飲食店のホールスタッフの仕事内容と目指し方

今日は、飲食店のホールスタッフの正社員の仕事内容と目指し方についてお話します。

フリーターから正社員になる事を考えた場合は、未経験者でも参入出来る飲食店は穴場と言って良いでしょう。ホールスタッフの場合は、難しい仕事も少ないですし、仕事内容も想像出来るので慣れやすいというプラス面もありますね。

 

気になる仕事内容

 

さて、正社員のホールスタッフの気になる仕事ないですが、

 

料理を運ぶ

注文を聞く

ご案内

会計処理

営業準備、片付け

 

などが主にあります。正社員と言いますが、仕事内容はけっこうアルバイトと被ります。例えば料理を運ぶ、注文を聞く、会計処理、ご案内というのはアルバイトでも行います。ただ、会計処理の場合は、正社員だけが行うというお店もあります。

 

また、正社員の場合は、朝早く来て開店準備をしたり、夜遅くまでお店に居て閉店準備をすることも多いです。ただ、お店によってローテーション制を採用している所もあります。

例えば朝11時から夜8時 昼2時から夜2時までのように従業員の負担を考えて、朝番や遅番のようにローテーションで回す所も多いです。正社員が多く在籍している場合は、このようにローテーションしやすく、体の負担が軽くなりますね。

もし、正社員の数が少ない場合は、開店から閉店まで働く事もあり、お店選びが重要ですね。少しでも負担を軽減するためには、勤務時間に注目しなければいけないです。

ホールの正社員は昇進することもあり、ホール主任や店長といったように役職に付ける可能性もあります。店長になると、従業員の指導やシフト管理、お店の売上管理など仕事が多くなります。その分、待遇が良くなりまとまった給料を確保出来ることになりますね。

店長からエリアマネージャーそして、本部出勤などさらに上へ目指す事も可能であり、ここまでくるとかなりの高待遇になります。大手チェーン店程、階級制度が複雑になっている事があり、目標が立てやすいですね。

小規模のお店の場合は、ずっと平社員という事もあり、平社員の次が店長のように階級も少ない傾向があります。上を目指したいのであれば、やはり大手チェーン店を目指すのが理想ですね。ただ、大手チェーン店の場合は、転勤もそれなりに多くなります。特に全国チェーンの場合は、県外の転勤もある事が多く、転勤についても考える必要があります。

転勤が嫌な人は、なるべく県内だけに展開しているチェーン店を選びます。例え転勤があっても、すべて県内なので楽です。

 

このように、ざっくり飲食店のホール正社員の仕事についてお話しました。アルバイトでホール店員として働いた事がある人は、正社員になっても今までのように仕事をしていけば良いです。

 

飲食店の待遇

 

次は、簡単に飲食店の待遇についてお話します。

これは、規模によって大きな差があります。

まず、大手チェーン店は、待遇が良い事が多いです。ボーナスもあったり、有給休暇や特別手当、週休2日制など待遇面で優れていますね。大手チェーン店は、売上が大きいのでその分従業員にも還元出来るという事です。

 

待遇だけを目指すのであれば、大手チェーン店がお勧めです。

 

次に中小規模のお店は、大手よりも待遇面で劣りますが、それでも正社員でも月収20万円近くはある所が多いです。実績を上げていけば、昇進や昇給して30万円近くもらえる可能性もあり、お店によっては高待遇も狙えます。

最後の小規模のお店ですが、売上が少ないので従業員の給料も高いとは言えないです。ただ、お客さんの数が少ないので、忙しい時間帯は短いです。さらに、店舗数も少なく転勤も楽です。

大まかにお話しましたけど、実際はお店によって待遇を大きく違います。飲食店のホールスタッフで長く勤務したい場合は、待遇や勤務時間などをしっかりと見て、すべてにおいて満足出来るお店を選択します。

また、経営が安定しているという点も重要なので、正社員の求人選びを慎重に行います。

 

飲食店のホールの正社員の目指し方

 

では、飲食店の正社員をどのように目指していけば良いかですが、

一番お勧めなのが、アルバイトから正社員昇進する事です。なぜかというと

お店の状況を確認して正社員を目指す事が出来る

スムーズに仕事が出来る

この2点ですね。

 

いきなり正社員だと、もしあなたが働きにくいお店を選んでしまった場合は、やっぱり他のお店にすれば良かったと思います。それではせっかく正社員として入社したのにがっかりしますよね。正社員はなたのこれからの人生を大きく左右するので、自分が満足出来る所で働く働く必要があります。

 

そこで、まずはアルバイトとして勤務して、待遇面や働きやすさなどを確認した上で、長く働ける場合は正社員を目指します。

 

また、アルバイトで飲食店のホールスタッフを経験すると、仕事の流れを理解出来ます。正社員になっても戸惑うことなく仕事が出来るので、気分的に楽ですね。

 

このように、いきなり正社員の求人に応募するのではなくて、アルバイトから正社員という目指し方がお勧めです。

もちろん、いきなり正社員を目指す事も可能です。その場合は、お店をリサーチして、待遇や経営などを調べてから求人に応募するのが理想です。

 

まとめ

飲食手のホールスタッフは接客がメイン

待遇は大手チェーン店の方が高め

アルバイトから正社員を目指す

介護を目指す時に注目したい5つの資格

今日は介護職についてお話します。

介護職は、未経験者、無資格でも目指す事は可能です。ただ、資格は持っていた方が採用の可能性を高める事が出来て、介護職の仕事の詳細についても理解出来るので取得しておいた方が良いでしょう。

 

今日は、5つの介護の資格を紹介します。この5つの資格を取得すればほぼ介護の仕事をマスター出来ますし、就職や転職時に有利になります。もちろん、1つだけ取得するのでもOKです。自分に合っている資格を取得して、介護で活躍しましょう。

 

初心者にお勧めな介護職員初任者研修

 

まず、初心者にお勧めなのが介護職員初任者研修です。

これは、元々はヘルパー2級と言われていたものです。つまり、ヘルパー2級と同じ価値があります。以前は、介護職はヘルパー2級をまずは目指そうと言う風習がありましたけど、今は介護職員初任者研修をまずは目指すのがお勧めです。

では、介護所員初任者研修を取得するとどのように評価されるのかというと

介護の基礎知識とスキルを身に付けている

 

と評価されます。知名度が高い資格なので、この資格を取得しているだけで採用されやすいです。また、施設によっては、資格手当てが付く事もあり、注目してほしい資格ですね。

 

取得するためには、専門のスクールに通い、修了試験に合格する必要があります。数か月ぐらいで取得出来るので、フリーターの人にっては手軽に取得出来ます。通学スクールに通う必要があるので、働いている人は時間を調整する必要があります。アルバイトだと時間を調整しやすいですね。もちろん、スクールは朝か昼の時間帯が多いので、夜しっかり働く事も出来ます。

 

介護福祉士実務者研修

 

これも注目されている資格です。

介護職員初任者研修の上位版ですね。取得するのは介護職員初任者研修よりも難易度が高いので、取得は簡単ではないです。しかし、サービス提供責任者として働く事が出来ますし、それ以外の実戦的なスキルが身につきます。

介護施設で働きながら介護福祉士を目指す時には、実務者研修の修了が条件になっています。つまり、将来、ステップアップしたいのであればぜひ取得しておきたい資格です。

 

まずは、介護職員初任者研修を取得して、介護職で働きながら介護福祉士実務者研修を習得していくのがお勧めです。

 

介護福祉士

 

介護の代表的な資格といえばこの介護福祉士です。

 

介護の資格の中では唯一の国家資格であり、当然評価も高いです。目指す方法ですが

介護の専門学校を卒業する

働きながら介護施設での実務経験3年以上と実務者研修を修了してさらに介護の国家資格の試験に合格する

 

という2つのルートがあります。

学校に進学する時には、約3年間学ぶ事になり、学費なども必要になるので時間とお金が必須です。働きながらですと、努力すれば約3年で取得出来るので学校に進学する時と大差ないです。しかし、学校に進学した方が基礎から先生が教えてくれるので、スムーズに介護従事者と働ける可能性が高いです。

 

どちらを選べば良いかですが、自分に合った方を選びます。基礎から学びたいという人は学校を選び、早く介護職員として活躍したい人は働きながら目指します。

 

ケアマネージャー

 

こちらも代表的な介護の資格です。

介護保険制度に基づいて介護が必要な人のケアプランを考えていきます。介護のプランを考えるという事で、大事な役目を背負います。

 

介護事務

 

介護事務は介護保険に関する知識とパソコンスキルを学ぶ事が出来ます。

介護施設の事務員として働く事が出来ますし、介護の仕事をしながら事務も出来るとなると採用の時に有利になれて、介護施設に貢献することが出来ます。

 

介護の資格はどれを習得すれば良いのか?

 

以上のように代表的な5つの資格を紹介しました。

では、どの資格を取得すれば良いかですが、出来ればすべて取得出来るように計画を立てていきます。しかし、介護福祉士のように条件付きのものもあり、働く前にすべての資格を取得するのは簡単ではないです。

 

そこで、フリーターから介護職を目指す場合は、まずは介護職員初任者研修を取得します。この資格を取得するだけで、介護のアルバイトや正社員として働きやすくなります。つまり、資格を取得したら次は介護の求人に応募します。

介護職員として仕事に慣れてきたら、介護福祉士実務者研修を目指します。そして、介護職員歴が3年になったら介護福祉士を目指すのがお勧めのルートです。

余裕があれば、ケアマネージャーや介護事務の資格を取得していきます。

 

何より、介護職員初任者研修が一番大事になるので、まずはスクール選びをして早めに通うようにします。この資格さえ取得出来ればいつでも就職活動出来ますし、介護職で働けるという現実味が湧いてきます。逆にこの資格を取得できなければ、介護職の道がなかなか開かないので、注意が必要です。

 

無資格で介護職員は難しいのか?

 

では、無資格で介護職員は難しいのか?ですが、実際の所難しいです。

無資格でも働ける可能性がありますが、介護の求人に応募する人は経験者か資格取得者がおおいのが現状です。つまり、経験がない、資格がないとなると採用されにくいです。

特に正社員の場合は、ある程度戦力になってくれる人を希望しているので、無資格では厳しいです。資格を取得するのは手間がかかりますが、介護職員を本格的に目指すのであれば介護職員初任者研修は取得するべきです。

介護職員は人手不足だから大丈夫という人もいますが、技術職なのでそう簡単ではないという事を理解しておきます。

 

まとめ

介護の5つの資格を取得する

介護職員初任者研修は必ず取得する

無資格では厳しい

秘書検定の難易度は?勉強する前に知っておこう

事務職や秘書を目指す時にぜひ取得してほしいのが秘書検定です。

 

では、これから秘書検定を取得しようと考えている時に知っておきたいのが秘書検定の難易度ですね。いざ勉強したけど、思った以上に難しくて独学ではきついとなってしまわないようにまずは難易度を把握して、それに合った勉強方法をしていきます。

 

秘書検定の難易度

まず、秘書検定は実務技能検定協会が実施している資格です。ビジネス検定などを主にやっていて、けっこう大きな会社ですね。

 

難易度を見る時に大事になるのが合格率になります。

1級の合格率     23%

準1級の合格率   40%

2級の合格率     54%

3級の合格率     55%

となっています。これは第115回の試験の結果ですね。これを見ると分かるように決して合格率は低くはないです。難易度が高いとされる1級でも合格率が23%と他の資格と比べると高めですね。

 

また、2級と3級の合格率が同じぐらいと、ちょっと珍しいですね。もちろん2級の方が試験の難易度は高いですが、おそらく受験する層の違いかもしれないです。

 

ちなみに受験者数は一番2級が多くなっており、1級が一番少ないですね。まあ、難易度が高いのでその影響はあると思います。受験層ですが、秘書検定なので社会人や秘書の人が受験しているのかと思えますが、実際には80%ぐらいは学生です。つまり、社会人に向けてのビジネスマナーの勉強の意味合いが強くなっていますね。

 

気になる秘書の人が受験する割合ですが、約1%とかなり少ないです。もしかしたら秘書になる前に取得していたのかもしれないですね。

 

このように、難易度的には悲観する事はないです。特に2級と3級は約半数が合格出来るので、しっかりと対策をして勉強すれば合格しやすいという事ですね。準1級は面接試験がありますが、それでも40%なので、面接の難易度はそこまで高くないという事でしょう。

 

ただ、いきなり準1級や1級というのはお勧め出来ないです。特に1級は筆記試験の難易度も高く、面接の難易度も高いです。合格率は2割ですが、1級クラスの受験者はビジネスマナーもしっかりと理解していると思いますし、勉強にもかなり励んでいると思うのでこの2割の合格者は多いかといえばそうではないですね。しっかりと勉強しても不合格になっている人も多いので、1級だけは難易度が別格だと認識する必要があります。

 

最初に目指すのは2級ですね。3級はあまり取得しても仕方がないというか、就職の時にもあまり有利とは言えないです。つまり、価値があるのは2級からです。

 

2級の難易度は高いのか?

 

実際に私は2級を1回目で合格しています。約数か月ぐらい勉強しましたね。参考書と問題集を購入して、試験範囲をしっかりとカバーする事が出来ました。受験前には、過去問でも高得点を取る事が出来ていたので、受かる自信はありましたね。

 

ただ、2級の内容を実際に勉強すると、今まで知らなかった事が多かったです。ビジネスマナーは自分がしっかりと理解していると思っていてもあまり理解していないものです。つまり、勉強せずに2級を受けてもおそらく不合格になるでしょう。

 

敬語においても、丁寧語、尊敬語、謙譲語それぞれの用途を理解する必要がありますし、接待の仕方、電話応対など細かい部分まで試験範囲です。後は祝い事や式に関するテーマも出題されます。

2級は書店で参考書が販売しており、問題集過去問もありますね。もしなかった場合は、ネット注文しましょう。2級は、数ヶ月間参考書と問題集をしっかりと理解すれば合格出来ます。ただ、甘く見ていると合格できないので、数カ月はしっかりと勉強しましょう。私は簿記検定も取得していますが、簿記検定3級より秘書検定2級の方が簡単だったです。日商簿記検定を取得した事がある人はちょっとした指標にしてくださいね。

秘書検定2級は難しくはないですが、しっかり対策しなければ不合格になりますよねっていう感じですね。

 

独学で大丈夫か

 

さて、秘書検定を目指す時に独学でも大丈夫かという事ですが、大丈夫です。

 

ただ、1級の場合は、もし秘書検定1級の通信講座やちょっとしたスクールなどがあればそちらを活用する方が良いです。やはり、独学ですと面接試験の勉強をするのは簡単ではないですからね。

 

ただ、2級は通信講座を活用しなくても大丈夫です。ただ、1回目で確実に合格したいのであれば、通信講座を活用する方が良いのかなと思います。後は、今までビジネスマナーの勉強をしたことがなかったり、参考書を読んだけど独学だと自信がない人は通信講座を活用します。

 

学生の方も多く合格しているので、そこまで不安になる事はないです。学生の場合は、別に秘書検定だけの勉強をしているわけではないです。他の勉強もしていますし、プライベートでは友達と遊んだりもしますので、合間合間で秘書検定の勉強をしている人が多いと思います。それでも、半数は合格しているので、毎日1時間ぐらい勉強すれば合格ラインに達する事を理解しておきましょう。

 

ただ、準1級の場合は、筆記試験も2級より難しく、面接試験もあるので、本腰で勉強した方が良いでしょう。1級はまずは準1級を合格してから考えます。

 

このように、秘書検定の難易度についてお話しました。

高校生や大学でお勧めなのは2級と準1級

社会人は1級がお勧めです。

 

まとめ

秘書検定2級は半数が合格している

独学でも可能

1級は難易度が高い