぜひ、フリーターの人で、就職のための資格を取得したいという人は、ユーキャンで自分の役に立つ講座を見つけてもらって無事に資格を取得して、就職に役立ててほしいです。

通信講座で資格取得した方が良いのか 良さと注意点

フリーターから就職するためには、資格を取得するのは必須と言えます。

特に正社員の経験がない人は、アピールポイントが乏しいので資格でフォローしていく必要がありますね。資格取得には、独学と通信講座の2つが主な勉強方法です。独学だけでも良いですが、通信講座を活用するのもメリットが多くお勧めと言えます。

 

今回は、通信講座で資格を取得した方が良いのかについてお話します。

 

通信講座は参考書と問題集が準備されている

mnplatypus

 

通信講座の良さの1つが、参考書と問題集が準備しているという事ですね。講座を受講する手続きをしたら、しばらく経って教材が郵送されます。複数の参考書と問題集、さらに講座によってはためになるアイテムも一緒に郵送されることがあります。

 

独学の場合は、参考書は自分で書店で購入する必要がありますね。公式のテキストが販売していればそれを購入すれば良いですが、公式のテキストが販売されていない場合は、自分で適切な参考書を購入する必要があります。また、公式のテキストだけでは物足りないので、それ以外の参考書や問題集も購入する必要があり、参考書の選びで迷う事が多いです。

 

参考書は資格の合格率を上げる重要な要素なので、間違った参考書を選ぶと合格率が低下します。通信講座の場合は、適切な参考書と問題集を選んで郵送してくれるので、合格率をそれだけでも高めてくれますね。学びやすい教材も多く、初めて資格にチャンレンジする人にとっては大きなメリットと言えるでしょう。

もし、通信講座のテキストや問題集で物足りないと感じたら書店で足りない部分を補うテキストを購入するのもありです。ただ、基本的には通信講座側は合格出来るようなテキストと問題集を準備してくれているので、郵送された教材をしっかりと使って勉強すれば、十分合格ラインに達する事が多いです。

 

勉強方法などフォロー態勢も抜群

通信講座の良さは、勉強方法などのフォロー態勢ですね。

どのように、勉強していけば良いのかを教えてくれますし、手順が記載された用紙を配布してくれる事もあります。初めて資格を受ける時には、どのように勉強していけば良いのか分からない事がありますね。しかし、通信講座では、そういう人のために勉強方法をアドバイスしてくれます。

 

また、電話やメールなどで担当者に聞く事も可能です。分からない事があれば、担当の人に聞いて問題を解決しながらうまく勉強していきます。

 

独学だと、分からない事があれば自分で解決しなければいけないです。しかし、通信講座の場合は、担当の先生が解決してくれるという事で、勉強がはがどります。

 

通信講座のコースもさまざまあ

 

通信講座では、さまざまな資格コースがあります。

簿記検定2級のための講座、秘書検定のための講座、保育士の講座

 

など多く存在しており、資格を目指す人の役に立ちたいという気持ちが伝わってきます。自分が目指す資格の講座があるのかチェックして、もしあれば活用してみるのが良いでしょう。特に難易度が高い資格になると、独学では厳しいです。少しでも合格率を高めるためにはやはり通信講座を活用するのが得策と言えます。

 

通信講座会社は多い

 

主にあるのが

ヒューマンアカデミー

生涯学習ユーキャン

がくぶん総合教育センター

ニチイ学館

キャリアカレッジジャパン

この5つがメインどころですね。特にユーキャンはテレビCMでもなじみが深いですし、たまに新聞の広告でも宣伝していますよね。既に多くの人が活用しており、知名度、人気ともに抜群です。

 

それ以外の通信講座会社も実績を上げてきており、お勧めと言えます。

 

通信講座は費用が必要

 

さて、通信講座はさまざま良さがありますが、当然費用が必要です。

 

自宅学習なので、スクールなどと比べると安いです。費用は、講座によって違っており、数万円から数十万円などさまざまです。基本的に講座期間が短い程安くなっていますね。

 

自分が目指す資格の講座料金がどれぐらいなのかを時前に把握しておきましょう。分割払いが出来る所もあるので、分割払いで受講するのもありですね。比較的安くなっているので現金払いでも十分可能な価格です。アルバイトをしてお金を貯めておくのが理想ですね。

 

通信学習なので自分の努力次第

 

通信講座は、多くの人が学びやすい勉強方針を取っており、さらにテキストの質も高いです。つまり合格レベルに達するだけの質の高さがあります。

 

しかし難点なのが、自宅学習なのですぐ横に先生がいるわけではないです。つまり、自分の努力でかなり左右されるという事ですね。テキストと問題集を使って、指示通りの勉強しなければ当然合格出来ないです。

 

どれだけモチベーション高く、集中して毎日勉強できるかがポイントです。通信講座さえ活用すれば簡単に合格出来ると思わない方が良いという事です。自分が努力しなければ意味がないです。せっかく、お金を支払って質が高い通信講座を活用するのですから、資格に合格するまでは勉強に集中します。

 

まとめ

通信講座はテキストと参考書が準備されている

通信講座は、フォロー体制が万全

通信講座のコースは多い

さまざまな通信講座会社がある

費用は必要

自分の努力が必要

フリーターは社会保険に加入しておこう

フリーターの人は少しでも万が一の保証を確保しておく必要があります。

 

例えば、医療保険や年金、労災保険などですね。フリーターで保険に入っていない人は、万が一の時に保証が受けられない事もあるので、社会保険に加入しておく必要があります。正社員になってからで良いという人もいますが、アルバイト中に何か問題が発生する事もあります。社会保険に加入しておくと安心して仕事が出来ます。

 

社会保険と何?

 

では、社会保険とは何かですが、企業に勤めている時には、一定以上の収入を得ている場合に、社会保険に加入する事が出来ます。もちろん、社会保険制度を取り入れている会社で働く事が必定ですね。

 

どれぐらいの収入になると加入出来るかというと、大手企業だと106万円以上、中小企業の場合は130万円以上の年収で加入することになります。

 

ただ、年齢や雇用期間などによって例外もあります。

 

ではどのような保険内容になっているのかというと

健康保険

業務外の病気や怪我をした時に一定の額が給付される

介護保険

介護が必要になった時に一定額が給付される

厚生年金

老齢や生涯などになった時に給付される

労災保険

仕事をしている時に、怪我や病気をした時にもらえる給付金

雇用保険

失業した時や育児介護が必要になった時に給付される給付金

 

主にこの5つになります。社会加入する時には、しっかりと内容を確認しておく必要があります。

 

このように、社会保険の内容は充実しており、特に失業した時のもらえる雇用保険は大きいですね。この保険によってすぐに職を見つけられなくても大丈夫なので、次の職業を決めるまでの準備期間を設ける事が出来ます。リストラされた時にも適用さえるので大きなメリットですね。

 

ただ、失業保険をもらう時には、手続きが必要であり、さらに職を探していくための行動を取る必要があるなどいくつかの条件があります。

 

フリーターでも社会保険に加入する事は可能ですので、なるべく社会保険に加入出来る所で、月収130万を目標に目指します。社会保険料は何気に高いので手取りが少なくなりますが、手厚い保証を受けられるメリットを考えると仕方がないです。

 

社会保険に加入していない場合

 

フリーターで、取得が少なくて社会保険に加入していない場合は、親の社会保険に入っておくと、自分で保険に加入する必要があります。特に医療保険や年金などは義務なので、これらの保険料を支払っていく必要があります。

 

国民年金に加入する事になりますが、一か月の保険料が1万5千円ぐらいと高いです。社会保険の場合は、厚生年金に加入しますが、会社が半分負担してくれるので国民年金よりも安いです。この点では社会保険に加入していないと少し負担が大きいですね。

 

また、国民年金は将来もらえる保険料は高くないです。厚生年金に加入している人の方があきらかに高いので、その点を考えるとなるべく社会保険に加入しておくべきですね。もし、社会保険に加入していなくて国民年金の負担が大きい場合は、免除制度を利用します。

 

年収によっては、免除制度が活用出来て、支払う金額が安くなります。場合によっては、全額免除さえる事もあるので年収が少ない時は免除を考える必要があります。

 

フリーターで社会保険に加入するためには、週5日で長時間働かないとなかなか年収が130間年を突破できないですが、フリーターでも高い収入を得ている人もいるので、不可能ではないです。

 

早く正社員になる事が大事

 

フリーターで社会保険に加入するのは、簡単ではないです。

そこで、早く正社員になるのが一番大事です。正社員になると、年収がアップして、多くの所で社会保険に加入出来ます。保証も充実して、安定が増すでしょう。

 

フリーターで例え、ぎりぎりで社会保険に加入出来ても、保険料分を差し引かれた時に手取りが少ないので、楽に生活するのが難しいです。この事を考えると、やはり正社員になる事が大事なの感と思います。

 

また、あえて、フリーターで社会保険に入らずに就職のための準備を進める事を優先に考える方法もあります。長時間労働すると、資格取得するにしても勉強時間が足りなくなる事があります。なかなか資格が取得出来なくて、就職するのが遅れるという事もあります。

 

どの方法を取るのかは自分次第ですが、正社員になるための準備がおろそかにならないようにします。フリーターが幸せにるためには、正社員が一番の近道です。