フリーターとはそもそも何?

雇用形態の1つの問題としてフリーターがありますね。

 

フリーターの人口自体は、2017年で152万人となっています。これが多いか少ないかはちょっと分からないですが、少なくはないですよね。以前よりは減ってきていますが、それでも20歳~34歳までのフリーターの数はそれなりに多いです。

今日は、フリーターについての基礎についてお話します。

 

フリーターとは?

 

そもそも、フリーターで誰の事を指すのかについてお話します。

 

一般的にはアルバイトなどの非正規社員で生計を立てている人の事を指します。派遣社員や契約社員などもフリーターに当てはまる場合があります。つまり正社員以外で働いている人の事を言いますね。

 

自営業や学生などは当然省かれます

 

私もいろいろなお店に行きますけど、アルバイトで生計を立てている人は意外に多いですね。実際、私もフリーターでしたからそこまでフリーターという言葉には敏感ではないです。

フリーターにもさまざまで、1つの職場で長時間労働して稼いでいる人もいれば、複数のアルバイトをして稼いでいる人もいます。基本的には時給が高く、長時間働くというのがスタンスのようです。

そう見ると決して楽ではないですが、正社員よりも重圧は低く、気楽に働けるというのが1つの醍醐味ですね。

 

フリーターにメリットやデメリットなも複数あり、その点についておいおい話をする事になります。

 

フリーターのメリット

 

好きでフリーターしている人もいればそうでない人もいる

 

さて、なぜ正社員ではなくてフリーターとして働いているのかですが、これは好きでフリーターしている人もいれば、そうでない人もいます。

 

好きでフリーターちしている人は

プライベートを充実させたい

仕事で責任の重圧を感じたくない

自分が休める日に休みたい

 

などさまざまですね。フリーターにもメリットがあるので、そのメリットが良いと感じてフリーターしている人も多くいます。

 

好きでフリーターしていない人

学校を中退してフリーターになってしまった

就職出来なかった

目指すものがあり励んだけど、結局夢を叶えられていない

フリーターをしながら夢を叶えている最中

就職活動しているけど、就職できない

などさまざまです。好きでフリーターしていない人の方が多いと思います。皆さん、それだけ苦しんでいるというわけです。私も好きでフリーターしていたわけではないです。ちょっと目指すものがあったのでそのためにフリーターしていただけです。

 

皆さんいろいろ事情がありながらフリーターしているわけですね。

 

フリーターから正社員へ

 

さて、フリーターで満足している人は別に何もいう事はないですが、もし正社員などさらに自分の立ち位置を向上させたいのであれば、諦めずに正社員を目指す事は必須です。

なかなか就職出来ないという場合もあります。しかし、正社員になるためには努力が必要であり、諦めずに目指すことによって、晴れて正社員になる事が可能です。

正社員のメリット

 

 

また、将来を考えると、やはり自分がモチベーション高く行える仕事に就く事が必要です。正社員であれば、なろうと思えばそう難しくはないです。もちろん、職業を問わずに考えた場合です。しかし、自分がやりたくない仕事をしてもおもしろくないですし、長く続けられるか不安ですね。自分がやりたい仕事の、正社員になるのは簡単ではない事を覚えておきます。

 

 

ただ、心配はいりません。このブログを読めば正社員になれる可能性は近くなります。出来る限りさまざまな職業についての正社員のへの道そして、正社員になるための基本についてお話します。私も、このブログに相当力を入れていきます。せっかく有料でブログを開設したので、多くのフリーターの人に役に立ちたいとう気持ちが強いです。やはり人生においては、人の役に立つ事を積極的に行う事も大事ですからね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA