フリーターは人一倍努力する必要がある

フリーターが正社員に就職するためには、人一倍努力する必要があります。

 

特に正社員経験がない人は、フリーターから正社員になる事は簡単ではないという事を理解しておく必要があります。

 

ここでは、なぜ人一倍努力しなければいけないのかについてお話します。

 

非正規社員よりも正社員の方が優遇される

 

これは一般的な考え方ですが、今フリーターの人と正社員の人が同じ正社員の求人に応募した場合は、正社員の人の方が採用されやすいです。

 

やはり正社員と非正規社員だと行っている仕事の内容や責任感、スキルなどが違ってくる化のう性があります。正社員の方が仕事量が多く、さらに高いスキルが身に付きやすいです。さらに、責任能力においても、正社員で働いている方が付きやすいですね。

この事を考えると、正社員の方を採用しようかなという事になります。

 

中途採用の求人には、当然正社員として活躍している人も応募してきます。まあ、今の職場に何かしらの不安があり、新しい職場で働きたいという人もいますからね。

 

それを考えるとフリーターというのは、不利になるという事です。このままでは太刀打ちできないので、この不利をなくすための努力は必要ですね。アピール出来る部分は別に雇用形態だけではないです。

 

非正規社員の経験を活かすことが出来る仕事であれば、評価してくれますし、資格も重要なアピールです。もちろん、当日の採用試験で高評価を残すことも大事ですね。

 

正社員の経験がある方が有利

 

これも先ほどと良く似た感じですが、同じフリーターでも正社員の経験がある人と人では若干印象が違います。

 

正社員の経験があると、より社会に詳しいというように評価してくれる可能性があります。逆に正社員の経験がない場合は、まだ社会人としての経験が乏しいと評価されて不利になりますね。

 

正社員の経験がない人は、この不利を少しでもなくしていく事が必要です。つまり、より他の人よりも努力していく必要があります。まあ、正社員の経験がないというのは仕方がない事ですから、前向きに考えて、どうしたら高く評価してくれるのかというのを考えます。制謝意の経験がない人でも正社員になっている人もいるので、不利だけどあなたの努力次第ではチャンスがあります。

 

簡単ではない分時間はかかる

 

正社員の経験がないフリーターの人は、正社員になる事は簡単ではないです。

つまり時間がかかるという事です。1年ぐらい必要になる事もあります。すぐに正社員になれるというものではないです。運が良ければなれる可能性はありますが、普通は苦戦します。

 

この事を理解して、正社員を目指す必要があります。一番大事なのはメンタルですね。努力してもなかなか正社員になる事が出来ないですと、精神的に落ち込んでしまいます。ただ、これは不利な状況から目指しているので仕方がない事です。なかなか正社員になる事が出来なくても、粘り強く目指す精神力が必要ですね。

 

次節して、やっぱりフリーターのままでいいかという考えになってしまうと、その時点で正社員の道は途絶えてしまいます。それでは、将来的に負担なので、どれだけ諦めずに努力出来るかですね。同じ、フリーターの人とSNSなおでも良いので、仲良くなるのも良いですね。フリーターの人で正社員を目指している人と仲良くなる事が出来れば、モチベーションが上がりますし、諦めずに努力出来る可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA