フリーターから医療系の職業を目指す事は可能

今日は、医療系の職業についてお話します。

 

フリーターが目指すことが出来る職業の1つには、「医療」があります。医療は身近な存在なので、どのような職業があるのか皆さんも知っていると思います。

 

医療の仕事を目指す事はメリットが多くいので、1つの候補にしてほしいと思います。

 

フリーターから目指すことが出来る医療の仕事

jarmoluk

 

医療の仕事は多く存在しますが、フリーターからどの職業を目指すことが出来るかと言うと、基本的にすべて目指すことが出来ます。

 

医師、看護師、歯科衛生士など多くありますが、時間さえかければ医師になる事も可能です。しかし、あくまでなる事が出来るという事であり、現実的には難しい職業もあります。例えば、学校に進学しなければいけない場合ですね。医療の仕事には免許を必要とする物も多くあり、大学に進学したり、専門学校に進学しなければいけない職業もあります。

 

受験の準備をして、進学して卒業するまでは3年から6年ぐらい必要であり、年齢によっては難しいという事です。しかし、20代前半であれば、十分医師を目指すのも現実的ですし、30歳前後でも看護師や歯科衛生士などは十分目指すことが出来ます。

 

学校に進学する必要がある場合でも、あなたの年齢によっては就職して活躍できるという事です。ただ、出来る限り早めの判断は必要ですね。

 

フリーターから現実的に目指すことが出来るのが

看護師

歯科衛生士

マッサージ師

放射線技師

医療事務

カウンセラー

登録販売士

 

などですね。この7つは現実的に目指すことが出来ます。

目指しにくいのが医師や歯科医師、薬剤師になりますね。これらは大学を6年間通う必要があり、さらに入試の難易度も高いので、相当時間が必要になります。20代前半でぎりぎり狙えるレベルですね。もし25歳以上の人は、上の7つの職業を目指すのがお勧めです。

 

医療の仕事の需要は高い

 

なぜ、ここまで医療をお勧めするのかといえば、単純に需要が高いからです。

 

医療というのは、私たちの健康に欠かすことが出来ないものです。つまり、需要が低くなるという事は考えにくいですね。これは、食、衣類など日常的に必要なものと同じぐらいに医療も重要という事です。

 

逆に医療は進歩していて、今後さらに需要が高くなる可能性もあります。つまり、医療業界で働くというのは将来性があるという事です。定年まで働ける可能性が高いですね。さらに、転職も行いやすく、仕事の面では安泰という事です

多くの部分は、自分が長く働けるのかとういのは未知数ですね。特に需要が出たり、下がったりする分野はいつ活躍できなくなるのか分からないです。

 

医療系は、その面で安心する事ができるので、なるべく安定して働いたいという人は医療分野を目指すのがお勧めです。

 

医療は貢献する事が出来る

 

医療は人助けです。怪我や病気の人を治療するのが主な目的なので、多くの人に貢献する事が出来ます。つまり、人から好かれやすい職業であり、自信を持って自分の職業を自慢する事が出来ます。

 

人から感謝される事が多くなるので、嬉しくなりますし、モチベーション高く仕事が出来ます。人に貢献する事が出来て、さらにお礼を言われる事も多いという事は大きなメリットと言えます。

 

仕事自体は決して簡単ではなくて、楽でもないです。忙しい事も多いので大変なこともあると思います。ただ、その分、多くの人に貢献して、自分の価値観を高める事が出来るので、素晴らしい職業です。

 

メリットのまとめ

 

さて、最後に医療の仕事のメリットは簡単にお話します。

 

安定している

転職しやすい

人から好印象

感謝される

定年まで働ける可能性が高い

待遇もまずまず良い

自分の価値を高める事が出来る

自身を持って自分の職業を言う事が出来る

やりがいがある

まあ、簡単にまとめてもこのように多く存在します。

 

どうでしたか?

 

今、フリーターの人でどの職業で活躍すれば、良いのか迷っている人は一度、メリットが多い医療の分野を考えてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA