フリーターの期間が長くなるほど就職が難しくなる

フリーターとして一番問題になるのが、就職に影響してくるという事です。

 

フリーターの期間が長ければ長いほど、正社員として就職するのが難しくなるという事です。なぜ、このような状況になってしまうのかについて今日はお話します。

 

今は、高齢フリーターが少し問題になっていますね。20代後半から30代のフリーターの数が増えており、少し深刻化しています。

 

企業は新卒を重視している傾向がある

geralt

 

フリーターの期間が長いほど、就職が厳しくなってきますが、その背景には企業は新卒を重視しているという点があります。

 

新卒をなぜ重視するのかというと、まずは学校でしっかりと勉強している状態なので知識量が高いという事ですね。仕事をする上では、知識が豊富な方が有利なので企業も学校で習った事を活かしてほしいという狙いがあります。

また、新卒はまだ若く、将来性が高いという事です。20代前半だと数年仕事を経験してもまだ20代後半になります。専門学校や大学を卒業したばかりですと、まだ20代前半の事が多く、20代でしっかりと企業に貢献できるだけのスキルを身に付けられる時間があります。

 

しかし、フリーターとして長年正社員として勤務していない場合は、それだけ正社員として活躍出来る期間が短くなってきますし、スキルをしっかりとものにする時には30歳を超えている状態になる事が多いです。企業も出来る限り30歳になるころには幹部クラスとして活躍してもらいたい狙いがあるので、その可能性が高い新卒を雇う事が多くなります。

多くの企業で新卒では多人数を雇う事が多いですよね。それだけ期待の表れです。

 

責任能力があるのか不安

 

フリーターの期間が長くなるほど正社員になりにくい理由としては、責任能力があります。アルバイトとして働いている場合と正社員と働いている場合とでは責任能力に差が出ます。

苦情処理などは主に正社員が担当する事になり、その危機感から少しでも苦情が出ないように仕事に専念する事が多くなります。

逆にアルバイトの場合は、苦情処理をする機会は少ないです。お客さんから怒られる事はあるかもしれないですが、お客さんを説得する時には正社員を呼ぶ事が多いので、苦情処理の仕方を身に付けていない可能性があります。

苦情処理をしっかりと行うというのは、正社員として働く上で大事になるのでその点で企業側も少し不安なのかもしれないです。

 

スキルが身に付いているのか不安

 

アルバイトと正社員の仕事内容は多くの企業で違います。

 

当然、正社員の方が仕事量が多くなっています。つまり、フリーターとして長く勤務している場合は、正社員として長く勤務している場合と比べると一般的にはスキルに差が出てしまいます。もちろん、フリーターとして正社員並みに働いてスキルを高めている人もいますが、基本的には正社員よりもスキルを向上しにくい状況です。

 

この点を企業側も少し懸念しているのかもしれないです。企業として中途採用をする場合は、即戦力となれる人材を求めている人が多いです。つまり、正社員の勤務経歴が長い人や最近まで正社員として活躍してきた人を積極的に採用するというのは自然な流れです。

 

正社員になりたいというのであれば、フリーターの期間が長くなる前に就職活動を成功させる事が1つのポイントですね。

 

フリーター生活に満足しない

jsks

 

さて、フリーターの期間が長くなれば正社員になれる可能性が低くなりますが、この状態にならないためにも、フリーター生活に満足しない事が大事です。

 

非正規社員で働くと、プライベートと両立しやすいです。残業も少なく、休日も取りやすいです。さらに、仕事内容も限定されているので、正社員よりも働き易いという事も多いです。この状況に満足して生活していると、正社員になりたいという気持ちが薄くなって、結果的に20代後半でもフリーターの状態になる可能性があります。

 

たしかにフリーターの方が時間の都合は付き易いですが、待遇や将来性などを考えるともちろん正社員の方がメリットがあります。フリーターの生活が充実していても、満足せずに早く正社員にスキルアップする事を考える事が必要です。

 

危機感を持とう

 

フリーターの人は、危機感を持つ事が大事です。

 

このままの状態ですと将来性が不安定になったり、正社員になる可能性が低くなるという事を感じて、早く正社員として活躍出来るように努力します

 

危機感を持つ事によって、正社員になるためにどうすれば良いのか考えるようになり、真剣に今の状況と向き合う事が出来ます。フリーターから正社員になる事は簡単ではないので、どれだけ危機感を持って、一生懸命行動出来るかがポイントです。

 

今日はちょっとフリーターの期間が長くなるデメリットとそのための対策についてお話しました。フリーターのなってしまった事はもう仕方がないので、ここから人生のスキルアップするために、前を向いて歩んでいく事が必要です。

30歳になってもフリーターからの正社員は可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA