評価が高くなる資格だけ取得する

前回は、フリーターにとって資格が大事になるという事をお話しました。

 

さて、今回も資格についてお話していきますが、やみくもに資格を取得するのではなくて、評価が高く資格だけ取得するというのが望ましいです。

いくら、資格を取得しても、採用試験で評価が高くならない資格はあまり意味がないです。

 

評価が高くなる資格とは?

jsks

 

さて、気になるのが評価が高くなる資格ですが、職業によって違います。

 

しかし、どの職業でも取得しておいてプラスになる物があります。

例えばビジネスマナーやパソコン、車の免許などですね。これらは多くの分野で高い評価をもらう事が出来ます。特にビジネスマナーは、社会人としてのマナーが証明されるものですから、取得しておいて損はないでしょう。

ビジネスマナーは資格というよりも検定になりますが、なるべく上位級を目指します。2級以上取得するのが望ましいです。

 

また、最近はパソコンを使っての仕事が増えてます。外回りの人も営業から帰って、パソコンで資料をまとめるというのもあります。土木関係になるとパソコンを操作する頻度は少なくなりますが、事務作業を少しだけ行う事も増えているので、パソコンの知識と技術を身に付けた方が良いでしょう。

 

パソコンの資格で注目されているものは、オフィスソフトのスキルを証明できるものですね。オフィスソフトはワードやエクセルなどありますが、エクセルを使う事も多くなっています。特に内勤の人はオフィスソフトのスキルを証明する必要があるでしょう。

 

さらに、車の免許も地味に大事になります。特に営業や送迎などは当然車の免許は必要です。車の免許があると、仕事の広がるので、まだ取得していない人は取得しておきましょう。

 

難易度が高い資格

 

さて、評価が高くなる資格には、難易度が高いというのが非常に重要です。

 

難易度が高いという事は、取得していない人も多いので、取得しておくだけで評価が上がります。もちろん、あなたが目指す分野に関係がある資格というのも大事なので、あなたが目指す職業に関係がない難易度が高い資格を取得しても、あまり意味がないでしょう。

 

難易度が高い資格には、国家資格があります。国家資格はどれも難易度が高く、取得するのは難しいですが、それだけ高いスキルを身に付いている事を証明出来ます。また、国家資格の中には特定の業務が出来るものもあります。

例えば薬剤師として働く場合は、薬剤師の資格が必要ですね。民間資格にも難易度が高いものあります。

 

例えば、日商簿記検定の1級はかなり難易度が高いですね。日商簿記検定1級は、税理士の資格を目指す人にとっても意味があるものです。1級を取得している人は、あまりいないので、経理関係を目指す人にとっては大きなアドバンテージになるでしょう。

 

知名度が高い資格

 

資格を取得する時に意識してほしいのが、知名度の高さです。

 

いくら難しい資格でも、知名度がなければあまり評価されないです。知名度がない資格を面接官が見ても、「何の資格?」みたいな感じになり、評価はされにくいです。

 

そこで、知名度の高さを意識して、取得する資格を探します。日商簿記検定は知名度も高く、2級以上は難易度も高いので、価値がある資格でしょう。後は、国家資格全般も同じ事が言えます。

民間資格は多いので、知名度が高く、難易度が高いものも複数存在する可能性があるので、資格の専門書を購入して、情報を集めます。

 

1つだけでは物足りない

 

資格を取得する場合ですが、1つだけでは物足りないです。

例えば日商簿記検定1級を取得しているだけでは、採用試験では物足りないという事です。複数の評価が高くなる資格を取得します。

 

日商簿記検定1級とビジネスマナー検定1級という感じですね。複数あれば、あなたのスキルを多く証明する事が出来ますし、他の人と差を開ける事が出来ます。資格が武器になるという事は多くの方が知っています。

 

その中で、どうすれば自分が他の人よりも資格の部分で高い評価をもらう事が必要になるのかを考えて、目指す資格を選びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA