フリーターで生涯生活する事が出来るのか

今日は、フリーターについてお話します。

フリーターとして生活している人も多いですよね。中年ぐらいでもフリーターの人の存在します。

では、生涯フリーターとして生活でいるのかについてこれからお話します。

 

生活する事は可能

jsks /

 

フリーターとして定年まで生活できるかですが、可能です。ただ、生活水準は低くなる事が予想されます

さらに、結婚して誰かを養うというのは難しいですね。時給が高い所で週5日ぐらい働いても、月収15万ぐらいいけば良い方です。フリーターでも月収30万円ぐらい稼いでいる人もいますが、かなりの時間働いているか、時給がかなり高いという事ですね。ただ、一般的には15万あれば良い方なので、この月収を基準に考える必要があります。

 

月収15万円ですと、生活費を差し引くと10万円余らないですね。それでも一人暮らしであれば生活出来るレベルです。また、実家暮らしだと家賃が必要ないので、それなりに生活出来そうですね。しかし、生活水準は徐々に下がる事が予想されます。特に40歳以上になると体力的に厳しくなりますね。アルバイトや派遣の場合は、仕事内容は平社員と同じであり、体力が必要な仕事が多いですよね。

 

40歳で飲食店の仕事を考えてみるとホールだときついですね。キッチンだと料理の腕さえあればいけそうです。ただ、年齢を重ねるごとに出来る仕事の範囲が狭くなり、それと同時に収入も下がります。フル出勤するのが難しくなるので、ちょっと厳しいですね。

 

このように、生活は出来ますが、中年以降になると貯金がないと厳しくなるでしょう。

 

致命的な欠点

 

フリーターとして生活する上で致命的な欠点は、やはり仕事内容と収入でしょう。

 

まず、仕事内容は下っ端になるので正社員の平社員と同じですね。例えば、飲食店であれば、ホール業務かキッチン業務になります。つまり、常に動く側になります。役職になると事務作業が多くなったりして動く仕事が減る事がありますが、フリーターのままだと役職に上がる事はないので仕事内容がいつまでたっても楽にならないという事です。

役職はたしかに考える仕事が多くなり、責任担当にもなりますが、体力的には楽になるので正社員で役職に上がる事が出来れば多少楽になりますね。

 

また、収入ですがフリーターの場合は収入の上がりぐらいが弱く、さらにボーナスもないので正社員のよりも大幅に生涯年収が低いですね。つまり、貯金しにくいですし、結婚して子どもを養う事も難しいです。この2つを改善出来れば良いですが、フリーターである以上は難しいです。

 

結婚たいなら正社員を目指そう

 

稼ぐのは大変で収入が少ないとなるとストレスが溜まる

 

このように、フリーターとして稼ぐのは大変です。どれだけ頑張っても月収15万円前後がベターですよね。また、正社員よりも努力しているのに、なかなか収入も上がらないとなると精神的にストレスが溜まります

 

まあ、周りを気にすることなく働く事が出来て、そこまで欲もなく無駄遣いをしない人であればフリーターで可能です。しかし、周りを気にしてしまう、欲が多いとなればお金が必要になるし、フリーターの収入では満足できないです。

 

まあ、贅沢をしたい、結婚したいというのであれば早く正社員として働けるように準備して方が良さそうです。もしくは、フリーターだけど、他に収入源があるという感じですかね。今ではネットでも稼ぐ事が可能なので、ネットで稼ぐ事が出来るとフリーターでも贅沢な生活が可能です。

 

結局あなたの考え方次第

 

このように、フリーターでも生活は可能です。ただ、フリーターでは満足出来ない人はストレスが溜まるだけなので、正社員になる必要があります。

 

別に普通に生活する事が出来れば良い、独身でも構わないというのであればフリーター、正社員どちらでも好きな方が選べば良いと思います。

 

ただ、お金がほしい、子どもを養えるだけの経済力がほしいという人は正社員が向いているという事です。結局、あなたの考え方次第なので、どちらが自分にとって合っているのかまずは考える必要があります。

 

応援してくれると嬉しいです

↓ ↓ ↓


人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA